naddism 登録・解除

ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
naddist カレンダー
2005年 4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
naddist 月別過去ログ
naddist カテゴリ一覧
最新の灘イベント情報
予定なし


2005年4月22日(金曜日)

[naddist 050422-204]岩屋・カレーのダンナ様【一杯いっとく?08】

カテゴリー: - nada @ 19時48分53秒
...n  a  d  d  i  s  t
...050422-204
...
...naddism Edit.

■CONTENTS======================================================

・一杯、いっとく?08      ▼岩屋・カレーのダンナ様 ・なだっちゅーの!168      ▼水道筋の屋台のすし屋      ▼灘生物情報      ▼灘職人情報      ▼うたごえ情報      ▼はじめまして!

================================================================

さて本日お送りするのは灘に数ある飲食店のとある「一杯」のメニュー から灘の町をあぶりだすnaddistグルメシリーズ「一杯、いっとく?」 の第8話、もちろんカレーネタです。 今日もアノ店のアノ一杯をご紹介いたします。 休日にでもいっといてください。

==============================================一杯、いっとく?08

■岩屋・カレーのダンナ様

                         TEXT:naddist

「naddistさん、湾岸を斬ってくださいよ」 「はぁ…」

確かに灘の湾岸が熱い。 ルート43。 かつて「第二阪神国道」と呼ばれた道沿いは不景気とは裏腹のプチバブ ルな状況。 HAT神戸には大規模なショッピングモール。 「お酒は灘のフクムスメ〜」というサンテレビのスポットCMでお馴染み の福久娘もいよいよ灘・新在家から撤退し、その巨大な敷地跡にはホー ムセンターコーナンが出店する。 レンガ造の工場を商業施設としてリニューアルした六甲パインモール。 当時、六甲のヌーベル六甲と並び、最先端の「お洒落スポット」だった 跡地には大型電器店が入るらしい。 灘一海に近いウェディングスペース「アクアデ摩耶」も閉鎖。 後を追うようにパスタハウス「ボルカノ」も閉店。 跡地には何ができるかは定かでない。 一方摩耶埠頭近くにはコンビニ、ファミレス、ファーストフードの店が。 あの摩耶埠頭にファミレスである。 10年前には考えられなかった状況。 灘の記憶がすっかり洗い落とされ、灘ウンチクも見事に弾き返す、 ツルツルピカピカの新建材施設群。 斬れって言われてもねぇ、なかなか難しいのですよ。

そんな中「斬ってくれ」といわんばかりのツルツルピカピカビルが岩屋 湾岸に完成しました。 その名も「BBプラザ」

だいたいBBってなんやねん?!なんかの略か? そう思われたそこのあなた、鋭い。 ブリジッドバルドーをBBと呼ぶのと同じなのです。 なんの略かって? いいですか。 怒らないでくださいね。

BBはね…「ブンブン」の略です…。

「なめとんのかい!」 とモニターにこぶしを振り上げたそこのアナタ。 だから怒らないでくださいって。 ブンブンとは灘に実在する人物の愛称で、彼が建てたから ブンブンプラザ=BBプラザ なのです。 「誰やっ!そんなふざけた名前のやつはっ!(ゼェゼェ)」 まあまあ冷静に。 かつて中村美津子が紅白で歌った「S田のブンブン」という名(迷)曲。 「今日は新地か三ノ宮〜 誰が言ったかS田のブンブン ずいぶんいい  気分〜」(注1) そう、自分の歌を作らせ、あろうことに紅白歌合戦で披露してしまった 灘区が誇るラストエンペラー、ブンブンことS田B6氏なのです。 「時計の針が クルリとまわりゃ 遊びごごろが 疼きだす」と歌われ たBB氏のエンペラー振りはもはや伝説化しています。 「祇園に馬で行く事件」(注2) 「○○○○○○を○○○で○○○事件」 あまり書くと私自身抹殺される可能性がありますので、この辺にしてお きますが、その豪快な遊びっぷりは現在灘で失われつつある「ダンナ魂」 の継承者でもあります。

彼の遊びのルーツは「岩屋」という街にあったと思われます。 岩屋には有名な花隈と同様の花柳界があり「岩屋検番」がありました。(注3) 敏馬神社の横の縦筋は「花街大通り」と呼ばれ、多くの店が並び 「昼間から三味線が流れてナ、勉強でけへんかった」 ほどのダンナ衆が闊歩する華やかな街。「B5屋」という自分の名前を つけた店まであった父B5氏の魂を受け継いだBB氏はこの街のダンナエキ スを浴びすくすくと育ちます。 しかし街は戦争で破壊され、重工業地帯として生まれ変わった岩屋には もう三味線の音が流れる事はありませんでした。国道にはトラックがあ ふれ、「灘の百煙突」といわれた煙突からの煙。煙。煙。 「果たして岩屋はこれでいいのか?」 やがて「古き良き岩屋」の記憶を胸いっぱい吸い込んで育った彼は、 重工業の街、岩屋になんと高級フランス料理店を開店させます。 内装設計は先日亡くなった日本を代表する建築家、丹下健三氏。 神戸に縁があり、もう一人の「違いが分かる」品のいいスター建築家 清家清(注4)でなく、タンゲ。 あの「世界のタンゲ」に内装を依頼するダンナ振り。

やがて2度目の破壊が訪れます。 阪神淡路大震災。 ビルは取り壊されてもBB氏のダンナ魂は健在でした。 そして平成16年「神戸岩屋、大人の上質街区」としてツルツルピカピ カ「BBプラザ」が完成します。 もちろん高級フレンチ「オーベックファン」も見事復活です。 しかもそれだけでは終わらないのがBB。 かつての花街、花隈をルーツに持つ高級日本料理「神戸吉兆」をテナン トに迎えます。岩屋に吉兆。どうよ? でも岩屋のDNA「花街」というキーワードをそっと添えるあたり、 さすがです。 あと何故か「バラ専門店」。バラ専門ですぜ。花言葉は情熱的な恋。 花街チックです。 プラザ内のデザインにもこだわりがあります。 京都の祇園などの街角でよく目にする「犬矢来」。 本来建物の外壁を泥等の汚れから守るための美しい建築部材です。 それを、あーた、ビルの中に再現しているのです。 灘、東灘の山の手お屋敷街の原風景でもある御影石積。 マンション建設のため、どんどん消失しつつある灘山手の風景です。 それを、あーた、ビルの中に再現しているのです。 まさにラーメン博物館ならぬ、ダンナのテーマパーク、ダンナ博物館 (ダン博)といっても過言ではありません。

「でも吉兆やオーベックファンやバラは岩屋のダンナDNAだっていう  のはわかるけどォ〜…気軽にっていうわけにはいかないのよネ〜」 と思われたそこのアナタ。 ご安心下さい。 手軽な岩屋のDNAがあります。 その名もブンブンカレー。650円也。

すいません。前置きがすっかり長くなってしまいました。 「一杯の味を紹介するためになんでここまで字数を使うんだよっ!」 すいません。ごもっともです。 しかし、ここまで書かなければあのカレーの深みを表現する事はでき ないのですよ。

いよいよ本題です。

美味しんぼとしての顔も持つBB氏プロデュースの採算度外視ダンナ系 カレーとして、旧島文ビルのカレーハウス「サンテ」で供されていた 幻のカレー。下手したらハウス食品あたりが「カレーのダンナ様」と して商品化しそうなカレー。それがブンブンカレーでした。 震災でもう食べられなくなるかと思われたあのカレーが、この度のBB プラザ新装オープンに合わせ復活されたのです。 3階にある「アランカスケビッチのケーキ」が食べられる御影マダミッ クなカフェスペース「アッシュドカフェ」。 ここの何の変哲もない「ビーフカレー」というメニュー。 単なるカフェのランチメニューに見えるこのカレー。 注文した時、そっと店員さんに聞いてみてください。 「これって…あの…ブンブンカレー…ですよね…?」 「…よくご存じですね…少しマイルドになりましたがブンブンカレー  の流れを汲んでいます」 微笑みとともに、きっとこんな答えが返ってくるはずです。

岩屋の白砂青松の砂浜を表現した真っ白なご飯。 そこに打ち寄せる静かな波が、煮込まれたルーで表現されています。 一口食べてみます。 岩屋で繰り広げられた幾多の恋物語を表現したかのような、爽やかであ りつつ個性的な酸味と甘さが口一杯に広がります。 そしてさざなみのようにくり返し寄せる刺激的な辛味。 福神漬のビビットな赤は岩屋検番の芸者達の紅の色。 あの当時を知らない人でも、きっと頭の中に三味の音色が響くはず。 いや、むしろ当時を知らない人や灘区ビギナーの皆さんにこそ食べて いただきたい灘の味。

復活したネオブンブンカレー。 正に「舌で味わう岩屋のチントンシャンDNA」なのです。

                          (おしまい)

BBプラザ「アッシュドカフェ」 阪神岩屋駅南へ徒歩3分 http://www.bbplaza.com/

+++++++++++++++++++++さらにnaddisticな注++++++++++++++++++++++++

注1 S田のブンブン 平成5年 第44回紅白歌合戦 作詞:田口洋 作曲:山田一平 唄:中村美津子

注2 祇園に馬で行く事件 ちなみに氏は神戸高校馬術部OBである。

注3 花隈と同様の花柳界 岩屋の街を歩くと、マンション前などで妙に大きい手水鉢が目に付く。 花街時代の遺構かもしれない。 ちなみにnaddistでも紹介した「敏馬小唄」は、この岩屋界隈を歌った 唄である。 ※[naddist 020920-136]夢の敏馬でチントンシャン【ナダソニック11】  参照

注4 清家清 建築家 青年時代を神戸で過ごす。タンゲとは違う日本を代表するモダニスト。 深田池の北にある「小原流家元会館」などヒガシナダ区に作品多し。 3月22日にこの世を去った丹下健三の後を追うように今年4月8日没。

================================================================

naddistに頂いた、皆さんからのご意見ご感想や灘情報をご紹介する 「なだっちゅーの!」を、お送りいたします。 メールを下さった皆様、ありがとうございました。                →投稿はpostmaster@naddist.jpまで

=============================================なだっちゅーの!165

●岡ちゃん様  http://plaza.rakuten.co.jp/udonnaya/

水道筋の屋台のすし屋情報です。 箱寿司だけではなく普通のにぎり寿司もあったと思うという話をききま した。「なると」というすし屋ではないかということです。 場所は今の住谷歯科医院のあるところです。 未確認情報ですが三宮に移転して営業されているらしいとのことです。

  前号でご紹介した「水道筋の寿司屋台」情報いただきました。   ありがとうございます。   屋台でにぎり寿司、粋すぎます   今では保健所の関係で無理なのでしょうかね?   引き続き「なると」情報お待ちしております。   --------------------------------------------------------nad

●飛田様

大きな鯉を発見しました。 場所は、双葉学園の横のダム 80センチ?の黒 50センチ?の金色 50センチ?の黒 川を越えて御影の方に行こうとして道に迷い、 そのダムの対岸で発見しました。

  おお、鶴甲方面ネタありがとうございます。   このような灘生物情報もお待ちしております。   --------------------------------------------------------nad

●こはく様(お仕事クミン)

先日、大阪で開催中の竹中大工道具館の20周年記念巡回展「木の匠と 鉄の匠」に行ったんですが、「鉄の匠 西の名工」としてあげられて いる「二代宮野鉄之助さん(本名:遠藤政一郎/三木出身)」の略歴 をみていたら、何と灘区篠原中町で目立業を、その後、友田町で鋸及 日本刀鍛造をしておられたと書いてありました。 昭和8年頃から自宅兼工場が空襲にあう20年頃まで灘でノコギリづくり をしていたようです。鍛冶の才能にあふれた人で、たたら製鉄法とい う手法で玉鋼をつくって、それでノコギリを鍛える伝統技を守ったよ うです。 平成8年に96歳で逝去されていますが、戦後、疎開先の三木市に転居し ていなければ、今でも灘に老舗鍛冶業が残っていたかもしれません。 何となく「灘の名工」を逃した感のある、展示会での発見でした。

  灘職人情報をいただきました。   今の大内通、岸地通あたりは昔「鍛冶屋」という村と呼ばれ鍛冶   職人が多く住んでいたそうです。村内には太田川という川が流れ   (貧乏川と呼ぶ人もいる)   その川沿いに野鍛冶場があったそうですよ。   しかし「鉄之助」ってかっこいい名前だよなあ。   --------------------------------------------------------nad

●アート喫茶オリーブ様

お蔭様で改装工事も無事終わり新装開店できるようになりました。 今年は私も還暦を迎える年にあたり心新たにスタートしたいと思って おります。 カルチャー教室、歌声喫茶に加えギャラリーとして作品発表の場に ご利用いただけます。 又会食などのご予約も承っております。 ご来店戴いた方の五感を満足していただけますよう努力いたす所存です。 今後共どうぞよろしくお願い申しあげます。

4月23日(土)午後7時ー9時 歌声喫茶         司会・ 上山克彦  アコーディオン・ 望月一郎

4月25日(月)午後2時30分ー4時30分 歌声喫茶         アコーディオン・望月一郎

アート喫茶オリーブ 篠原南町3丁目(将軍通の阪急踏切東入ル         阪急六甲より線路浜側 西へ徒歩6分) 定休日・・・・4月2日(土)3日(日) 7日(木)21日(木) 営業時間・・・午前10時ー6時(予約戴いた日は夜も営業します) TEL,FAX・・・・078-861-7012

  昨年配信しましたnaddist186号で   ナダソニック13〜篠原南町 伝説の「うたごえ」   として紹介させていただきました、アート喫茶オリーブさんから   「うたごえ情報」をいただきました。   驚愕のライブ空間、またおじゃまさせていただきます。   --------------------------------------------------------nad

●たろへー様(きのう・きょう・あすもクミン)

水道筋温泉の産湯を使い、市電石屋川線の電車の音と、 東灘貨物駅の貨車の連結器のドカチャチャチャチャチャチャチャドカー ン!を子守唄に、生まれも育ちもチャキチャキの生粋の灘っコです。 たまたまこのメルマガを見つけたのですが、 すでに遅きに失していたか!!! 何故かというと、かような素晴らしきものを今まで6年以上もみすみ す見過ごしていたとは!ということなのです。 バックナンバーもとてもじゃないですが、これだけの量、いっぺんに 読めません! もう、一つ一つにいっぱいツッコミできます。 「天城ビンボー洞門」など爆笑です。 身長の高い人など本当にヤバイと思います。 車両建築限界(専門用語)と干渉しないのか調べてみたいです。 「ガリバートンネル」「プロパガンダ戦闘機」などもネタ有り! (へえ〜!と言わせる自信有り)です。 気になるタイトルのものだけつまみ食いしてもこの状態です。 色々なイベントがあったのですね!!!今なら絶対参加していただろ うというようなイベントの数々・・・・嗚呼。 というわけで、さくらバスにも乗りましたが、naddistさんのガイド の便ではなかったようです。 区内の市バスネタもうるさいですよ。まあいずれまた薀蓄を披露しま しょう。 このメルマガが私に見つかったことを後悔しないでください。 私が入ってきたことでこのメルマガが吉とでるか凶とでるか、私は 責任が持てません。 さらにマニアック色が強くなっていく恐れが十分にあります。 もっぱら私の徳井、いや得意分野は懐古系、交通、街の風情、といっ たところかな。 私のテリトリーは水道筋、稗田小〜上野中校区が中心ですが、もちろ ん広く灘区が大好きです。 以後、お見知りおきのほど。 と、まあこんな感じですが、よろしくお願いします。\(*^∇^*)/

  こ、こちらこそよろしくお願いいたします…   テキドなマニア情報お待ちしております(笑)   どうぞお手柔らかに。   「灘さくらバス」如何でしたか?   灘の桜の具合もバッチリ!とても楽しい企画だったと思います。   それと、車窓案内ですが、原稿だけ託して水道筋さんにまかせま   した。   他に乗られた方がありましたら感想どしどしお寄せください!   --------------------------------------------------------nad

naddistは「等幅フォント」でご覧ください。 ---------------------------------------------------------------- ソーシャルネットワーキングサイトmixiの灘系コミュもよろしくね! 「水道筋倶楽部」http://mixi.jp/view_community.pl?id=26634 「灘区っ!!!」http://mixi.jp/view_community.pl?id=28599 ================================================================

naddist発行の「オーベックファンのスタインウェイ」は皆様からの メールです。 お気軽に「町話」「感想」お寄せ下さい。

naddistへ、ご意見ご感想、情報メールをお送り頂く時は、 ・「なだっちゅーの」(読者お便りコーナー)への転載の可否 ・転載の条件(匿名希望、ハンドル名等、URL載せる事も可能です) ・現在住んでいる所(もしよろしければ) ・灘区との関わり(適当につけて下さい) (例)元クミン:元灘区在住    現クミン:現灘区在住    (クミン=区民ではないので、他地区の方大歓迎) 等を明記して頂ければ幸いです。

---------------------------------------------------------------- さくらバスの車窓案内は水道筋300円ショップの大将。 ----------------------------------------------------------------

ご意見ご感想は postmaster@naddist.jp までお願いします。 ---------------------------------------------------------------- naddist [Kapsel naddism] 0000009510

produced by "naddism Edit."(@parabolart) e-mail "postmaster@naddist.jp" ----------------------------------------------------------------


2005年4月5日(火曜日)

[naddist 050405-203]灘さくらバス出発進行!

カテゴリー: - nada @ 19時49分32秒
...n  a  d  d  i  s  t
...050405-203
...
...naddism Edit.

■CONTENTS======================================================

・バスdeナダナダ 02      ▼灘さくらバス出発進行! ・なだっちゅーの!167      ▼岩屋・脇浜四天王      ▼水道筋の屋台寿司      ▼ナダの航空写真 ・naddist NEWS(naddistからのお知らせ)      ▼灘さくらバス登場!

================================================================

4月になりました。新しいクミンの皆さんはじめまして。 灘も間もなく桜の季節です。 で、こんなシリーズがあったのを忘れてました。 灘区内を縦横無尽に走るバス。 今回は、バスの車窓から灘の街を再発見するシリーズ「バスdeナダナダ」 を約5年ぶりにお送りいたします(爆)

==============================================バスdeナダナダ 02

■灘さくらバス出発進行!

TEXT:naddist

灘にはたくさんのバスが走っています。 山手幹線を走る神戸市電のDNAを受け継ぐ90、92系統、山麓線を走る ドル箱路線2系統、鶴甲の命綱36系統、六甲ケーブルへ行く16系統、 御影山手へのスパイ路線32系統あたりがメジャーでしょうか。 あるいはnaddistでもツアーを行った、湾岸気分が満喫できる摩耶埠頭行 29系統、山の手、浜の手の狭い道をグイグイ走る102、103系統 などマニアにはこたえられない路線もあります。 これらの路線バスに乗って灘の街を眺める楽しいのですが、もう一つ忘 れてはならないバスがあります。

送迎バス。

送迎バスってワクワクしませんか? たとえば、ホザナ幼稚園のアニマルバス。 なんかこう、自分がアニマルの中に巣食う寄生虫になってしまうような 気がしませんか? たとえば、イトマンスイミングスクールの送迎バス。 あれに乗ればオリンピックに行けそうな気がしませんか? たとえば神戸製鋼の送迎バス。 車窓に映る鉄の男達のアンニュイな横顔にドキドキしたことはありませ んか? たとえば、松蔭の貸切市バス。 ぱっと見、普通の市バスなのに中身は全て女子大生という、イチゴ大福 的衝撃の事実にクラクラしたことはありませんか? たとえば、六甲山ホテルの送迎バス。 プチリゾート感溢れるバスに、六甲道から乗り込むギャップにメロメロ になったことはありませんか?

送迎バス。

乗りたいけど乗れない。 それは選ばれた者しか乗ることができない、羨望のワクワク街アイテム なのです。 送迎バスに乗ってみたい・・・ そんな灘クミンの押さえきれない衝動を叶えてくれるバスが、この春 登場します。

その名も「灘さくらバス」 水道筋商店街と摩耶ケーブルの共同企画でお送りする、極上の 「アミューズメント送迎バス」です。 なにが極上かって? ご説明しましょう。 「さくら」と命名しているとおり、このバス、花見バスなんです。 水道筋6丁目商店街を出発したバスは阪急王子公園方面へ向かいます。 で、青谷川の桜、王子公園の桜、王子テニスコートの桜を眺めながら ぐんぐん坂道を登っていきます。観音寺川の桜近辺を流しながら、摩耶 ケーブル駅の桜にたどりつきます。そして灘が誇る桜の名所「桜のトン ネル」の花吹雪の中、水道筋に戻ってきます。 桜をめぐってまた水道筋に戻る循環コース。

しかも「無料」 タダなんですよ、そこの奥さん! 勘の良い読者ならお気付きかも知れません。 このバス、水道筋の客を運ぶ「お買い物バス」なのです。 極上の灘桜を見ながら、水道筋に買い物に行ける。まさに豊かな「クオ リティ・オブ・ナダライフ」を実現する画期的な企画です。

「naddistさんも試験運転に来てみますか?」 「い、行きます!!!乗ります!!走りますっ!!!」 桜のつぼみもまだ固い3月下旬。 試験運転当日。

始発は水道筋6丁目商店街東口。 山手幹線の水道筋6丁目バス停ではりません。 よく見てください「商店街」が入ります。 すなわち、商店街のど真ん中にバス停が出現します。 つまり、商店街の中をバスが走るわけです。 30年前、須磨の板宿商店街の中を市バスが駆け抜けるのを目撃した私 は、強い衝撃を受けました。 「こ、こんな所を、バ、バスが」 なにか見てはいけないものを見てしまったような感覚。 団地妻の不倫現場を見てしまったような感覚。 突き抜けるブレイクスルー感。 ・・・水道筋もバスが走ればイイのに・・・ その夢が30年の時を越えて実現するのです。

かつて灘の街を闊歩していた牛のようにのっそりのっそり、さくらバス は商店街を走ります。いや歩くといった方がいいかもしれません。 歩いているようなバス。新鮮です。 なんでこんなとこバス走っとんねん、という買い物客達の熱い視線と 驚きの表情が心地よい。 つまり、ちょっとしたパレード。 神戸まつりの「クイーン神戸」になったような気分でしょうか。 ちょっと笑顔で手を振ってみたくなります。

阪急王子公園のガードを鋭角に曲がり、青谷川を北上します。 道脇のうこんの桜、川沿いの桜、そして少し離れた王子動物園の桜(注1) 俗に「青谷川三層桜」といわれる、桜のスポットです。 これは歩いたり、車からでは視線が低いので見る事ができません。 バスの視線だからこそ楽しめる桜です。

やがて大きな桜の固まりが見えてきます。 王子テニスコートの桜。 この王子公園周辺、なぜ桜が豊かに咲くのかご存じでしょうか。 この近辺にある「熊内の黒ボコ土」といわれる、肥沃な土のおかげなの です。 この高栄養土はかつて「熊内大根」という特産物を生み出しました。(注2) 今では桜を育み、人々の目を楽しませてくれる、文字どおり縁の下の力 持ち。 「ありがとう、黒ボコ土」

畑原橋を東に折れ、観音寺薬局前を左折します。 「ブォンブロブロブロ〜〜」 ギアが一段落ち、エンジンがうなりを上げます。 そのまま観音寺川沿いの急坂を北上、クランク手前で「観音寺川の桜」 が一瞬見えるはずです。 川と桜の一体感ということでは、ここの桜の右に出るものはありません。 隣の神戸高校生は、この川沿いの道を「ロマンス坂」と呼びます。 桜を見て興奮して、ロマンスが生まれるのか定かではありませんが、 昔、青谷周辺には有名な桜の名所「青谷遊園」がありました。 今ではすっかり住宅地になりましたが、この観音寺川の桜は かつての青谷を彷佛とさせてくれる、街のDNAかもしれません。

さらに坂を登りつめると「摩耶ケーブル駅」です。 バスは駅前の大きな桜の下にゆっくりと停車します。 ここでケーブルに乗り換え、さらに摩耶ロープウェーから 「山桜の上を空中散歩」するのも一興です。 また山上の「掬星台の桜」を味わうのもいいかもしれません。 あるいは、眼下に見える「灘の街の桜の群れ」を楽しむのも捨てがたい。 山上の掬星台から見る灘の桜は実に美しい。 雲のような、綿菓子のようなピンクが街のあちこちにふんわり漂う。 まさに「桜海」といった感じです。 桜の多い灘区ならではの春のビューポイントです。

摩耶ケーブル駅を出発したさくらバスは、いよいよクライマックスに向 かいます。 もう有名すぎる程有名な「桜のトンネル」通り抜けです。 まさに花道。桜坂。 「よっ!高尾屋」 こんなかけ声も掛かるかもしれない。 『桜坂』あたりを口ずさむかもしれない。 今年もまた桜を見る事ができたありがたさに、涙ぐむかもしれない。 灘に住んでいる事を誇りに思うかもしれない。 ひらひら舞い落ちる桜の中を、いろんな思いを乗せて、さくらバスは ゆっくり進みます。

目の前には遠く大阪湾が見えます。 「春の海 ひねもすのたりのたりかな」(注3) きっと、こんな海なんだろうな。 なんとなく、バスものたりのたりかな。

阪急の踏切音で我にかえると、春の街に戻ります。 「上野踏切」です。今の王子公園駅は今より東のちょうどこのあたりに ありました。駅名はもちろん「阪急西灘」(注4) 街灯に刻まれている「西灘商店街」という文字が、かつてこの通りが 駅前商店街だったことを伝えています。この通りは最近、摩耶山へ続く 「マヤストリート」と名付けられました。 そして目の前には買い物客が行き交う水道筋。 アーケードを右に曲がると終点「水道筋6丁目商店街東口」です。 すっかり気持ちよくなったついでに水道筋でおいしいものを買い物する もよし、灘温泉でほっこりするもよし、船越で串カツほお張るのもよし。 最近増えたニューウェーブ系の立ち飲みでまったりするもよし。 山手の人はまたバスに乗って家へ帰るもよし。 こんな楽しい「お買い物バス」が有史以来あったでしょうか? こんなことやるの灘だけです。きっと。

水道筋商店街&摩耶ケーブルの素敵な春の贈り物。 4月9日、10日、2日間だけの夢の無料送迎バス、灘さくらバス。 どうぞ、お乗り遅れのありませんよう。

                          (おしまい)

※いよいよ「灘さくらバス」運行開始!!!  運行日時、乗車方法など灘さくらバスの詳細は下記naddistNEWSにて!

+++++++++++++++++++++さらにnaddisticな注++++++++++++++++++++++++

注1 王子動物園の桜 神戸の桜開花予報に使われる「桜の標準木」は王子動物園内にある。 つまり、灘区が神戸市の桜の基準になる。

注2 熊内大根 「筒井大根」とも呼ばれたこの大根は、長くても「す」が入らないとい うことで、人々に喜ばれた。

注3 春の海 ひねもすのたりのたりかな この句を詠んだ与謝蕪村の 「菜の花や 月は東に 日は西に」 という句は、灘区の風景を詠んだ句である。 灘区は蕪村にも愛されたのだ。

注4 阪急西灘 昭和31年、王子公園で国民体育大会が開催されたのを機に、現阪急 王子公園の位置に移された。昔の阪急の駅は「ハイジの北」だった。

================================================================

naddistに頂いた、皆さんからのご意見ご感想や灘情報をご紹介する 「なだっちゅーの!」を、お送りいたします。 メールを下さった皆様、ありがとうございました。                →投稿はpostmaster@naddist.jpまで なお、バックナンバーは http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000009510をご参照ください。

=============================================なだっちゅーの!167

●たん吉様(戻りクミン)

とーとー出ましたか!!! 「岩屋・脇浜四天王」 “ひらがな店名バージョン”の「ささのや」さんですね!!! (残る3つは「たまいち」「らくらく」「かどや」でしょうか)

・・・はい、「ささのや」さんは、「隠れて」は使ってないけれど、 よくよくよくよくよくよくよくよく・・・・利用しております。 ってか、私の同僚のみなさんは、ほぼ毎日通っています。 今度、社内の歓送迎会にも使います。 あそこは、ゾーンが3つあり、入り口の「酒屋&立ち飲み屋」ゾーン、 1偕奥の「居酒屋」ゾーン、そして2偕の「もしかしたら泊まれるかも しれない、カラオケ付き畳敷き宴会場ゾーン」に分かれます。 同僚に比べれば、はるかに行く回数の少ない私ですが、行けば必ずうち の会社の誰かが飲んでて「お〜〜〜〜たん吉くん」となります。 女性社員の方も、立ち飲みで普通に飲んでます。

さて、1偕奥のまた一番奥の、我々が「ボックス席」と読んでいる場所 は、「ささのや」常連のステータスゾーンであり、席が空いている際、 すぐにそこに通されるかどうかで、店のおばさま方の、我々への解釈が 分かります。 (すなわち「一見さん」「普通のお客」「常連さん」「上得意さん」の 違い)そして、あそこを根城にしている某大手鉄鋼メーカーおよび関連 会社の方々の間に、しばしば一番奥の席をめぐって「上得意バトル」が 繰り広げられるのです。

いや、別に一見さんでも全然オッケーな、ざっかないお店ですよ! カウンターにならんでいる総菜類もおいしいし、刺身もあるし、予約す れば、かなりのレベルの料理がすーーーーーんごく安く食べられます。 (以前、「伊勢エビ」様が鎮座されたこともあります) もちろん元が酒屋なので、酒類も豊富&リーズナブルです。 住所は中央区となっていますが、ナダの匂いがぷんぷんするお店です。 実際、区境は脇浜公園の東の筋となっていますが、私は個人的に 「小林桂」と「業務用スーパー」との間の道が実質的な区境だと思って ます。(すんごいマニアックな線の引き方ではありますが) ですので、ぜひ「ささのや」さんも「ナダ」店として評価してください! そして、「ナダ立ち飲みパブオフ」会の候補にも入れてください! 「ささのや」さんが「パブオフ」会の会場となった暁には、私も会社か ら駆けつけます!(でも、店の人にばればれかも・・・)

  前号のなだっちゅーののコーナーで紹介した「ささのや」さん   情報をいただきました。   43号線の南って、ぽつぽつコアな店がありますよね。   ここは「ナダの店」として評価しましょう。   大丈夫です。個人的には神鋼病院あたりまで、灘区のつもりです。   葺合区さん、ごめんなさい。   ここは一つ緩衝地帯ということで・・・   --------------------------------------------------------nad

●びわんちゅ様(1958型クミン)

200号おめでとうございます。毎号楽しく読ましてもらっております。 今までのnaddistにはたぶん出て来なかったお店のことを。 当方現クミンです。幼稚園、小学生の頃水道筋の何丁目かはよく覚えて いないのですが、屋台のお寿司屋があったように思うのですが・・・ 確か押し寿司だった、と思います。正確な場所も、ご主人のことも ほとんど覚えていません。 子供の舌でも美味しく思えた味だった、という事だけが残っています。 市電筋(バス道)に面した歩道上にあったように思います。 「ホガラカ」かどこかの角のパチンコ屋さんを曲がったあたりだったか・・・ 小さい頃家族で水道筋で買い物した後か灘温泉に行った帰りに買って 帰ったことをかすかに覚えています。 商品はすべて押し寿司だったのですが子供にはタレのついた玉子が美味 しかったなぁ。

PS.肝臓を壊した「よさこい」のオヤジはどうしてるんだろう? JR六甲道の南にあった寿司屋「万よし」も地震後店じまいされたようです。 そういえば灘区では珍しかった食事できる魚屋さんの「多聞丸」っていう お店もありました。

  水道筋の屋台寿司情報いただきました。   う〜ん、覚えてません。もし覚えていらっしゃる方がいましたら、 是非naddistまでご一報ください。   「よさこい」の大将は亡くなったようです。   お店も廃虚化して寂しいです。   大きな生け簀があった「多聞丸」もなくなりましたね。   淡路の魚屋さんだったと記憶していますが、今どこかでやってる   のかな?   --------------------------------------------------------nad

●ぶち様(東隣山手クミン)

国土地理院のHPに、終戦直後、アメリカ軍が撮影した日本各地の航空 写真が公開されているのですが、その中に、灘区が含まれているのを 発見しました(URL長くてスミマセン)。

1947年08月20日撮影 http://mapbrowse.gsi.go.jp/cgi-bin/airphoto/photo.cgi?index=5235&group=USA40kKK&course=M417&num=39&size=normal http://mapbrowse.gsi.go.jp/cgi-bin/airphoto/photo.cgi?index=5235&group=USA40kKK&course=M417&num=40&size=normal

1948年02月20日撮影 http://mapbrowse.gsi.go.jp/cgi-bin/airphoto/photo.cgi?index=5235&group=USA10kKK&course=M18-4&num=5&size=normal

公開されている写真では、滑走路なのかどうかは解りませんが、 「山手幹線の東半分(石屋川〜都賀川)が直線なのは、アメリカ軍の航 空機の滑走路だったため」というのもうなずける直線ぶりです(笑)

「鶴甲団地が無い(当然)」 「王子動物園が無い(当然)」 「国道43号線が無い(当然)」 「国鉄、住吉駅〜六甲道駅間が高架になっていない(石屋川の下を国鉄が くぐっている)(当然)」 「市道山麓線が無い(当然)」 「六甲台町の南半分は、アメリカ軍の将校の住宅だった?」  などなど、今の地図と照らし合わせると、なかなか楽しめます。

  いつもマニアックな情報ありがとうございます(笑)   いやあ、六甲台の米軍将校住宅のデカさに驚きました。   今の神戸大学あたりですね。   だって王子動物園より広いんですぜ。   じっくり拝見させていただきます。   --------------------------------------------------------nad

================================================================ ●           naddist NEWS             ● ================================================================

●          灘さくらバス登場!           ●

本編「バスdeナダナダ」でもお送りした通り、この春、水道筋商店街〜 摩耶ケーブル駅間に灘西部の桜を巡る、無料循環バスが走ります。 しかも車窓案内付き! (9日の午前中の何本かはnaddistが車窓案内を担当する予定です) しかも乗車記念に「灘さくらポストカード」(非売品)もプレゼント するっていう太っ腹振り。 なお、4月7日〜9日は王子動物園の「夜桜通り抜け」もあります。 今年の春は、灘さくらバスで「灘の桜」にまみれてください。

運行日時:4月9日(土)・10日(日)      10:00〜16:00 毎時00分、30分出発。      ただし12時台は道路事情により運行しません。 発着場所:水道筋6丁目商店街東口      乗車は先着順になります。 乗車方法:事前に「さくらバスチケット」(無料バス乗車券)が必要      です。水道筋商店街の「さくらバスポスター」掲示店で      お受け取りください。 問い合せ:078-271-1160      もしくはnaddistまでメールで(運行当日を除く)  

naddistは「等幅フォント」でご覧ください。 ---------------------------------------------------------------- ソーシャルネットワーキングサイトmixiの灘系コミュもよろしくね! 「水道筋倶楽部」http://mixi.jp/view_community.pl?id=26634 「灘区っ!!!」http://mixi.jp/view_community.pl?id=28599 ================================================================

naddist発行の「多聞丸の鯵のたたき」は皆様からのメールです。 お気軽に「町話」「感想」お寄せ下さい。

naddistへ、ご意見ご感想、情報メールをお送り頂く時は、 ・「なだっちゅーの」(読者お便りコーナー)への転載の可否 ・転載の条件(匿名希望、ハンドル名等、URL載せる事も可能です) ・現在住んでいる所(もしよろしければ) ・灘区との関わり(適当につけて下さい) (例)元クミン:元灘区在住    現クミン:現灘区在住    (クミン=区民ではないので、他地区の方大歓迎) 等を明記して頂ければ幸いです。

---------------------------------------------------------------- 灘さくらバス、本当は天神筋を走らせたかったんだよね。 ----------------------------------------------------------------

ご意見ご感想は postmaster@naddist.jp までお願いします。 ---------------------------------------------------------------- naddist [Kapsel naddism] 0000009510

produced by "naddism Edit."(@parabolart) e-mail "postmaster@naddist.jp" ----------------------------------------------------------------


19 queries. 0.062 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress