naddism 登録・解除

ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
naddist カレンダー
2005年 3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
naddist 月別過去ログ
naddist カテゴリ一覧
最新の灘イベント情報
予定なし


2005年3月19日(土曜日)

[naddist 050319-202]摩耶鍋リターン(後編)【プロジェクトN】

カテゴリー: - nada @ 19時52分05秒
...n  a  d  d  i  s  t
...050319-202
...
...naddism Edit.

■CONTENTS======================================================

・プロジェクトN〜灘の挑戦者達 04      ▼摩耶鍋リターン(その2) ・なだっちゅーの!166      ▼福住公園さくらまつり      ▼岩屋駅南、大人の隠れ家      ▼掬星台問題      ▼「新雪」見ました      ▼灘ステッカーはどこで買えるの? ・naddist NEWS(naddistからのお知らせ)      ▼灘に春、摩耶から春  摩耶鍋復活!摩耶詣祭開催      ▼naddist ラジオに

================================================================

「風の中のすばる 砂の中の銀河」 灘区の歴史と文明を劇的に変えるのはプロジェクトである。 今回お送りするのは、様々な灘のプロジェクトを紹介するシリーズ 「プロジェクトN〜灘の挑戦者達」。 今年第一弾のクロスメディアプロジェクト、 前回に引き続き摩耶鍋復活プロジェクト「摩耶鍋リターン(後編)」を お届けします。 いよいよ明日3月20日(日)、摩耶山掬星台で摩耶鍋が復活します。

================================プロジェクトN〜灘の挑戦者達 04

■摩耶鍋リターン〜摩耶鍋をめぐる灘人達の果てしなき闘い(後編)

(前回までのお話 050301-201号参照)

チーム摩耶鍋によって3月20日、摩耶詣祭で復活する事になった摩耶山 の幻のメニュー「摩耶鍋」 しかし、肝心なことを忘れていた…誰がつくるの?

----------------------------------------------------------------

「そうだ、彼らに頼んでみよう」 読者は覚えているだろうか? ちょうど1年前、その長い人生を終えようとしているJR灘駅舎のために 作った「灘駅弁」誰が作るの?問題に応えてくれた東畑原市場「新家」 だった。(注1)

「摩耶鍋復活に手を貸してくれないか?」 「摩耶鍋?なんですかそれ?!」 「かつて摩耶山の摩耶観光ホテルや摩耶ロッジで出されていた、  幻のメニューだ」 「ま、幻ですか…」 「今回も大変な仕事になる。大丈夫か?」 「がんばります…」

こうして「誰がつくるの問題」はクリアされた。

次はレシピだ。 酒粕のみの摩耶ロッジバージョンか? 豆乳を入れたマヤカンバージョンか? そしてそれらの味をどう再現するか? …皆、頭を抱えた。

「摩耶ロッジのレシピなら入手可能です」 チーム摩耶鍋のメンバーの1人が言った。 「早く言ってくださいよ〜」 …皆、突っ込んだ。

やがて門外不出のレシピが提出された。 しかし3バージョンあった摩耶ロッジの摩耶鍋、 どのバージョンを復活させるか?

…皆、頭を抱えた。

「Ver.2で行きましょう!」 バージョン2…それは味の変遷をくり返した摩耶ロッジの摩耶鍋の中で もっとも完成度の高いバージョンとされている。 バージョン1は余りにも酒粕しかったらしい。 バージョン3は「子どもでもおいしい」をテーマにしたため、摩耶鍋が 「○ウス 粕汁の王子さま」に成り下がってしまった。 「元摩耶ロッジ総料理長によるとバージョン2は白出汁の抽出が分かれ 目になるそうです」 そう、シンプルな鍋だけに出汁のとり方にコツがいる。 上品に出汁をとってはいけない。 ちょっと濃い目にとらないと、酒粕と対等に渡り合えない。

スープは決まった。 次は具だ。

「せっかく復活させるんだから、ちょっと新しい要素も欲しい。  例えば摩耶山にちなんだ菜の花を入れるとかぁ〜」(注2) 「灘駅弁で使用した徳井湯葉を入れるとかぁ〜」 「プリンセスソースを入れるとかぁ〜」 「ケンコーマヨネーズを入れるとかぁ〜」 「マヤノトップガンにちなんで馬肉を入れるとかぁ〜」(注3)

…皆、勝手だった。

「だめですっ!今回はあくまでも『復活』なんです。 もし摩耶鍋の味を知っている人がそんな『ヤミ鍋』食べてがっかりしたら 取り返しがつきませんよっ!」

…そうだ、これは最先端の「灘遺伝子工学」なのだ。 最大限の慎重さで、忠実に幻の味を再現しなければならない。

基本の具がリストアップされた。 まず豚ロース。 粕汁には魚介類を合わせるパターンが多いが、摩耶鍋には魚介類は入れ ない。むしろ豚汁感のあるエキスが酒粕に合うらしい。 そしてタマネギとさつまいも、豆腐、春菊…。 本当にこんな具で良いのか? これが「幻の鍋」なのか?? 粕汁とどこが違うのか??

この時点では、どんな味なのか誰も想像がつかなかった。

復活の日まで1月を切ったある日。 いよいよ試食の日を迎えた。 摩耶山天上寺副住職、摩耶ケーブルマン、元摩耶ロッジマン、そして 昨年灘駅弁を開発したスタッフなど「チーム摩耶鍋」の面々が水道筋 東畑原市場、新家の2階に集まった。

いよいよ鍋が運ばれて来た。 「おおっ!こ、これが幻の摩耶鍋か!」 少し油が浮き、一瞬トンコツスープに見えない事もない白濁した スープは、あくまでも寡黙であった。 一人一人に取り分けられる。

まず一口。 明らかに粕汁とは違うコクがある。 豚ロースから出る柔らかなコクだ。

「大丈夫です。白出汁も十分パンチが効いていますよ!」 あくまでも忠実再現にこだわるメンバーから声があがった。

そして、華やかな灘五郷、灘浜の手の早春の香が鼻腔をくすぐった 「酒粕はどこのを使っているんだ!?」 そう、シンプルな鍋だけに材料にはこだわらないといけない。 酒粕で味が決まるのだ。 「シェフ、シェフを呼べ!」

「白鶴…です…」 「な、なんだとー?!!ヒガシナダの酒粕ではないかっ!!」 「そうだっ!天上寺の粕漬けは沢の鶴フーズ製なんだぞっ!!」 「貴様ら!そんなことで摩耶鍋が復活できると思っているのかっ!!」 「いや…結構いけますよ白鶴」 「あの〜ここは一つ灘区西郷の酒粕で…」 「うん、うまかったらどこの酒粕でもいいや」 「い、いや、それでいいんでしょうか!?」 「ん、じゃあ、酒粕はペンディングにしよう」

…酒粕はペンディングになった。

「な、なんだ!?このまったりとしたミルキー感は!?」 いよいよ、なんの変哲もない具だった、タマネギとさつまいもが 牙をむいた瞬間だった。 実はこの2つの具が摩耶鍋を摩耶鍋たらしめる具材だった。 ちょっと煮崩れたさつまいもとタマネギが酒粕と融合し、コンソメ感 あるポークエキスと出会い、和風ビシソワーズとも呼べるまったりと したミルキー感を演出していた。

洋風感があるのに和風。 酒粕を使っているのにポタージュ感がある。 まるで「キャッシー中島」のような、いや「西川ヘレン」のような味。 いや違う!もっといい例えはないか?! そうだ、「アンルイス」だ。 摩耶山の南東、長峰に存在した「カナディアンスクール」(注4) サラサラ金髪のブリティッシュ系小学生が長峰坂あたりで「串かつ食い に行くねん」とのたまうギャップはまぎれもなく灘区のDNAである。 そこに通っていたのが元学びクミン、アンルイス嬢だった。 そうか摩耶鍋はアンルイスだったのか…。

…話を戻そう。

かつて永遠のライバル、ハイカラ六甲山のジンギスカン鍋に対抗すべく 開発された摩耶山の摩耶鍋。 灘五郷の酒粕という由緒正しい灘ネイティブな素材を使いつつ、 なんとかハイカラ感を出したい…。 タマネギとサツマイモは「ハイカラ神戸」と古来から修験の山とされて きた歴史ある「霊峰摩耶山」のギャップに苦しみ続けた、山上の料理人 達の渾身の具だったのだ。

「これだ!タマネギとさつまいもこそが摩耶鍋のDNAだ!」

皆、うなづいた。

その時、メンバーの一人が…言った。

「大根とか竹輪入れないんですか〜?」

だ〜か〜ら〜! 粕汁じゃないんですってば!! 「摩耶鍋」なんですってば!!

ヘッドラ〜イ テールラ〜イ・・・・・・・・・・・

こうしてチーム摩耶鍋によるネオ摩耶鍋のプロトタイプは完成した。 いよいよ明日3月20日、摩耶詣祭で復活する。 しかし… 酒粕が決まっていなかった…。

ヘッドラ〜イ テールラ〜イ・・・・・・・・・・・

                          (おしまい)

※いよいよ伝説の鍋、限定復活決定!!!  摩耶詣祭・摩耶鍋の詳細は下記naddistNEWSにて!

+++++++++++++++++++++さらにnaddisticな注++++++++++++++++++++++++

注1 灘駅弁 040401-180号「灘駅弁をめぐる灘人達の果てしなき闘い」参照

注2 マヤノトップガン 「霊峰摩耶の御加護を受けた奇跡の復興馬」と呼ばれたG1名馬。 馬主は大石の田所病院院長だった。

注3 摩耶山にちなんだ菜の花 与謝蕪村の有名な句「菜の花や 月は東に 日は西に」は 灘に咲く菜の花と摩耶山を詠んだ句だと言われている。

注4 カナディアンスクール ちなみに鈴木杏樹も卒業生だそうだ。

================================================================

naddistに頂いた、皆さんからのご意見ご感想や灘情報をご紹介する 「なだっちゅーの!」を、お送りいたします。 メールを下さった皆様、ありがとうございました。                →投稿はpostmaster@naddist.jpまで なお、バックナンバーは http://backno.mag2.com/reader/Back?id=0000009510をご参照ください。

=============================================なだっちゅーの!166

●スコルモア様(現クミン)

200オーバー号おめでとうございます。こうなりゃ1000号めざして、 是非頑張ってください。 な〜に、あと30数年で達成できますよ。 たとえ、病床の身となろうとも必ず読ませていただきます。

さて、この度、下記の通り福住公園でさくらまつりが開催されます。 皆さん、お誘い合わせの上、是非、福住公園へお越しください。

「福住公園さくらまつり2005」 日時:3月27日(日) 10:00 〜 14:00ごろ (小雨決行) 場所:福住公園 (灘区福住通) 主な内容: 公園をきれいにしよう、公園で遊ぼう(グランドゴルフ・わなげ・昔遊び)、 おいしい福住公園(もちつき&ぜんざい・フランクフルト・わたがし)、 公園でエコ(リサイクルコーナー・フリーマーケット)、 神戸高校ブラバンステージ、絵本の読み聞かせ、スタンプラリー等

追記、キャンディーズのミキちゃんのファンとしましては、「わな」と いう1曲だけでしたが、センターで歌ったことがあることをつけ加えさ せていただきたい。 摩耶鍋、すっごく期待してますよ〜。

  情報ありがとうございました。   福住公園でもさくらまつりが行われるようです。   さて、スコルモアさんは「@Hankyu王子公園駅」のバーチャル駅長   さんでもあります。(http://www.hankyu.co.jp/)   3月13日の駅長日誌で「摩耶鍋」が紹介されました。   ありがとうございます。   そうだ「わな」のセンターボーカルははミキでしたね。(前号参照)   解散前で慌ててセンターにしたんでしょうな。しかも曲が暗い…   --------------------------------------------------------nad

●AEG様(HATクミン)

はじめまして、HATクミン灘歴7年のAEGと言います。いつかの新聞を見 ましてメルマガを拝見させて頂き感動しています。(050301-201号) マヤカンは数年前に気になり始め、何処にある有るのかさえも分らず に探し求めていた頃がありました。 やっとの思いで場所を見つけたのですが、震災後と言うことでケーブ ルカーは動いておらず線路づたいに登っていったのを今でも覚えていま す。(こんなことを書くと怒られてしまいそうですね) ケーブルの乗り場からトンネル、ホテル内をカメラで撮影して回ったの が、つい昨日のようです。 お話が突然飛んでしまって申し訳ない上に、灘区ではないのですが、岩 屋駅の南、むかしの灘シンが有った所の浜側にささのやという居酒屋さ んを見つけました。灘区と中央区のさかいを数歩超えたところなのです が、外見はどう見ても立ち飲み屋さんにしか見えないのですが、その奥 へ入っていくとなんと居酒屋の世界が広がっているのです。 美人の女将さんが手間暇を掛けて手作りする季節感あふれる家庭の味が、 所狭しと並んでいます。夏には新鮮な岩牡蠣もあります。お料理や水割 り等に使う水は敷地内の井戸水を使用しています。(成分検査済み) 二階には宴会場もあり年末年始、歓送迎会の季節には沢山の方でにぎわ っています。 もし、近くによる事があれば是非一度のぞいて見てください。 大人の隠れ家としてはもってこいの場所です。 これからも、命のある限り灘区を応援していきたいと思っていますので 宜しくお願い致します。 灘区がめっちゃ好きです。 これからも、頑張ってください。影ながら応援させていただきます。

  はじめまして。ようこそnaddistへ。   マヤカンはnaddistでも一度ツアーやりましたねぇ。   まだケーブルが復活していなかったので、車で行きました。   で、結構恐かったです。   おお!「ささのや」ですか。   「脇浜スーパーカーガレージ(030210-148号)」のはす向かいです   ね。へ〜今度行ってみます。   そこから少し西に行ったところに「モンキー」っていうスナック   があって、小さいころそこのママの娘さんに手編みのマフラー   もらって、枕に巻いて寝たことを思い出しました。   --------------------------------------------------------nad

●KAN様(生まれ育ちクミン)

2005年2月21日の毎日新聞に、こんな記事が出ていて、 http://www.mainichi-msn.co.jp/kansai/news/20050221ddf041040016000c.html ”掬星台の呼称は室町時代にまでさかのぼる。 かつては「星が手で掬えるほど近くに見える」という意味だったが、 今では「1000万ドルの神戸の夜景がすくえるように見える」と 解釈されるようになったという” とあります。室町時代の夜景は暗いでしょうから、星は空の星なんで しょうね。室町時代が本当なら私の説(掬星台の星というのは街の灯 ではという説・050215-200号)は否定されてします。とはいえ、 私の中では今後も星は下の夜景という感覚です。

でも、光る遊歩道ってなんか余計な気がするのは私だけでしょうか。 上と下の光を満喫できるように、夜景の見えるレストランの付いた小 さなホテルがあればいいだけなのに。 あとジェットコースターが欲しい。角度を上手く作って、夜景に突っ 込んで行くと一瞬思うようなのは出来ないでしょうかね。 そもそも昔ジェットコースターがあったのにいつの間にかなくなって しまいましたねえ。

  掬星台に光る砂で天の川作るそうです。   私も正直、余計な事しなくていいのにって思ったり。   だって「日本三大夜景」に選ばれてるんですぜ、摩耶山の夜景。   KANさんのおっしゃる通り、夜景を楽しめる仕掛けを考えた方が   いいと思うんですけど。   ジェットコースター復活とかいいかも。     1時間に1本、摩耶ケーブルが高速で降下するってのはだめか?   ちなみに摩耶山にあった「奥摩耶遊園地」のジェットコースター   は「マウントコースター」と呼ばれていました。   --------------------------------------------------------nad

●ぶち様(東隣山手クミン)

「灘百選の会1周年フォーラム」参加させて頂きました。 映画「新雪」ですが、昨年11月18日の神戸100年映画祭の時には 「何で平日やねん! 見に行かれへんやん!!」と思っていた作品なの です。 当時、「阪急六甲の駅は、邸宅と森の中にあった(しかも、阪急は単線)」、 「高羽小学校も、周りは森と林だった」など、話の内容より映っている 風景の方に集中してしまいました。 古いフィルムだけに、ノイズが入って音声が聴き辛くなっているので、 デジタル処理でノイズを消してDVD化すれば、今年の水道筋アーケー ド劇場で上映出来るのではないでしょうか? 田辺先生の講演ですが、非常にためになり、また面白かったです。 「源氏は川西が発祥である」「JR伊丹駅は伊丹城という城の城跡に 造られている」など、話の脱線がありながらも、「見つけて、調べて、 記録して、語り継いで、巻き込んでいく」という、街の事を広めてい く事の基本を教えて頂いた様な気がします。

  幻の灘ロケ映画「新雪(S17・大映)」上映会の感想をいただきま   した。   笑いました、昔の阪急六甲。   なんせ駅前が山道ですから。しかもなんだ、あの茶店みたいな店!   「六甲登山口」の看板はしっかり映ってました。   高羽小学校周辺は今の雰囲気に近いですね。プール側の門から撮っ   たシーンが印象的でした。   あと篠原本町3丁目の住友ゴム篠原寮も出て来たし、naddistでも   紹介した「びっくりしたなあもう御影風小道(990528-20号)」も   ちょっぴり登場してました。   あと、途中に出て来た「蓮が浮かぶ池」は深田池だそうです。   ヒガシナダじゃん。   --------------------------------------------------------nad

●タローズのパイ様

いつも楽しく読ませていただいております。 「神戸カタログ」も拝見させていただきました。 先日久しぶりに王子動物園に行ってまいりました。 ZOOネットワークの人と一緒に行ったというのもあって、解説つきで、 ずいぶん楽しめました。 フラミンゴと、骨折中の赤ちゃんぞうさんには会えませんでしたが、 諏訪子には会えました。茶目子の孫にも会いました。 パンダのところには、お食事中おじゃましました。 それで、前に灘印良品店で「茶目子がのっています」というステッカー を買った覚えがあったのですが、それらの王子動物園グッズをお世話 になったZOOネットワークの方にあげたいと思い、それにはどうしたら いいかと考えていたところ、販売をしていただけるとのこと(ですよね)、 喜んでおります。 それで、どのようにして買わせていただいたらいいのでしょうか。

  「灘ステッカー」ですが、今回摩耶鍋でお世話になった新家さん   (東畑原市場)で販売してもらっています。1枚400円。   茶目子、諏訪子の他、摩耶子(諏訪子といっしょに来園)   ザーク(ゴリラ体重世界一)、たかお(キリン身長日本一)   バージョンも追加しました。もう在庫少ないですが…。   あ、王子動物園の職員さんも買いに来られましたよ。   (動物園で売ってもらえたらうれしい…    ご検討ください>王子動物園さん)   --------------------------------------------------------nad

================================================================ ●           naddist NEWS             ● ================================================================

●    灘に春、摩耶から春 摩耶鍋復活!摩耶詣祭開催    ●

冒頭で紹介したように、摩耶山の名物メニュー「摩耶鍋」が摩耶詣祭で 限定復活します。 10:30頃より摩耶山掬星台で販売します。 1杯300円。おにぎりセット500円。 200食限定です。神戸新聞で紹介されたこともあり、早めの売り切れ も予想されています。 売り切れ御免。タッパー持参で持ち帰り可。(小さいやつ) 摩耶の上 舌で味わう 灘の春 買ってください。食べてください。笑ってください。

「摩耶詣祭〜摩耶山春山開き」

【日時】平成17年3月20日(日)10:00〜14:30[小雨決行] 【会場】摩耶山天上寺・掬星台 【交通】三宮(阪神前)・JR六甲道・阪急六甲より市バス18系統    「摩耶ケーブル下」下車〜まやビューライン「星の駅」下車

【プログラム】 10:00〜 天上寺    ・閼伽御供(あかごくう)      産湯の井より生命と再生の象徴である閼伽水をくんでお供え      する儀式です。    ・菜の花御供(ごくう)      摩耶詣にゆかりの深い菜の花をお供えする儀式です。    ・御馬詣(おんまもうで)      飾り馬が金堂で、花かんざしをさずけてもらいます。    ・本尊供(ほんぞんく)      家畜、ペットなど全ての生き物に感謝し無難息災を祈願する      法会です。

10:30〜 掬星台    ・飾り馬のパレード      花かんざしで飾られた六甲山牧場の木曽馬と与那国馬の      パレードです。    ・摩耶修験回峰行者柴燈護摩供    ・福餅と幸せこんぶの餅まき    ・山上施設物品販売    ・『摩耶鍋販売』      摩耶山の名物料理だった「摩耶鍋」が限定復活します。

13:00〜 摩耶古道を行く     古くから人々が行き交った摩耶古道。     山の歴史を感じながら歩く春山ガイドウォークです。     (約1時間30分)     コース:摩耶山掬星台〜山寺尾根〜旧天上寺(摩耶史跡公園)        〜旧奥の院道〜赤松円心碑〜天狗岩〜産湯の井〜天上寺     集 合:摩耶山掬星台・摩耶詣祭本部テント前集合        (申し込み不要)

●          naddist ラジオに           ●

3月8日(火)ラジオ関西「三上公也クリックトゥデイ」のコーナー 「Today's Special」のコーナーに「naddist200号」ということで出演 させていただきました。 パーソナリティの三上さんは神戸に来て初めて住んだのが、灘区天城通 だそうで「当時阪急王子公園駅は西灘駅だった」などの灘話にも花が咲 きました。 三上さん、小田根さん、スタッフの皆さん、ありがとうございました。

http://jocr.jp/click/index.html

 

naddistは「等幅フォント」でご覧ください。 ---------------------------------------------------------------- ソーシャルネットワーキングサイトmixiの灘系コミュもよろしくね! 「水道筋倶楽部」http://mixi.jp/view_community.pl?id=26634 「灘区っ!!!」http://mixi.jp/view_community.pl?id=28599 ================================================================

naddist発行の「グッバイマイラブ」は皆様からのメールです。 お気軽に「町話」「感想」お寄せ下さい。

naddistへ、ご意見ご感想、情報メールをお送り頂く時は、 ・「なだっちゅーの」(読者お便りコーナー)への転載の可否 ・転載の条件(匿名希望、ハンドル名等、URL載せる事も可能です) ・現在住んでいる所(もしよろしければ) ・灘区との関わり(適当につけて下さい) (例)元クミン:元灘区在住    現クミン:現灘区在住    (クミン=区民ではないので、他地区の方大歓迎) 等を明記して頂ければ幸いです。

---------------------------------------------------------------- マヤカンの煙突、去年の台風でついに折れちゃった。 ----------------------------------------------------------------

ご意見ご感想は postmaster@naddist.jp までお願いします。 ---------------------------------------------------------------- naddist [Kapsel naddism] 0000009510

produced by "naddism Edit."(@parabolart) e-mail "postmaster@naddist.jp" ----------------------------------------------------------------


2005年3月1日(火曜日)

[naddist 050301-201]摩耶鍋リターン【プロジェクトN】

カテゴリー: - nada @ 19時52分46秒
...naddist...050301-201
...
...naddism Edit.

■CONTENTS======================================================

・プロジェクトN〜灘の挑戦者達 03      ▼摩耶鍋リターン ・なだっちゅーの!165      ▼お好み焼き「王子」閉店      ▼いつのまにか私にも「灘愛」が      ▼200号おめでとうございます      ▼「赤トンネル」に行きました ・naddist NEWS(naddistからのお知らせ)      ▼灘に春、摩耶から春  摩耶鍋復活!摩耶詣祭開催      ▼あの幻の映画も復活!『新雪』上映会  

================================================================

「風の中のすばる 砂の中の銀河」 灘区の歴史と文明を劇的に変えるのはプロジェクトである。 今回お送りするのは、様々な灘のプロジェクトを紹介するシリーズ 「プロジェクトN〜灘の挑戦者達」。 今年第一弾のクロスメディアプロジェクトです。

================================プロジェクトN〜灘の挑戦者達 03

■摩耶鍋リターン〜摩耶鍋をめぐる灘人達の果てしなき闘い

「摩耶鍋」と聞いてピンとくる読者は果たして何人いるか? 摩耶山上で供されていた幻の料理、摩耶鍋。 かく言う私も食べた事がない。

摩耶鍋の歴史は古い。 その誕生は今や日本一の廃虚との異名をとるマヤカンこと摩耶観光ホテ ル(注1)のオリジナルレシピとして開発されたと言われている。 六甲山と摩耶山は同じ灘区、同じ六甲山系と言えども、全く違った性格 を持つ。 かつての柴苅り山から居留地に住む外国人達のリゾート地として開発さ れていった六甲山。それに対し天上寺を中心とし、古来修験の山として 「霊峰」「灘の高野山」と呼ばれた摩耶山。 アミューズメント性が高く明るい六甲山に比べ、いささか線香くさい 摩耶山にできたホテルがマヤカンだ。 オリエンタルホテル、六甲山ホテル(注2)など華やかなホテルが立ち 並び、あの「ジンギスカン鍋」なる当時としては画期的なヒットメニュ ーを生み出し、ハイカラリゾートを全面に押し出した六甲山に比べ、 摩耶山に立地するマヤカンのマネージャーは苦労したに違いない。

「ジンギスカンでは2番煎じだ。新しい鍋はないか?」 「スッポン鍋はどうでしょう?」 「いや、女性的なイメージ(注3)のある摩耶山に精力系は似合わない」 「新鮮な、ちぬの海(大阪湾)の海の幸を使ったブイヤベースはどうで  しょう?」 「う〜む。岩屋の漁業がすたれた今、海の幸は時代遅れだ」

困り果てたマネージャーが眼下の風景に目をやると、摩耶山のふもとの 海岸線にびっしりと軒をつらねる灘五郷、西郷の酒造群が目に入ったに 違いない。

「そうだ…酒粕を使った鍋だ…。  これこそ灘にそびえる独立峰、摩耶山のメニューにふさわしい!」 と、当時のマヤカンのマネージャーがひざをたたいたかどうかは定かで はないが、こうして摩耶鍋が生まれた(…かもしれない)(注4)

大阪万博に湧く昭和45年、摩耶山にもう一つの山上施設が営業を始めた。 「国民宿舎摩耶ロッジ」である。(注5) ここでも摩耶鍋が供された。 酒粕に豆乳を混ぜたと伝えられるマヤカンのミルキーな摩耶鍋とは違い、 酒粕オンリーである。 初代、二代目、三代目と時代の変化を映しながら、3バージョンの 「摩耶ロッジの摩耶鍋」が開発された。 しかも公的施設っぽく「まや鍋」と表記された。 以前naddistでも開発が進められた「マヤカレー(注6)」は摩耶ロッジ の「まや鍋」にインスパイアされたものである。

こうして摩耶鍋(まや鍋)は摩耶山を代表するメニューになった。 しかし、昭和42年に阪神地方を襲った台風でマヤカンは休業に追い込ま れ(注7)、平成7年の震災により摩耶ロッジも閉館。 同時に摩耶鍋も…消えた。

そんな幻のメニュー摩耶鍋だが、今でも懐かしく覚えているクミンも多い。 例えば、摩耶鍋の話題が出たとする。

「あ〜摩耶鍋、あったなぁ〜」 「そうそう、酒粕と牛乳の鍋な」 「いや、牛乳は入ってない」 「いやいや、牛乳入っとった」 「アンタ、もうボケたんかいな。いっぺん病院で見てもろたらどうや」 「ボケとんのはアンタの方やろ?!このドロガメ!」

と、なごやかな雰囲気は一転し、険悪なののしりあいの修羅場と化す。 つまり摩耶鍋があったことは覚えているが、その味は忘れられようとし ている。ふびんなメニューである。 まるで「キャンディーズの左端の細い娘は誰やったけ?」と言われてし まうミキちゃんのようである。

これでいいのか!? こんなことで灘に未来はあるのか!? 脈々と流れる街の記憶を無視して変ぼうを続ける灘区。 灘DNAを伝えていくことがクミンの使命ではないのか!? キャンディーズはラン、スー、ミキであることを未来に伝えていかなく てはミキの立場がなくなるではないかっ!?

「摩耶鍋を復活させよう」

灘愛あふれるクレージーな灘人たちがついに立ち上がった。 ノスタルジーなんかではない。 これは最先端の「灘遺伝子工学」なのだ。

急きょプロジェクトチームが編成された。 名付けて「チーム摩耶鍋」。 しかし、いつどこで復活させる? 元摩耶ロッジである「オテル・ド・摩耶」のメニューに加えるのが筋で あるが、今やイタリアンで有名になってしまったオテル・ド・摩耶で 「酒粕」はさすがに厳しい。 イタリアントマトやバジルなんかトッピングされた日にゃ目も当てられ ない。それではキャンディーズが「モーニング娘。」を歌うようなもん である。 皆、頭をかかえた。 その時、声があがった。

「そうだ、摩耶詣で復活させよう」

摩耶詣…その歴史は江戸時代までさかのぼる。 昭和の初め頃まで、灘には多くの牛や馬がいた。 もちろん、食肉用でも競走馬でもない。 彼らは、灘の産業を支える貴重な労働力だった。 例えば酒蔵。 灘の生一本がたっぷり入った樽を運ぶ牛たち。 六甲川上流の水車新田で搾られた菜種油を運ぶ牛たち。 六甲ケーブル下駅近くにある「牛七匹の墓」は、運送中に六甲川に転落 し命を落とした牛たちの殉職碑だ。 街には馬力屋(現在の運送業)があり、国道2号にも一定間隔で馬たち のための水飲み場が設置された。 まさに人も牛も馬も共に生きる「生活共同体」だった。 旧暦2月初午の日、当時の灘クミンは馬を連れて天上寺に参拝し飼い馬 の息災を祈願し花かんざし(注8)を馬に飾り、土産に摩耶昆布(注9) を持って帰るという珍しい風習があった。 これが俳句の春の季語にもなっている「摩耶詣」である。

馬も牛もいなくなり、長らく中断されていた摩耶詣でだが、最近六甲山 牧場から木曽馬、与那国馬を招き、菜の花を供え、息災と安全を祈る 柴燈大護摩が執り行われる摩耶山春山開きの行事として数年前に復活した。 馬や牛はいなくなったが、「ペットの健康祈願」という新しいニーズにも 応えつつある灘の貴重な復活系DNAイベントである。

復活系イベントでの摩耶鍋復活。 申し分ないではないか。 舞台はととのった。

ヘッドラ〜イ テールラ〜イ・・・・・・・・・・・

こうしてチーム摩耶鍋による摩耶詣での摩耶鍋復活プロジェクト はスタートした。 しかし…肝心な事を忘れていた。 誰がつくるの…? 復活まで1月。 何一つ決まっていなかった…

ヘッドラ〜イ テールラ〜イ・・・・・・・・・・・

                         (次号へつづく)

※いよいよ伝説の鍋、限定復活決定!!!  摩耶詣祭・摩耶鍋の詳細は下記naddistNEWSにて!

+++++++++++++++++++++さらにnaddisticな注++++++++++++++++++++++++

注1 摩耶観光ホテル 昭和4年開業。当時は「摩耶山温泉」と命名された。 その外観から「軍艦ホテル」とも呼ばれた。 昭和35年ホテル業者に譲渡。内装はフランスの豪華客船イル・ド・ フランスの装飾品が使用された。

注2 オリエンタルホテル、六甲山ホテル 六甲山ホテルは昭和4年、宝塚ホテル六甲山分館として営業を開始。 昭和30年宝塚ホテルより独立し現在にいたる。 六甲オリエンタルホテルは昭和9年創業。

注3 女性的なイメージ 摩耶山は釈迦の生母、摩耶夫人(ぶにん)から命名された。 山上にある天上寺は「女人高野」とも呼ばれている。

注4 こうして摩耶鍋が生まれた あくまでもnaddisticな憶測であり、エピソードはフィクションである。 実際マヤカンが摩耶鍋発祥の地であるかどうかも定かでない。

注5 国民宿舎摩耶ロッジ 昭和29年神戸市交通局によって建設され、神戸市電公済会が経営して いた「ホテル奥摩耶山荘」が前身。 震災の影響を受け、昭和8年営業休止。 平成13年PFI方式(民間資金を活用した社会資本整備)で復旧を行い 「オテル・ド・摩耶」として営業を再開。

注6 マヤカレー 酒粕を使用したオリジナルカレー。 naddist990810-28「マヤカレーを求めて」参照。

注7 マヤカンは廃業に追い込まれ 昭和42年以降は管理人の努力で、大学セミナー、企業の研修会、グルー プ懇親会など限定予約、格安料金で利用された。現在は完全に営業を 中止。日本有数の廃虚としてその名は全国に轟く。

注8 花かんざし 摩耶かんざしとも呼ばれる、花でつくられたオリジナルかんざし。

注9 摩耶昆布 昔から摩耶山の沖を通る船は帆を下げて航海の安全を祈願するならわし があり、天上寺の観音は「帆下げ観音」と親しまれていた。 江戸時代、大阪や兵庫津の廻船問屋(北前船)によって「昆布」が奉納 され、そのご利益(長寿延命)を参詣の善男善女に分け与えたと伝えら れている。

================================================================

naddistに頂いた、皆さんからのご意見ご感想や灘情報をご紹介する 「なだっちゅーの!」を、お送りいたします。 メールを下さった皆様、ありがとうございました。                →投稿はpostmaster@naddist.jpまで

=============================================なだっちゅーの!165

●Weiss様(親子三代クミン)

先月末ほぼ2年ぶりくらいで灘に帰りましたが、何か今回は色々連れ回 されてゆっくり水道筋散策とかもできませんでした(^_^; 何とか水道筋一丁目(?)のたこ焼き屋さんは行けたのでよしとして ――うちから見ると出口なんですが、一丁目ということは入り口なので しょうか?都賀川方面ですが、そっちの手芸屋さんの隣の小さいたこ焼 き屋さんがおいしくて、別料金ですがお出汁もあるのでお気に入りです。

そしてまた一つお気に入りのお店がなくなってしまってました。王子神 社の裏のお好み焼き屋さん、王子さんです。2年も前に亡くなってたな んてー(>_< ) ちょっと他と比べて値段設定高かったけどおいしかったの に残念です。後味が何となく甘いんですよね。 粉が違ったのでしょうか。が、六甲の宮前商店街だったか、鈴木眼科ク リニックのはす向かいくらいのお好み焼き屋さん(名前失念)が割と近 い味だったのでこれから贔屓にしたいです。……中々行けないけど。

掬星台の由来って考えたこともありませんでしたが (耐寒登山のゴールとしか(^_^;) 夜景を星に見立てた方が、看板に映った星よりもより幻想的で美しいと 思います。 私も夜景に一票(入れても)!

  そう、「王子」なくなりましたねぇ…。   あの後味の甘さは、かの有名な灘のソース「プリンセスソース」   のせいでは。王子とプリンセス…灘区ならではの素敵な組み合わ   だったのですが残念です。   あとあのオバチャンの化粧も…   あのコクミン口紅、しっかり網膜に焼き付いています。   --------------------------------------------------------nad

●レモンパン様(現クミン)

「神戸カタログ」を見て登録した、「現クミン・灘歴5年」です。 仕事で神戸に来てから5年。 このメルマガを見て、いつのまにか私にも「灘愛」が生まれつつある ことを感じました。 わけあってもうすぐ今住んでいる場所から引越ししないといけないので すが、引越ししてもやっぱり灘区にしようかなーと考えています。 もっとディープな「クミン」になるべく、「水道筋商店街」付近で探す つもりです。 でも新在家あたりも捨てがたい・・・! 「灘浜ガーデンバーデン」が好きなので、迷ってます。 ディープな灘情報期待しています!

  ようこそ、naddistへ。    水道筋とガーデンバーデンですか…。   あ、水道筋に住みつつ、あのマニアックな市バス「南北線」に   乗って、灘浜ガーデンバーデンに通うってのはどうですか?   1本で行けますよ。「山信」で途中下車して鰻重食べて…   「マツムラスポーツ」でカレー食べて…   「マルタツ」で一杯引っ掛けて…   太るな。   --------------------------------------------------------nad

●ナダレーヌ様(原クミン)

200号達成、本当におめでとうございます。 個人でこんなに長い間、メルマガを発信し続けるのは大変だと思います。 本当にありがとうございました。 2000年の途中からの読者ですが、ネタの面白さ、視点のユニークさ 身近さに、ドップリはまってしまい、夢中でバックナンバーにさかのぼ って読ませていただきました。灘区育ちの友人たちにも転送したりして 喜んでもらいました。 イベントにも参加させていただいたりして本当に楽しかったです。

初めは投稿もさせていただいたりしたのですが、最近はいわゆるROM になったしまっていて、naddistさんが200号でやめられるというのも、 寂しいなと思いつつ、しんどいだろうし、仕方ないかなと残念ですが思 ってました。

個人的にも体調とか家族のこととかで、少し疲れがたまっていて、 メールする元気がなくなってましたので、ご無沙汰してしまいました。

それと、これは漠然とみんなが感じてることかもしれないのですが、昔 から馴染んでいる灘区の、ここ何年かのあまりの変わりように何だかつ いていけず、サヨナラするものの存在の多さに、心の中に悲しみの澱の ようなものが貯まってしまって、口を重くさせてしまうのです。 サヨナラだけが人生さと言った詩人がいますが、コンニチハもあるのも 人生です。 ただ、サヨナラするものの重さに比べ、コンニチハするものの軽さが悲 しいなと再開発のビル群を眺めて、つい溜息ついてしまうのです。 年とった証拠かな?

でも、熱心な読者や新しい読者の声でまた続けられることになり、とっ ても嬉しいです。また出来たらメールもさせていただきます。

それにnaddistが本になる!!これこそバンザーイです。家宝になります! 友人にもぜひ教えてあげたいと思って、発売日を心待ちにしております。 ますます多忙な日々と思いますが、お元気でがんばってくださいね。

  ありがとうございます!   実は私も昨年体調を崩しかけました。震災10年を機に体調を崩す   方が多いようです。お体ご自愛下さい。   確かに灘区の変わり様は激しすぎます。さよなら疲れ。   てことで、今年のnaddistのテーマは「復活」です。   サヨナラでもコンニチハでもなく…「ヒサシブリ!」です。   実はWeLvにも「ヒサシブリ!」があるんですよ。   --------------------------------------------------------nad

●WACK!様(未来クミン)

ウチの学童保育からまっすぐ南下したところにある長いトンネルが 「赤トンネル」といい、あんなにたくさんの謂れがあるとは…。 早速子どもたちを連れて歩き、薀蓄をたれました。 子どもたちになだの素敵なところにたくさん触れさせるため これからも面白いお話をたくさん読ませていただきたいと思います。

  050117-198号「灘南赤トンネル」に関して感想をいただきました。   子どもたちもきっと次の子どもたちに伝えてくれることでしょう。   私もそうでしたから。灘DNAよ永遠なれ。   --------------------------------------------------------nad

================================================================ ●           naddist NEWS             ● ================================================================

●   灘に春、摩耶から春  摩耶鍋復活!摩耶詣祭開催    ●

冒頭で紹介したように、摩耶山の名物メニュー「摩耶鍋」が摩耶詣祭で 限定復活します。 10:30頃より摩耶山掬星台で販売します。 1杯300円〜500円位で、200食くらい。たぶん。 売り切れ御免。タッパー持参で持ち帰り可。 摩耶の上 舌で味わう 灘の春 買ってください。食べてください。笑ってください。

「摩耶詣祭〜摩耶山春山開き」

【日時】平成17年3月20日(日)10:00〜14:30[小雨決行] 【会場】摩耶山天上寺・掬星台 【交通】三宮(阪神前)・JR六甲道・阪急六甲より市バス18系統    「摩耶ケーブル下」下車〜まやビューライン「虹の駅」下車

【プログラム】 10:00〜 天上寺    ・閼伽御供(あかごくう)      産湯の井より生命と再生の象徴である閼伽水をくんでお供え      する儀式です。    ・菜の花御供(ごくう)      摩耶詣にゆかりの深い菜の花をお供えする儀式です。    ・御馬詣(おんまもうで)      飾り馬が金堂で、花かんざしをさずけてもらいます。    ・本尊供(ほんぞんく)      家畜、ペットなど全ての生き物に感謝し無難息災を祈願する      法会です。

10:30〜 掬星台    ・飾り馬のパレード      花かんざしで飾られた六甲山牧場の木曽馬と与那国馬の      パレードです。    ・摩耶修験回峰行者柴燈護摩供    ・福餅と幸せこんぶの餅まき    ・山上施設物品販売    ・『摩耶鍋販売』      摩耶山の名物料理だった「摩耶鍋」が限定復活します。

13:00〜 摩耶古道を行く     古くから人々が行き交った摩耶古道。     山の歴史を感じながら歩く春山ガイドウォークです。     (約1時間30分)     コース:摩耶山掬星台〜山寺尾根〜旧天上寺(摩耶史跡公園)        〜旧奥の院道〜赤松円心碑〜天狗岩〜産湯の井〜天上寺     集 合:摩耶山掬星台・摩耶詣祭本部テント前集合        (申し込み不要)

●      あの幻の灘映画が復活!『新雪』上映会      ●

昨年の文化ホール上映会でも大人気だった、遠くロシアで発見された 幻の灘ロケ大ヒット映画『新雪(昭和17年)』がいよいよ灘区で上映 されます。 今で言う『世界の中心で愛をさけぶ』みたいな?映画か?? 建て替えのため解体工事が進む高羽小学校校舎内部や戦前の阪急六甲 界隈など貴重なシーンがスクリーン上に復活。 灘百選の会1周年フォーラムの目玉プログラムです。 naddist読者必見。 申し込みはnaddistでも受け付けます。

「灘百選の会1周年フォーラム」

【日時】3月13日(日)13:00〜16:30(受付12:30〜) 【場所】王子動物園ホール 【プログラム】 13:00〜 開会 13:10〜 『新雪』上映会       昭和17年、灘区でロケが行われた幻の映画       主演:月丘夢路、水島道太郎       主題歌:灰田勝彦 14:45〜 記念講演       『灘、地域学のすすめ』       講師:田辺眞人氏          灘百選の会顧問・園田学園女子大学教授 16:15〜 事務局報告 【募集】先着300人 【料金】灘百選の会会員 100円・一 般 500円 【申込】参加希望者全員の●住所●氏名●性別●電話番号     ●灘百選の会会員の方は会員番号を記入のうえ、     postmaster@naddist.jpまでメールでお申し込みください。 【締切】3月7日(月)必着

================================================================

naddist発行の「パブロのパエリャ・ネグラ」は皆様からのメールです。 お気軽に「町話」「感想」お寄せ下さい。

naddistへ、ご意見ご感想、情報メールをお送り頂く時は、 ・「なだっちゅーの」(読者お便りコーナー)への転載の可否 ・転載の条件(匿名希望、ハンドル名等、URL載せる事も可能です) ・現在住んでいる所(もしよろしければ) ・灘区との関わり(適当につけて下さい) (例)元クミン:元灘区在住    現クミン:現灘区在住    (クミン=区民ではないので、他地区の方大歓迎) 等を明記して頂ければ幸いです。

---------------------------------------------------------------- 3月6日、水道筋で山田花子のトークショー開催。 ----------------------------------------------------------------

ご意見ご感想は postmaster@naddist.jp までお願いします。 ---------------------------------------------------------------- naddist [Kapsel naddism] 0000009510

produced by "naddism Edit."(@parabolart) e-mail "postmaster@naddist.jp" ----------------------------------------------------------------


19 queries. 0.074 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress