naddism 登録・解除

ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
naddist カレンダー
2004年 5月
« 4月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
naddist 月別過去ログ
naddist カテゴリ一覧
最新の灘イベント情報
予定なし
オンライン状況
20 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが naddist を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 20

もっと...


2004年5月1日(土曜日)

[naddist 040501-182]サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ…西灘劇場

カテゴリー: - nada @ 09時51分22秒
...n  a  d  d  i  s  t
...040501-182
...
...naddism Edit.

■CONTENTS======================================================

・サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ…西灘劇場  ・なだっちゅーの!149      ▼西灘劇場・シネマの思い出三題      ▼篠原中老会だんじり情報      ▼水道筋ライブ情報 ・naddist NEWS(naddistからのお知らせ)      ▼西灘劇場「最後の晩餐」        ▼「灘駅弁」が読者のホームページで紹介されました

================================================================

灘区の重鎮がまた去ります。 こう次から次へと、なんでもかんでもなくなってしまうとnaddist発行 のテンションも下がってしまいます・・・。 新たな「ネオ・ナディズム」の勃興を祈願してお送りします。 西灘劇場よ!サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ

==========================サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ…西灘劇場

■サヨナラ、サヨナラ、サヨナラ…西灘劇場

              TEXT:naddist

「灘区役所の移転でいよいよ灘の中心が六甲道にうつりますね・・・ naddistさん、気に食わないでしょう(笑)」

最近、よく聞かれる質問である。

「いやいや、naddistは全灘区を愛していますから」 「またまたぁ、そんなエセ市会議員みたいなこと言って!  最近のnaddistのネタは『右寄り』ですよ。」 「実は・・・正直いって最近の灘区の『左傾化』は危険だと思って るんですよ・・・で、naddistとしてはバランスをとるためにあえて 右寄りのネタが多くなっているかもしれませんね、アハハハ・・・」

て、ことにしている。 つまり古い街と新しい街がいいバランスで混在し、多様なライフスタ イルの選択肢があってこその「豊かな街〜灘区」なのだ。 どちらかに重心が偏ることは灘区を全体としてみた時、豊かな街性を スポイルすることになる。

naddistでいう「右寄り」とは都賀川「右岸」に重点をおいたネタの ことを指す。逆に都賀川「左岸」、六甲道ヌーベルバーグを中心 としたネタを「左寄り」のネタと呼ぶ。灘区は「小泉製麻の壁崩壊」 以降、従来からの「南北問題」にプラスして、この都賀川右岸派と 左岸派という「東西冷戦」も問題になってきつつある。 ということで今回も「右寄り」のネタである。 お許し願いたい。

新聞の「映画案内」の東神戸欄を見ていただきたい。 ほとんどが六アイ「MOVIX六甲」のシネコン系の案内だが、その横に 小さなマスがあり、 「12人の怒れる男」 「草ぶきの学校」 など、文学的な映画タイトルが並んでいる。 また、その横には 「馬を愛した牧場娘」 「和服妻陵辱」 など、頽廃的なタイトルが並ぶ。

ここが、灘、いや神戸が誇る映画の殿堂「西灘劇場」と「西灘シネマ」 である。 まさに「聖」と「俗」が背中合わせの空間なのだ。

ここで、灘区の映画館の歴史をおさらいしておこう。 かつて灘区内には14館の映画館や芝居小屋があった。 六甲道には「六甲映画劇場」や谷ナオミ特集などユニークな企画でファン も多かった「六甲東映」があった。 河原にあったのは、灘区の青少年の聖地「富士映劇(元の神国キネマ)」 中でも水道筋界隈の映画館・劇場率は異常で 西から「中央劇場(現マルハチ)」「中村座」「西灘東映」「西灘第一」 「西灘第二」「摩耶劇場」「灘映劇」「灘松竹」・・・ 実に8軒もの劇場が軒を連ね「東の新開地」ともよばれ、「映画の街コウ ベ」の名に恥じない一大アミューズメントゾーンであった。

この中の西灘第一・第二が生き延び、西灘劇場・シネマになった。

私の映画初体験はこの「灘の映画館」だったかもしれない。 たぶん東映まんがまつりの「仮面ライダー対地獄大使」だった・・・と 思う。いや「ゴジラ対ヘドラ」かもしれない。 うーん、宮崎駿の「パンダコパンダ」はどこでみたんだっケ? そう、映画の内容はあまり覚えていない。 とにかく、暗い映画館に「市場に買い物行ってくるから映画みててね」 と放り込まれ、劇場いっぱいの子ども達の中で、しかも座れなくて通路 で「TV見る方がいいのに・・・」などと思いながら映画を眺めた、 そんな映画館だった。

「西灘劇場・シネマ」の北側には界隈で有名な駄菓子屋があった。 いや、今でもある。 駄菓子屋というより昔は模型屋だったと思う。 狭い店内にはぎっしりとプラモデルがあった。 床もぎしぎし鳴った。 小さなディスプレイには、コンバットや戦車、フランケンシュタインの 完成模型が並んでいた。 そして不思議なおばさんから「今井のロボダッチ」や「戦艦摩耶」や 「マブチモーター」などを買った。 プラモデルの蓋を開けると、猫の匂いがした。

そんな「西灘劇場・シネマ」を核とするナゴミ系商業施設群をnaddist では「昭和の灘コンプレックス=ナダコン」と呼んでいた。

単に「懐かしい」というだけでなく、このナダコンを休日の灘スロー ライフに組み込む灘人は多い。 映画を見て市場で買い物して駄菓子屋やペットショップを冷やかして、 灘温泉に入って、船越で串かつ食べて帰る・・・ まさに「街ぐるみ下駄履きアミューズメント」である。

「お?面白そうな映画やってるな…見ていこ」 こんな散歩がてら寄れることができる気軽さが、この劇場のチャーム ポイントだった。

ただ、たくさんの人が西灘劇場に詰め掛ける・・・ということはない。 せいぜい「アンパンマン」が上映される時、昔日の活気を取り戻した。 そんな西灘劇場は「プライベートシアター」とも呼べる空間だった。 例えば300席近い客席にお客が5人。 でかい頭の輩を気にすることなく、ビデをを借りるのがばかばかしく なるほど、思う存分映画を楽しめることが出来たのだ。 しかし、反面 「こんなんでやっていけるんかいな?」 という不安を感じたのも確かだった。 いつもそんな不安を感じながら、西灘劇場に通った。

そんなある日だった。

劇場の前に一枚の貼り紙がされていた。

          西灘劇場閉館のご挨拶

 いつも西灘劇場をご愛顧いただきまして誠にありがとうございます。 諸般の事情により、5月31日(月)をもちまして、閉館することに なりました。  53年間と言う長い間続けられましたのも、お客様からの愛情と、 関係者各位のご協力の賜物であると、心より感謝しております。  最後に、西灘劇場より皆様への感謝の気持ちとしまして、映画史に 残る名作、傑作をお贈りいたします。西灘劇場の最後に、一人でも多く の方に見に来ていただけることを願っております。

53年間本当にありがとうございました。

うそ・・・・・?

西灘劇場がなくなる・・・・・

灘区から映画館がなくなる・・・・・

あまりにも突然だった。 灘駅舎がなくなるショックから立ち直りかけていた矢先の、悲しい 知らせだった。 時同じくして、ナダコンの一角をしめていた「ペットショップサバンナ」 が閉店した。 まるで西灘劇場の人生にあわせるかようなタイミングだった。

もう少しなんとか応援できなかったものか。 ナダクミンとして何も手を打てなかったのが悔しかった。

「西灘劇場最後の晩餐」となづけられた、最終上映プログラムを眺めた。 第一週にテリー・ギリアムの傑作、未来世紀のお間抜けな「未来都市」 を描いた『未来世紀ブラジル』があった。 「未来世紀ナダ」を憂慮しつつ、その役目を終えていく西灘劇場らしい 街への痛烈な批判が込められたプログラムだと思った。

都賀川左岸方面から吹く、左寄りの新緑の風にのって、 あの、陽気な主題歌『ブラジル』が鳴り響いてくるような気がした。

                          (おしまい)

※西灘劇場最終上映「最後の晩餐」のプログラムは  下記naddist NEWSで。

================================================================

naddistに頂いた、皆さんからのご意見ご感想や灘情報をご紹介する 「なだっちゅーの!」を、お送りいたします。 メールを下さった皆様、ありがとうございました。                →投稿はpostmaster@naddist.jpまで

=============================================なだっちゅーの!149

★★★「西灘劇場・シネマ閉館」につきまして、読者の方からメールを    いただいておりますので、ご紹介いたします。    ひきつづきメールを募集しております。

●TERA様(元クミン)

本当ですか?西灘劇場・シネマの閉館。 もし本当ならとても残念です。

私にとっての西灘劇場・シネマの思い出は本当にたくさんあって何から 書いたらいいのか悩んでしまいますが、思いつくままに書きます。 私がかすかに憶えているのは山手幹線の南側にあったように思います。 (違っていたらすいません。)そこが残念な事に火事で燃えてしまって 現在の場所(厳密にはもうちょっとだけ西だったようにも思うのですが) に出来たように思います。ただその頃の名前はこれも良く憶えていない のですが「西灘東映・・・」とか言ってませんでしたでしょうか。 その頃私は春休みとか夏休みになると上映されていた、「東映まんが 祭り」を楽しみに見に行っていた事を良く憶えています。 そしてもう少し後になると、小学校の友達のM脇君のおじいさんが映画館 の社長だと聞き、M脇君と一緒に行ったらタダで入れると言って何回か 一緒に行ったように思います。 (M脇君は嫌そうだったような記憶があります。)

それからどれくらい経っていたのか憶えていないのですが、現在の西灘 劇場・シネマになってしまってました。 現在の西灘劇場・シネマになってからは一回だけ行った記憶があるので すが、何を見たのかは憶えていません。 H系ではなかったように思います。ただ、劇場とシネマはもちろん別の 映画を上映しているので、入場料はそれぞれ必要なのですが、どうやっ て移ったのかも憶えていないのですが、両方見たのです。 その時はすごい得をした気分でした。 でも後から少し罪悪感があったのですが、それから映画を見に行く事も 無く今まで時間は過ぎてしまっていました。

本当に閉館されてしまうのでしたら、それまでにもう一回見に行って あの時の「ズル」を心の中で謝りたいと思っています。 あと約一ヶ月ですね。是非行きたいと思います。 それにしても残念です。

     そうそう「西灘劇場・シネマ」は受付が共通なんですよね。   「子どもはまんが、父ちゃんポルノ、右と左に泣き別れ!ガハハ!」   東畑原市場の豆腐屋さんが、そう言っていました。   確かに両方見ることも可能だったようです。   --------------------------------------------------------nad

●ブレンダ様(西郷クミン)

西灘シネマ、本当に残念です。 思い出をひとつ、、、。

わたしが小学校低学年のころ。三姉妹で「ドラえもん のびたの恐竜」 (だったと思います)を観に行きました。 父の運転する「ルーチェ」で送ってもらったことを覚えています。 初めての姉妹だけでの映画鑑賞に、胸をどきどきさせていました。 そして入り口のおねえちゃんに「帰りに迎えに来るから、この子ら頼む で」と言い残し、父は帰って行きました。 「ドラえもん」以外、何が上映されていたかは全く覚えていないのです が、2本立てだったと記憶しています。 「ドラえもん」が終わり、2本目、、、、ふと気付くと、私たち姉妹 以外にお客さんはいませんでした。 そう、映写室のおじさんは、私たちのためだけに、フィルムを廻し続け てくれていたのです。 子供ながらに気を使い、2本目途中で映画館を後にしました。私たちが 出ると共に真っ暗になった映画館、、、。 これがわたしの西灘シネマの思い出です。 閉館までに、ぜひ一度行きたいと思います。

  「ルーチェで西灘劇場」かなりお洒落です。   それと、やっぱり、誰もみていない時はフィルムとめるんだ・・・   う〜ん、なんか複雑です。   --------------------------------------------------------nad

●灘に戻りたいクミンのDana@京都様

そうです。西灘劇場・シネマです。 幼きころからずっとあそこはエロ映画のみをやる映画館だと信じてました。 普通の(しかもよさげな)映画やってるやん!なに、西灘シネマと西灘 劇場があるのか?と、気づいたのはいつのことだったでしょう・・。 あのあたりをうろうろとする度に、クミンとして、一度は行かねば ならないと思っておりました。 灘の超マイナー劇場、「劇団道化座アトリエ」にまで行ったことがある のに、西灘シネマに行ってないとはクミンとして恥ずかしい! と思っておりました。。

が・・機会なく・・・。 閉館ですか・・。 がっくり。。。

たいそう無念です。 GWにでも実家に戻って行きます。。 そしてハイジで鬼ほど甘いケーキを買って・・京都に戻ります。。

余談ですが、私が住む京都も映画館が次々にしまり、シネコン化されて いっています。私のツレアイ(映画関係者)は「座席指定がゆるせん! 耐えられない!」と行ってシネコンに行く度に映画の感想そっちのけで 怒っています。。 大阪の小劇場の相次ぐ閉鎖と共に、映画・演劇文化を憂う今日この頃 です。。

  西灘劇場・シネマが閉館して神戸の「街の映画館」は壊滅ですね。   あと、残っているのは湊川のパルシネマくらいかなあ。   三宮のアサヒシネマも5月31日で閉館なんですね。   あとはシネコンばっか・・・悲しいことです。   --------------------------------------------------------nad

★★★いよいよ灘の中・山手はだんじりの季節になりました!    地車情報をいただきました。

●乾 様(篠原厳島神社中老会副会長) 

はじめまして 4月7日の新聞記事を拝見しました。 私も神戸市灘区に生まれて40余年になります。 メールマガジンを配信いただけたらと思いメールしました。 私は、篠原中町在住で氏神様の篠原厳島神社のお祭りのお手伝いをして います。 来月は、 5月3日 地車巡航 5月4日 宵宮祭 5月5日 猿田彦、お神輿お渡りの春季大祭と 5月9日 灘の地車祭り と行事があります。

いつか機会があれば紹介していただければ幸いです。 篠原厳島神社では今年、神社のパンフレットが出来上りお配りする予定 です。

  篠原のあの巨大なだんじりの運行、毎年ご苦労様です。   厳島神社情報をいただきました。   なお、五毛天神の春祭も開催されます。   5月2日(日) 宵宮   5月3日(祝) 大祭(篠原も参加します)   5月3日は五毛、上野、畑原、篠原の4だんじりが揃います。   天神筋の坂道を4台の地車が次々登っていく宮入は感動的です。   まだご覧になっていない方は是非ともご覧ください。   5月9日のだんじりパレードは五毛、上野、畑原、篠原、都賀、   八幡の6だんじりが揃います。   --------------------------------------------------------nad

★★★水道筋ライブ情報をいただきました。

●水道筋の走り屋様(ず〜とクミン)

今日は、水道筋6丁目の初イベント!! フリーマーケットのお知らせと、ライブ情報をお知らせいたします。

来たる5月5日水道筋6丁目商店街で初のイベント、フリーマーケット が開催されます。そこでライブを行ないます。 コーラスあり、JAZZあり、POPSありでお届けしたいと思ってい ます。是非是非、来てください。

日時:5月5日 場所:水道筋6丁目 携帯ショップ サイバーランドの前 時間:午前10:30〜午後16:30 出演アーティスト:姫野 章生(シンガーソングライター)         :JO-JO(コーラス)         :じんけ(シンガーソングライター)         :鈴木 イチロー&橘 たかし(ギターデュオ) (なお、チップ制ではありますがオリジナルCDも発売しておりますので  気に入られた方は、CDもどうぞ!!)

続きましていつものライブ情報ですぅ〜〜〜。

ライブ 1 場所:ライブなお店『マンボウ』(東畑原市場北) 時間:5月15日と5月22日    19:30から2ステージ!! チャージ:1ドリンク付きで¥2000− 両日とも上記の内容で行ないます。

ライブ 2 場所:GOGOライブ居酒屋『ばらがき』(天神筋阪急踏切南) 時間:5月7日と5月21日    20:00から2ステージ!! チャージ無しで、チップ制です。 心ゆくまで、JAZZをお楽しみください。

  水道筋6丁目は昨年末のナダナリエ(ルミナリエ灘版)といい   今回のフリマといい、若手ががんばっているようですね。   皆さん、覗いてみてあげてください。   --------------------------------------------------------nad

================================================================ ●           naddist NEWS             ● ================================================================

●  西灘劇場・シネマ閉館 灘区の映画の灯 ついに消える   ●

いよいよ西灘劇場・シネマが閉館します。 で、最終上映のご案内です。 なかなか劇場では見られない名作ぞろいです。 昔訪れたことのあるクミンの皆様。行こうではありませんか! まだ訪れたことのないクミンの皆様。行かなければなりません! 新しく灘区に来られたクミンの皆様。是非行ってください! みんなで西灘劇場の最後の作品を楽しみましょう!

「西灘劇場最後の晩餐  〜映画はいいもんだよ。多分最高のものだ。           いい映画は決して滅びない〜(チラシより)」

1st 5月8日(土)〜5月13日(水)    『スタンド・バイ・ミー』(86 アメリカ)    『ギルバート・グレイプ』(93 アメリカ)    『未来世紀ブラジル』(85 アメリカイギリス合作)

2st 5月14日(金)〜5月19日(水)    『お熱いのがお好き』(59 アメリカ)    『アパートの鍵貸します』(60 アメリカ)    『アニー・ホール』(77 アメリカ)

3st 5月20日(木)〜5月25日(火)    『レイジング・ブル』(80 アメリカ)    『ロング・グッドバイ』(73 アメリカ)    『キッズ・リターン』(96 日本)

4st 5月26日(水)〜5月31日(月)    『さらば、わが愛 覇王別姫』(93 香港)    『恋する惑星(日本での最終上映になります)』(94 香港)

5月8日〜31日の期間中 当日1本券  500円   2本券  800円   3本券 1000円(!)

詳しいプログラムは西灘劇場にあります。

またプログラムは http://www.sunsun.info/html/index.html の「姉妹館のご案内〜NISHINADA」でも確認できます。

・西灘劇場 阪急王子公園駅より東に徒歩10分程度 市バス(石屋川行き)水道筋3丁目下車スグ 市バス(三宮行き)水道筋1丁目下車スグ

  ●    「灘駅弁」がホームページで紹介されました      ●

4月3日(土)に限定百食を販売した灘駅弁ですが、当日購入された 読者の神戸ポートさんのホームページで大々的に紹介していただきました。 しかも、各メニューのレポートまでついてます! 神戸ポートさんありがとうございました!

「灘駅弁プロジェクト」 http://homepage2.nifty.com/kobeport/sansaku/nada/nadaekiben.html

================================================================

naddist発行の「篠原のだんじりじいさん」は皆様からのメールです。 お気軽に「町話」「感想」お寄せ下さい。

naddistへ、ご意見ご感想、情報メールをお送り頂く時は、 ・「なだっちゅーの」(読者お便りコーナー)への転載の可否 ・転載の条件(匿名希望、ハンドル名等、URL載せる事も可能です) ・現在住んでいる所(もしよろしければ) ・灘区との関わり(適当につけて下さい) (例)元クミン:元灘区在住    現クミン:現灘区在住    (クミン=区民ではないので、他地区の方大歓迎) 等を明記して頂ければ幸いです。

---------------------------------------------------------------- 西灘劇場では「懐かしのパンフレット」も絶賛発売中!です。 ----------------------------------------------------------------

ご意見ご感想は postmaster@naddist.jp までお願いします。 ---------------------------------------------------------------- naddist [Kapsel naddism] 0000009510

produced by "naddism Edit."(@parabolart) e-mail "postmaster@naddist.jp" ----------------------------------------------------------------


TrackBacks

このコメントのRSS

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

22 queries. 0.068 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress