naddism 登録・解除

ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
naddist カレンダー
2004年 1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
naddist 月別過去ログ
naddist カテゴリ一覧
最新の灘イベント情報
予定なし


2004年1月30日(金曜日)

[naddist 030130-175]北緯34度42分54秒13の湯【秘湯の旅07】

カテゴリー: - nada @ 09時57分40秒
...n  a  d  d  i  s  t
...040130-175
...
...naddism Edit.

■CONTENTS======================================================

・灘秘湯の旅07      ▼北緯34度42分54秒13の湯 ・六甲道の村(ソン)だより02      ▼八幡神社・厄神さんに行って来ました      ▼JR六甲道なごみのワンポイント ・灘駅爺さんへのラブレター【期間限定コーナー】 ・なだっちゅーの!142      ▼福住渓谷の想い出      ▼オーストラリアでケンコーマヨネーズ ・naddist NEWS(naddistからのお知らせ)      ▼「naddist懺悔の部屋」投稿募集      ▼読者アンケートもうすぐ締めきり      ▼naddistアドレス変更のお知らせ      ▼2月のnaddist発行予定

================================================================

寒くなったり暖かくなったり、お体ご自愛くださいね。 さて、今回お送りする「灘秘湯の旅」は灘の風呂屋を「うさぎ君」が 色気なくレポートするシリーズ。 今回は灘最北端のほっとする銭湯をご紹介いたします。

======================================Seacret Spa in NADA 07

■北緯34度42分54秒13の湯

                         TEXT:naddist

「冬型の気圧配置が強まり、この冬最大の寒波がやってきます。」 こんな天気予報が流れる夜。 キンキンに冷えた空気で、耳がパリパリに凍りそうな夜。 下手したら国体道路あたりで、耳が銀杏の枝にひっかってそのままもげ そうな、そんなウランバートルな夜。 そんな夜に出かけたくなる、灘な場所。 「バカだねぇ…風邪引くョ」 なんて言われようが、こんな夜だからこそ楽しめる場所があります。

さあ、今宵も出かけることにしましょう。 灘は坂の街です。ということで北へ向かえば高度があがります。 JRを越えれば1℃、ヤマカンを越えればまた1℃。 確実に気温が下がります。 そして、ベルグで1℃、阪急で1℃、灘宝文館を越えようものならまた 1℃、灘の冷気は確実にあなたの体温を奪っていきます。つっかけで外 に出てしまったあなたの足の親指は、畑原通あたりで凍傷になりかける でしょう。赤坂通であなたの顔は植村直己のように真っ赤になるかもし れません。

「隊長ッ!もう、歩けません!」 「何を言っているんだッ!さあ立てッ!」 こんな台詞で寒気をまぎらわせながら、さらに北へ向かいます。

「隊長ッ…睡魔が…もうだめです…」 「寝るんじゃない!もう上野通まできたんだ!あと少しだ!頑張れ!」 冷たい冷たい摩耶おろしに逆らって、さらに北へ向かいます。 ここのふんばりが、後の楽しさにつながるのです。 寒さで頭がクラクラしかける寸前、暖かい灯りが視界に入るはずです。

「おいッ!灯りが見えたぞ!助かったんだぞ!」 「た、助かった…」

五毛温泉。 北緯34度42分54秒13。 桜ヶ丘温泉、国玉湯、青谷温泉なき今、灘区内に現存する最北端、 最高峰の銭湯です。

夜霧の中、誇らし気にライトアップされたその建物は、鉄筋コンクリー ト造。といっても豆腐のよう建物ではなく、なんとも味のあるデザイン。 灘北部の風雪に耐えたその躯体は、たくましい山男のよう。 区内では珍しい木製建具の玄関を入ると、番台です。

「いらっしゃ〜い」

あったかい脱衣室が冷えきったあなたの体を急速に暖めてくれます。 高い天井からは昭和なシャンデリア。 鏡の上部にはステンドグラス風の装飾。 脱衣室では先客達が、今日の灘北部の厳しい自然を語りあっています。 「今日は厳しかったねぇ…」 灘北部の男達は多くを語りません。 その言葉の行間に彼等の生きざまが感じられます。

そそくさと脱衣を済ませ、浴室へと向かいます。 その小さなスケール感は正に「山奥の秘湯」といった風情です。 小さな浴槽が3つ。 さすがに灘最高地点の湯。タイルの絵が全て高山植物「風」です。 洗い場のタイルは、エーデルワイス「風」。 「ピーポピー ピーポピー ピーポピピピ ピーピー…」 思わずアルト笛で「エーデルワイス」を演奏したくなります。 鏡広告も「折詰め 仕出し 『ひょっとこ』」など、極北な店鋪広告が 最果て感を盛り上げてくれます。 そして「今日の湯」の浴槽に目をやると…。 「今日の湯は『登別温泉』です」 さすが。入浴剤の選択にも区内最北銭湯のこだわりがいきわたっています。 ビバノンノンと体を暖めた後、サウナへ向かいます。 ここのサウナはスチームです。 最近ドライなサウナが増える中、スチームは嬉しい。 もちろんタイル絵は…高山植物「風」です。抜かりはない。 スチームサウナの良い所は、あの「せせらぎ音」です。 人によっては「水洗便所の音みたい」という人もいるかもしれませんが、 ここは灘区最高地点の湯です。 「雪渓に流れる小さなせせらぎ音」に聞こえるから不思議です。

サウナの後はもちろん水風呂。 …待ってください! 心臓に不安にある方!入らない方が無難です。 灘区最高峰、最北端の水風呂です。 しかも今夜は、大寒波襲来でヒエヒエの夜なのです。 冷たさは半端じゃありません。 「1、2、3、4…ひえっ〜!」 1分で失神確実です。 でも、これも「山の秘湯」の醍醐味。適当に楽しんでください。

十分にあったまって、脱衣所でくつろぎの一時を過ごします。 低緯度銭湯のデイリースポーツに変わって「日経の夕刊」があるなど、 高緯度な仕掛けも嬉しいところです。でも「フライデーの袋とじ」が ていねいにあけられたりしていて、硬派な山男達の人間的な側面も 感じることができます。

心も体もあったまったら、いよいよ下山です。

「ありがとう!あったまりました!」 「ありがとうございました!お気をつけて!」

外は北風ぴゅーぴゅー極寒の灘北部。 でも不思議と寒くありません。

「娘さん〜良く聞〜けよ、『灘男』にゃ惚〜れるなよ〜」

そんな唄を口ずさみながら、坂道を下ります。 澄み切った冷気越しの、眼下に広がる摩耶埠頭の美しい夜景。 風呂上がり定番のビールは今日は似合いません。 そうですね… とっておきのラムでもって「ホット・バター・ド・ラム」あたりを キューっとやって。

おやすみなさい…。

                          (つづく)

シャバダバシャバダバシャバダバシャバダバシャバダバシャバダバ

名称は:五毛温泉 場所は:上野通3丁目 特徴は:レトロモダンな外観 キュートな明朝体看板     エーデルワイスな絵タイル 効能は:山小屋の湯系ポカポカ効果 営業は:14時30分から23時30分     毎週月曜日定休

シャバダバシャバダバシャバダバシャバダバシャバダバシャバダバ

================================================================

前号から始まった新連載ミニミニコーナー「六甲道の村(ソン)だより」 です。取材、執筆は六甲道愛にあふれる読者、ぴよさん(六甲クミン)。 阪急六甲〜JR六甲道界隈の「新しくて古いのどかな村(ソン)の風景」 を、毎回ちょっぴりずつお届けします。 それではぴよさんよろしくでっす!

=============================================六甲道の村だより02

TEXT:ぴよ

■八幡神社・厄神さんに行って来ました

1月の19日に「厄神大祭」にいってきました。 六甲の守神である八幡神社のメインのお祭り、通称「厄神さん」です。 阪急六甲からショートカットで行こうと言う話もでたのですが、 ここはやはり参道を通って・・・ということで、宮前商店街を 北上し、新しく出来たピカピカの鳥居をくぐってお参りしてきました。 毎度のことながら、厄神さんの屋台は豪華です。 ドングリ飴にリンゴ飴はもちろんのこと、張り子の人形やでんでん太鼓 のかわいらしいこと・・・! 射的の景品も気になりつつ、くじ引きの「生茶パンダ」に心引かれたり ・・・お祭りモードの高まる中、お賽銭をなげて、おみくじを引いて テンションは高まります・・・ と思ったら、何故かおみくじの結果は最悪・・・(涙) 気をとりなおし脇道をそれて、お稲荷さんにもおまいりしました。 例年のごとくアツアツの串ダンゴを食べて、ほっこり・・・ 足元の寒さも少しこたえて来た所で家路につきました。 「さむーい!!」って言いながら、明るい屋台をみて心は暖か。 やっぱり厄神さんは六甲の大切なお祭りです。

■JR六甲道なごみのワンポイント

JR西日本御自慢の「イコカ」も導入され、日々デジタル化がすすむ六甲 道ですが、なごみのワンポイントがあります。 電車が着くと、大人数の人々が通り過ぎる自動改札機。 そこに手芸ちっくなユキダルマが置いてあるのをご存知でしょうか・・ また、夏には荷造りロープで作られたような、お魚がぶら下がってたり します。 「そろそろ冬やなぁ〜 ユキダルマ飾ろか」 なんて言いつつ新人駅員さんが取り付けてるのでしょうか・・・

         [それではまた次号まで、ごきげんよろしゅう。]

================================================================

前号でご紹介した灘駅プロジェクト第一弾 「灘駅爺さんへのラブレター」ですが、そんなに集まっていません。 ガクッ・・・ うーむ、やっぱりどうなってもいいのね、みんなは。 (ま、このあたりのクールさが灘クミンなのですが) 夜風が身にしみらぁ・・・ てことで少ない中からいただいた「ラブレター」ご紹介します。 まだ募集していますのでよろしくね。                →投稿はpostmaster@naddist.jpまで

========================================灘駅爺さんへのラブレター

●大塚様(明石クミン)

新聞見ました。あの駅好きです。 あの小振りなサイズと、ころっとしたプロポーションがたまらん。 駅舎とは関係ないけど、ホームにおりる階段の壁についてる『なだ』て 書いた、ホーロー引きの駅名票も好き。

●DECO様(ふたたび学びクミン)

灘駅と東灘の摂津本山駅は、 「残された姉妹駅」という感じがするのは私だけでしょうか。 橋上化後も、あの場所に何らかの記憶を留めたいものです。

●たん吉様(出戻りクミン)

長年使い慣れた者としては、あの雰囲気を残した上での改築であってほ しいです。 さらに、現在使われている建材についても、再利用(もしくは移築?) の道を考えてほしいと思います。 灘駅が変わってしまうと、ノスタルジック駅舎は、もはや東灘区の摂津 本山と西宮の甲子園口だけに(思いつく限りですが)なってしまいます。 灘駅さんには、階段で転落し、今の黒いゴムを付けるきっかけを作って しまった身でもあり、改築そのものには賛成(せざるを得ない)です。

●相澤様(学びクミン&見習いクミン)

「木造の階段」の味わいとか、ホーム北側の赤茶けた石垣なんかは、 なんだかとても捨てがたいものがありますね。 橋上化されたら、あれらもなくなっちゃうんですかねぇ。 ちなみに、JR住吉駅をイメージしてみると、駅構内にお店がたくさん できるんでしょうか。 そうなると、地元の商店街は困るのではないかしら、と思うのですが、 どんなもんなんでしょうね。 それとも、むしろ阪急六甲的陸橋をイメージすべきなんでしょうか。

================================================================

naddistに頂いた、皆さんからのご意見ご感想や灘情報をご紹介する 「なだっちゅーの!」を、お送りいたします。 メールを下さった皆様、ありがとうございました。

=============================================なだっちゅーの!142

[naddist 031216-172]灘の細道14でお送りいたしました「福住渓谷」 に関しましてメールをいただきましたので、ご紹介いたします。

●匿名希望様(生まれも育ちも灘クミン)

福住渓谷。あそこには色々な想い出が…。 18〜19年前、水道筋アーケードの西端に一件(確か名前はレジャー センター)、少し出た所に二件のゲームセンターがありました(名前は 失念)。 小学生の頃、そのゲームセンターに出入りしていた我々西郷小軍団は、 コインゲームにはまっており、小学生の僅かながらの小遣いで細々と楽 しんでおりました。 しかしその中の悪いヤツが「コインをだまし取ろう」と言い出し、店員 にお店のコイン預かり台帳を見せてもらって「これが僕です」とかいい 加減な人の名前を偽ってコインをだまし取り始めたのです。 数日間は上手くいったのですが、とある日にだまし取った本人が来店し ていてその事が発覚!相手はどうみても中学生なので 「これは確実にしばかれる!」と悟った私達は蜘蛛の子を散らす勢いで 店を飛び出し、血相を変えながら全速力で方々に散らばって行きました。 もう大丈夫だろうとふと後ろを振り返ると、なぜかその中学生は私を 追って来ているのです!私は全速で逃げ、なんとか相手を撒いて「福住 渓谷」辺りに潜んでおりました。それはもう暗くなるまで…。 それ以来、その辺りには行かなくなりました。 今でもあの辺りを歩くとその事が思い出されます…トラウマ??? っていうかもう時効ですよね…(汗)

     カミングアウトありがとうございました。   福住渓谷の正式な河川名称は「盗人川」   コインをだまし取って福住渓谷に隠れる、で、川の名前が盗人川。   オチまでついて、なんかこう心にジンと響くすばらしい灘話です。   もう時効ですよね。あのゲーセンもなくなったし。   あ、そうだ、こんなコーナーはいかがですか?   昔の灘での悪事をnaddist誌上で懺悔するコーナー。   題して「naddist懺悔の部屋」   あなたの灘の懺悔話を募集いたします。   詳しくは下記naddistニュースで。     --------------------------------------------------------nad

●健康一番様(出戻りクミン)

現在、オーストラリアのパースというところにいるのですが、そこの アジア系食料品店で、「ケンコーマヨネーズ1kg」を発見しました。 それ以外でも、カナダやニュージーランドの日本食料品店で、 「ケンコーマヨネーズ」を見かけた記憶があります。キューピーよりも かなり割安です。ありがたいことです。

  ゲ、ゲッ〜!オーストラリアでケンコーっすか!   カナダで「灘区都通」すっか!   しかも1kgっすか!   やっぱり摩耶埠頭から直輸出っすか!?   う〜む、恐るべし灘印。   海外で灘印発見は初めてです。情報ありがとうございました。   ケンコーマヨネーズ灘印良品担当のツナさん(略してツナマヨ…   ごめんなさい)にも伝えておきます。   というか、本当に全世界に灘クミンがいらっしゃるのですね。   グローバルなのかローカルなのかよくわかんなくなります(笑)   --------------------------------------------------------nad

================================================================ ●           naddist NEWS             ● ================================================================

●       「naddist懺悔の部屋」投稿募集        ●

今はシラッと生きてるそこのあなた!灘で悪い事してたでしょう! 海星のマリアも天上寺のマーヤもお見通しなのです! 罪多き灘人達よ。 あやまりなさい…駄菓子屋のばあさんの目を盗んで「プロ野球カード」 を盗んだ事。 あやまりなさい…イケア六甲で青と黄のボールを盗んだ事。 あやまりなさい…串かつ屋で串を隠して勘定をごまかしたこと。 あやまりなさい…ゲーセンでライターの部品を使ってインベーダーを リセットして遊んだ事。  祈りなさい、そして灘の街に深く懺悔しなさい!

…コンナンデマシタケド〜 という感じで今だから話せる、皆さんのかつての悪事を募集します。 「naddist懺悔の部屋」で懺悔してスッキリしましょう! ただし、 「昔、誰某を摩耶埠頭に沈めました!ごめんなさい」 「誰某を殺ったのは私です。ごめんなさい」 みたいなのは掲載できない可能性がありますのでご了承下さい。

               →投稿はpostmaster@naddist.jpまで

●        読者アンケートもうすぐ締めきり       ●

昨年末にお送りいたしました、年末アンケートにご協力いただきました 皆様、ありがとうございます。 アンケート締めきりは1月末日です。プレゼントもありますので どしどしお寄せください。お待ちしております。 (アンケートひな形は[naddist 031231-173]に掲載)

●        naddistアドレス変更のお知らせ        ●

naddist専用のアドレスを作りました。 以前のアドレスでも受信できますが、naddist関係のおたよりはこちら のアドレスへお送りいただければ幸いです。

新アドレス:postmaster@naddist.jp

  ●          2月のnaddist発行予定          ●

2月のnaddistはアンケート発表(クセイ調査2003)があるので、 変則的に10日に一回発行にさせていただきます。 久々の0のつく日発行になりますよ。よろしくお願いいたします。

================================================================

naddist発行の「メイン六甲30周年!」は皆様からのメールです。 お気軽に「町話」「感想」お寄せ下さい。

naddistへ、ご意見ご感想、情報メールをお送り頂く時は、 ・「なだっちゅーの」(読者お便りコーナー)への転載の可否 ・転載の条件(匿名希望、ハンドル名等、URL載せる事も可能です) ・現在住んでいる所(もしよろしければ) ・灘区との関わり(適当につけて下さい) (例)元クミン:元灘区在住    現クミン:現灘区在住    (クミン=区民ではないので、他地区の方大歓迎) 等を明記して頂ければ幸いです。

---------------------------------------------------------------- 五毛温泉の前は五毛地車(だんじり)の休憩場所にもなってますって。 ----------------------------------------------------------------

ご意見ご感想は postmaster@naddist.jp までお願いします。 ---------------------------------------------------------------- naddist [Kapsel naddism] 0000009510

produced by "naddism Edit."(@parabolart) e-mail "postmaster@naddist.jp" ----------------------------------------------------------------


2004年1月15日(木曜日)

[naddist 040115-174]極西国境トンネル【灘の細道 16】

カテゴリー: - nada @ 09時58分24秒
...n  a  d  d  i  s  t
...040115-174
...
...naddism Edit.

■CONTENTS======================================================

・灘の細道16      ▼極西国境トンネル    ・【新連載】六甲道の村(ソン)だより01      ▼六甲の湧き水      ▼カマボコの老舗「かねふく」の年末商戦 ・なだっちゅーの!141      ▼成徳小学校区を忘れちゃ困る!      ▼神戸灘 吟醸こく味カレー? ・naddist NEWS(naddistからのお知らせ)      ▼もうサヨナラとは言わせない。灘駅再生プロジェクト      ▼読者アンケートまだまだ受け付け中で〜す!      ▼さよなら孫悟空      ▼朝から灘区が全国区

================================================================

まいどnaddistご購読いただきましてありがとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。 新年第一号は初心に戻って懐かしの「7:20発信」でお送りします。 さて、本当は久々の六甲道ネタでアンニュイかつちょっぴりウェルビー なスタートを切る予定でしたが、急遽差しかえでお送りする灘駅近辺の 「灘の細道〜第16話」。だって新聞に載っちゃったし。 関連ニュープロジェクトもよろしくってなもんです。

===================================================== 灘の細道16

■極西国境トンネル

                         TEXT:naddist

今年も灘の街では「灘いろはかるた」に興じる灘っ子たちの嬌声で 年があけます。

「開かずの踏切六甲道・・・」

「あ、あ、あ・・・はいっ!」

「まわるまわるよ十国が・・・」

「ま、ま、ま・・・はいっ!」

「こがらしぴゅーぴゅー桜口・・・」

「こ、こ、こ・・・はいっ!」

「南北分断国鉄灘駅・・・」

「な、な、な・・・え〜なんかへん〜字あまりやし〜!」 「ほんまや〜このふだ変〜!漢字ばっかりやし〜!」 「なんか政治的意図が感じられるし〜かわいくないし〜!」 「お父さん!『なんぼくぶんだん』ってどういう意味?」 「そ、それは…原田村から岩屋村へ抜けるのに灘駅があるから抜けられ へんいうこっちゃ…タカバシ渡ったら遠回りやろ…そういうこっちゃ… お父さんが小さいころは駅員さんに言うたら通してもらえたんやけど、 JRになってからは…」 「そんなことせんでも『あの道』通ったら抜けれるやん!な!」 「な〜!」

灘駅の西にある『あの道』は、灘駅の北側と南側を結ぶ知る人ぞ知る 貴重なけもの道です。 そして『あの道』は灘区的には極西のファーウエストナダ(FWN)の 国境にあります。

国境の道。 なんてロマンティックなんでしょう! 目と鼻の先はもう葺合区(現中央区)です。 そんな葺合と灘の文化が混ざりあうこの道は、エキゾチックな雰囲気に 満ち満ちています。

ソムリエ田崎真也ならこの国境の風をこう評したでしょう。 「神鋼病院の消毒用アルコールのドライな匂いの中に微かに感じられる ダンロップの豊かなゴムの香り。余韻は春日野商店街のうどんのだしに 使ったいりこの香りがほんのり感じられます」

この道を楽しむには北から南へ抜けるに限ります。 古くは王子動物園にあった関西学院大学、神戸大学の前身である神戸高 商、そして現在も点在する松蔭、海星、葺合高、神戸高などの玄関口で ある灘駅。そのキュートな北口駅舎は、古くからの学園都市・灘の文化 の香りを今に伝える貴重な生き証人であります。 また、近代化が進む神戸市内の駅の中でもエアポケットのような存在感 は、多くのクミンの心の中の風景になっており、正に愛おしい灘の宝物 でもあります。

そんなJR灘駅北口駅舎で豊かな時間の流れに癒された後、北口の駅前広 場を出て少し西へ進みます。 すると唐突に左手に吸い込まれそうになるポイントがあります。 吸い込まれそうな方向を見てみると・・・ 「おむすびころりん」に出てきそうな、長いスロープの先にぽっかり口 を開けた暗闇。 蟻地獄的風景に体がどんどん引っ張られるはずです。

「いや〜ん、行きたくな〜い!」

叫んでみてももう遅いのです。 転げるように暗闇に引っ張られていきます。

もしかして、このまま葺合区に拉致されてしまうのではないか? ということは吾妻小学校か宮本小学校に転校してしまうのではないか? ということは布引中学に行ってしまうのではないか?いや、宮本小は 筒井台中学だったかもしれない! 高校に進学したとしても、最寄り駅が阪神春日野道になったら、毎朝 特急電車の通過をあの狭いホームの手すりにつかまっていなくてはなら ないのではないかっ〜!(注:現在改装中) いや〜ん!上野中学がいい〜!できれば鷹匠中学がいい〜!

叫んでみてももう遅いのです。 あなたは、ずるずる国境のトンネルに引き込まれて行くのです。

アレ〜〜〜〜!!! アレ!?

トンネルの中は意外に明るいのです。 南からの暖かい日ざしがぼんやりトンネル内に広がります。 微かな潮風が鼻腔をくすぐります。 「ゴー!」 新快速が頭上を通過します。 「ガタンガタンガタ〜ン」 貨物列車が頭上を通過します。 「チリンチリン〜ン」 買い物帰りのママチャリが通り過ぎます。 「チリチリチリチリチリ〜ン!!」 スロープで速度が乗った子ども達のチャリンコが通り過ぎます。 「男と女のあい〜だには、深くて暗い川がある〜」 よくわかんない唄を歌いながらおっさんが通ります。

「な〜んだ結構いいエコー効いてる道じゃん。そうだ、なんか歌って歩 こう。この道は国境の道だしな…なんかこうエキゾチック系がいいか… 『みなみ〜にむい〜てる窓をあけ〜』…違うな…『ガンダ〜ラガンダ〜 ラ〜』…違うな…『飛んでイスタ〜ンブ〜ル〜光る砂漠でロ〜ル…』」

そうこうしているうちに、パッと明るい光が差し、トンネルを抜けます。 その瞬間、朝鮮初中級学校の校舎に書かれたハングル文字が目に飛び込 んで来ます。

「ここ…どこなんだ?」

そして通ってきたトンネルの入り口を見ると、世にも不思議な光景を目 にすることでしょう。 トンネルの入り口、向かって左に「中央区割塚通」右側に「灘区岩屋北 町」の住居表示板が貼られています。 つまりトンネルの中心に区境(国境)があるトンネルなのです。 まさにその境界線上をさまよいつつ歩ける道なのです。

国境の長いトンネルを抜けたら… やっぱり国境だったのです。

                          (おしまい)

【極西国境トンネル(岩屋窟)】 岩屋北町7丁目

参考資料:フリーペーパーnaddism1st「灘の穴」 http://parabolart.com/top/items/naddism/index.html

※灘駅がなくなる?!  関連プロジェクトは下記naddistニュースで。

================================================================

「最近六甲道方面の話題が少ないのではないか。welvは一体どうなって いるのか?あの店はどうなっているのか?どこがどうなっているのか てんでわからない!」という声にお答えしてお送りする新連載ミニミニ コーナー「六甲道の村(ソン)だより」です。 取材、執筆は六甲道愛にあふれる読者、ぴよさん(六甲クミン)です。 阪急六甲〜JR六甲道界隈の「新しくて古いのどかな村(ソン)の風景」 を、毎回ちょっぴりずつお届けします。 それではぴよさんよろしくでっす!

=============================================六甲道の村だより01

TEXT:ぴよ

●六甲の湧き水

都市開発が進み、日々姿を変えつつあるウエルブ村・・・ (敢えて村と呼ばせていただきます) その村の中にある三井住友銀行前の歩道に「六甲の湧き水」と名うった、 幅1メートルほどのモニュメントがあります。 (今まで、水が流れているのを見た事はないんですけどね。) 年末のある日2号線から坂道を上って来ると、上のほうから水がチョロ チョロと流れてきてたのです。 不審に思い水の元を辿っていくと、銀行前のマンホールから水が湧いて いました。その側ではあわてふためく、水道局のお兄さん達・・・ 一体何が起こったのかは知りませんが、その坂道の数メートル上で小さ なモニュメントは今日も水を流さずに乾いたまま、たたずんでました。

●カマボコの老舗「かねふく」の年末商戦

おいしい「野菜テンプラ」で六甲っ子にはお馴染みの「かねふく」 (六甲本通り商店街)がある日はり紙を出してました。 ちょうどクリスマスの頃です。 「年末商品の仕込みのために3日間休業します」なんと、年末の掻き 入れ時にもかかわらず、お正月に一球入魂のため、かねふくは一時休業 をしてたのでした。それほど気合いの入ったカマボコなら、さぞや美味 しかろうということで、3本1200円のチビカマボコを30日に購入 してみました。味は・・・!!!

         [それではまた次号まで、ごきげんよろしゅう。]

※ちなみにぴよさんは、灘印良品の灘ベア作者さんでもあります。  灘ベアのページ http://www003.upp.so-net.ne.jp/ra2/hobby/nadabear.html

================================================================

naddistに頂いた、皆さんからのご意見ご感想や灘情報をご紹介する 「なだっちゅーの!」を、お送りいたします。 メールを下さった皆様、ありがとうございました。

=============================================なだっちゅーの!141

●成徳一番様(成徳小PTAクミン)

 半年ぐらい前から愛読させていただいております。っちゅーても、 「けっ、また水道筋界隈の話かいな」と思うことも少々。区役所もまも なく桜口4丁目にやってこようとしてるんですぞ。灘の中心はもはや 六甲道、っちゅーか、成徳小学校校区になろうとしてるんですぞ。 いつまでも水道筋じゃヌーベルヴァーグに乗り遅れるんですぞ。 だいたい、編集長も成徳校区に住んでるんでしょーに、もっとこのあた りプッシュしてもらいたいもんです。  おかげさんで六甲道界隈にはこじゃれた店もすいぶん増えてきたよう で。こじゃれた店とは縁がないのでよう分かりませんが。とりあえず 韓国料理にはことかきません。 云わずとしれた老舗「七川」、新興勢力なんでもありの「さらんばん」、 美人ママの作るキムチが絶品「ピリカラ亭」、それと、まだ行ったこと ないのでなんともコメントしようのない韓国家庭料理「青雲」 (店名ちがったかもしれん)などなど、 「ここは長田か鶴橋か」な気分が徒歩3分で味わえます。いや別に長田 や鶴橋みたいになってほしいというわけでもありませんが。  キムチとチゲ喰って温もったら、ついでに沖縄名産店「わした屋」も 忘れずチェックしとくように。海ぶどうなんて、よそで買えるとこあり ませんから。  というわけで、2004年も成徳地域は勝手に盛り上がっていきます んで、クミンのみなさんも、クミンでないみなさんも、そこんとこよろ しく。

  す、すいません…おこられちゃいました。   成徳方面のネタ確かに最近少ないかも。   徳井の重鎮(?)堂内さん、おかきマイスターの大林さん、ゆば   マイスターの北山さん、ギターマイスター「猫」のオンモリさん…   成徳関係者の方にはいろいろとお世話になっておりますですハイ。   六甲道ですね…あまりにもボジョレヌーボーな若い街ので「わした   ショップ」で売っている古酒みたいに8年くらい寝かそうと思って   いるんですけど…だめ?   ということで、読者ライターのご協力により、今号から六甲道〜   六甲界隈限定のミニコーナーをつくってみました。   --------------------------------------------------------nad

●KAN様(生まれ育ちクミン)

近所の西友に「神戸灘 吟醸こく味カレー」というのがありました。 発売元は「白子」という東京の会社のようです。酒粕が入っているら しいです。灘では売られているのでしょうか?

  う〜ん見た事ないですねぇ。「白子」といえば「黒子じやないよ   白子だよ」という伊東四郎のコメントでおなじみの海苔屋さん。   「料亭の味〜神戸灘吟醸こく味カレー」って・・・灘で売ったら   暴動がおきますね。   MCCの「ぶっかけても牛スジやったらぼっかけや!」というベタ   なコピーでおなじみ「長田ぼっかけカレー」の方が多少ましかも。   ちなみに以前naddistでも「摩耶カレー」という酒粕入りのカレー   を開発しました。   ([naddist 990810-28]●マヤカレーを求めて 参照)   結構いけますよ。しかし、お子さんのいる家庭では酒粕の量を   調整しないと、酔っぱらいますのでご注意ください。   レシピは灘区の情報誌「なだだなVol4〜なぜか摩耶山」にも   掲載されています。   下記URLにてPDFデータがダウンロードできます。   http://www.city.kobe.jp/cityoffice/82/nadadana_pdf/index.htm   --------------------------------------------------------nad

================================================================ ●           naddist NEWS             ● ================================================================

●   もうサヨナラとは言わせない。灘駅再生プロジェクト   ●

JR神戸線の中ではエアポケット的ほっこり感のある癒し系ステーション JR灘駅ですが、ついに橋上化(JR住吉駅化)されます。 王子動物園、山の手の各学校、浜の手の各企業の最寄り駅として親しま れnaddistにも何回か登場している現灘駅舎([naddist 991110-37]灘駅 センチメンタルジャーニ〜等)はスクラップされる可能性も高くなりま した。確かに橋上化して便利にはなることもあるでしょうが、失うもの も大きいと思います。 時代、地元の要請で駅が形を変えていく事には何の異論もありませんが、 六甲道があれだけ変貌してしまった今、なんとかあのレトロチャーミン グな駅舎だけは新しくリニューアルして再生することはできないだろうか? naddistでは今までさんざん慣れ親しんだ風景や愛すべきスポットの 「サヨナラ」ものをやってきました。 で、一回ぐらいは「サヨナラ」じゃない企画もやってみたいと思いまし て、今年も勝手にニュープロジェクト。

「灘駅再生プロジェクト〜  灘駅よ、そうそう簡単にサヨナラとは言わないぜ(略称灘そうそう)」

このプロジェクトは「橋上化反対!」を掲げるものではありません。 橋上化しつつ、クミン自ら灘駅舎の第二の人生を考えてあげよう、で、 いつまでもあの場所にたたずんでいてもらおう。いや、実際それで残る かどうか分からないけど、ただだまってぶっつぶされるのを見るよりは、 とりあえずおせっかいでもいいから、やっちまおうという、毎度毎度の お楽しみ系プロジェクトです。

■□そんでもって第一ステージ「灘駅爺さんへのラブレター」です□■

まず手始めにnaddist読者の皆さんにお願いです。 灘駅の思い出、灘駅のここが好き、灘駅でのエピソード、灘駅ラブ ストーリーなど、灘駅に関する(主に北口のキュートな駅舎)たくさん の話題を集めたいと思っています。 どんな些細な事でも結構です。また短い文章でも結構です。 もちろん長文でも結構です。 また区民だけでなく、この駅を利用したことのある勤め・学びクミンの 皆様(松蔭、海星、葺合高、神戸高、神戸製鋼関連各社…等々利用者の 皆様)もよろしくです。 とにかく「灘駅君へのラブレター」を大募集いたします。 これが集まらないと次のステージ「灘駅爺さんの再就職」に進めません。 灘駅は全クミン共有の財産です。 是非ともご協力の程よろしくお願いいたします。

関連ニュース http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sougou04/0107ke7590.html

●      読者アンケートまだまだ受け付け中で〜す!    ●

昨年末にお送りいたしました、年末アンケートにご協力いただきました 皆様、ありがとうございます。 アンケートはまだまだ受け付けております。どしどしお寄せください。 お待ちしております。

●           さよなら孫悟空            ●

「サルなのに お別れですか?  サルなのに 涙がこぼれます  サルなのに サルなのに・・・」 孫悟空のモデルとして灘クミンならず多くの人々に親しまれた、王子 動物園のサブアイドル「キンシコウ」が灘を去ります。 去る1月9日にお別れ会も催されました。 寂しくなりますが、長い間ご苦労さまでした。 王子動物園ツアーに間に合わなかったのが心残りです。

●           朝から灘区が全国区          ●

1月16日(金)の朝8時35分放送のNHK「生活ほっとモーニング」で 灘区も紹介される模様。 どこが登場するかは当日のお楽しみ。 全国放送なので、離れクミン、元クミンの方々もご覧いただけると 思います。

================================================================

1月17日 震災からもう9年、まだ9年。 naddistの源はやっぱりこの日です。                             合 掌 ================================================================

naddist発行の「ドゥルミのイカフェ」は皆様からのメールです。 お気軽に「町話」「感想」お寄せ下さい。

naddistへ、ご意見ご感想、情報メールをお送り頂く時は、 ・「なだっちゅーの」(読者お便りコーナー)への転載の可否 ・転載の条件(匿名希望、ハンドル名等、URL載せる事も可能です) ・現在住んでいる所(もしよろしければ) ・灘区との関わり(適当につけて下さい) (例)元クミン:元灘区在住    現クミン:現灘区在住    (クミン=区民ではないので、他地区の方大歓迎) 等を明記して頂ければ幸いです。

---------------------------------------------------------------- 「桜口イタリア広場」まだできてないけど、どうなっちゃったんだろね? ----------------------------------------------------------------

ご意見ご感想は eken@pp.iij4u.or.jp までお願いします。 ---------------------------------------------------------------- naddist [Kapsel naddism] 0000009510

produced by "naddism Edit."(@parabolart) e-mail "eken@pp.iij4u.or.jp" ----------------------------------------------------------------


19 queries. 0.077 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress