naddism 登録・解除

ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
naddist カレンダー
2003年 7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
naddist 月別過去ログ
naddist カテゴリ一覧
最新の灘イベント情報
予定なし


2003年7月30日(水曜日)

[naddist 030730-163]土用の午後はマイスタータウンで【一杯いっとく?05】

カテゴリー: - nada @ 08時22分05秒
...n  a  d  d  i  s  t
...030730-163
...
...naddism Edit.

■CONTENTS======================================================

・一杯、いっとく05      ▼土用の午後はマイスタータウンで ・なだっちゅーの!131      ▼「naddist」のホームページ希望      ▼貧乏川と盗人川はつながっていた?! ・naddist NEWS(naddistからのお知らせ)      ▼8月10日も灘の夏・水道筋アーケード劇場です!      ▼宮前マジックドラゴン、ついに逝く      ▼第2回六甲・摩耶 山の音楽祭開催

================================================================

灘に数ある飲食店のとある「一杯」のメニューから灘の町をあぶりだす グルメシリーズ「一杯、いっとく?」の第5話です。 前回って2年前の「灘ラーメン」なんですね。久しぶりです。 西郷モノが続きますが、ちょっと最近あの辺りにはまってまして・・・ いやぁオモシロイ町です。

==============================================一杯、いっとく?05

■土用の午後はマイスタータウンで

                         TEXT:naddist                          

灘クミンも夏を乗り切る時はうなぎを食べる。 土用の丑、例えば水道筋1丁目の「居相商店」には長蛇の列ができる。 「灘のうなぎといえば居相さん」そんなイメージをもっているクミンも 多いと思う。

「え?『山信』知らんの?」 「え、知りません・・・どこですか?それ」 「大石南町や。うーんあそこを知らんのはまずいんとちゃうか?」 「そや、そんなやつにnaddistを発行する資格は無いなぁ」 「そやそや、ヒガシナダに行ってもらうしかないなぁ」

梅雨のある日、私はベテランクミンの摩耶山高射砲的集中放火を浴びた。 このままでは灘にいられなくなる危険を感じ「うなぎの山信」へ向かった。

「ど、どこだ?」 だいたいの場所を聞いていったのだが、店の姿が見えない。 うなぎ屋といえば、見るだけで元気が出そうな「うなぎ」というのぼり が立ててあるはずだ。あるいは「う」などと書かれた老舗ぽいのれんを くぐると、すっかり醤油色になった木製の建具があり、ぎしぎしと戸を 開けるとこれまた煮染めたようなインテリアが展開されるはずだ。 耳をすませば、パタパタという団扇音や、ピチパチという備長炭はじけ 音、そして「ジュウ」というウナギ油垂れ音が聞こえるはずだ。 それよりなにより、周辺には香ばしいアノ香りが漂っているはずだ。

「ど、どこだ?」 どこをくまなく探してもそのような店は見えない。 あたりにはひっそりとした浜の手の住宅街や町工場が広がるばかり。 その時だ。

「・・・あ・・・あー!・・・あ〜!?」 私は唖然とした。 沢の鶴資料館近く、どう見ても普通の住宅にしか見えない一軒の家の 玄関に、小さな字で何か書いてある表札を見つけたのだ。

「           う な ぎ             」

ここだ・・・。 しかしなんという看板なのだろう。というか、これは看板なのか? 表札風の物体に小さく「うなぎ」と書かれてある。 いや、ここはうなぎ屋ではないかもしれない! 「うなぎ」という名字の人の家かもしれない! そして呼吸をととのえ、もう一度確認してみた。

「           う な ぎ             」

それはまぎれもなく、うなぎの「山信」だった。 「トアウエスト風隠れ家バー」を彷佛とさせる、いや、ナダク的には 新在家にあるかの有名な「隠れ家系プリンセスソース屋」に通じる 「隠れ家系うなぎ屋」の出現に私は鳥肌が立った。

しかし店構えは序章でしかなかった。 私は店へと入った。 こじんまりとした店内にはテーブル席が2つ、そして奥の厨房(いや この店の場合「工房」といった方がいいかもしれない)からは、香ば しい鰻煙がもうもうと流れてくる。 メニューは「鰻丼 600円 800円 1000円」の3種類のみ。 ここでは並、上、特上とは呼ばない。

「えーっと、1000円ください」 「はーい、1000円一丁〜!」

しばらくすると「1000円」が出てきた。 ゆっくりと蓋をあける。

「こ、これはっ!!?」 目の前に広がった景色に驚愕した。 無造作に置かれたはずの丼なのだが、きれいに成形された大きなうなぎ 2切れが上下にピシッとレイアウトされている。 そしてそのうなぎのまん中に、床の間の日本刀のごとく美しく水平に おかれた「肝串」。 寸分違わず水平垂直ばっちり、センター合わせぴったりで私に向かって ピシッと置かれている。(注1) まるでCADで描かれたような美しい盛り付けに思わず唸った。

「職人・・・だ」

そう、ここ大石南町は職人の町である。 今でもすぐ近くには、灘の酒をささえた「樽職人」がいる。 そしてその樽をやさしく包む菰(こも)を作る「菰職人」がいる。 もちろん、職人中の職人「丹波杜氏」が闊歩していた町である。 これらの職人が三位一体ゲッターロボ的役割を果たし「当代一の酒」 として江戸へ送られたブランドが香り高い「灘の生一本」である。 日本一のナノテクノロジー、いや「ナダテクノロジー」は、誇り高い 「ナダマイスター」抜きには考えられない。

そんな職人町の「鰻丼」である。 いや「マイスター鰻丼」である。 美しくないわけがない。美味しくないわけがない。

そしてそっと、うなぎに箸を入れる。

「こ、これはっ!!?」 またまた驚愕した。 舌にとろける前に「箸にとろけて」しまう。 メレンゲのような、カスタードクリームのような絶妙の焼き上がり具合 は名パティシェの洋菓子といっても過言ではない。 そして飯。その炊きあがり。 米テクノロジーは日本一だった街だけのことはある。 一切の手抜きは無い。 そして両者を口へ・・・

「ううう・・・」

もうこれ以上は書かなくていいであろう。 潮風漂う灘の職人町の控えめなうなぎ屋さんは、 驚愕の隠れ家系マイスター鰻工房だった。

                          (おしまい)

(注1)忙しい時は丼のレイアウトがくずれることがあります。 

================================================================

naddistに頂いた、皆さんからのご意見ご感想や灘情報をご紹介する 「なだっちゅーの!」を、お送りいたします。 メールを下さった皆様、ありがとうございました。

=============================================なだっちゅーの!131

●元クミンの現北区民様

naddistさん、こんにちは。 いつも楽しみに読まさせて頂いています。 灘区民でなくなってはや8年目になります。 いまだ北区にはなじめませんし、方向もよく分かりません。 灘区で27年培った方向感覚は全く役に立ちませんね。 勤務先が灘区なので毎日通ってはいるのですが 子供の頃のように灘区内をウロウロしたりするような 事はなくなってしまいました。でも「naddist」を 読んでいると今の灘の最新情報から昔の懐かしい 灘の風情まで楽しめますね。「naddist」のホームページ が出来たら嬉しいなぁと思っています。 「灘印良品」の販売もあればなぁとか思います。 3月の「灘印良品」で購入した水道筋CD−ROM Vol.2 とか出ないですねぇ?

  ありがとうございます。   ホームページですね。そろそろ考えましょうかね。   というのも、最近メールが少なくなってきたので、気軽に街ネタ   をアップできる掲示板的な場がいるかもね、と思っています。   メール書くっていうのも結構大変ですしね。   --------------------------------------------------------nad

●ぶち@払下郵政カブ様(東隣山手クミン)

7月27日の「水道筋アーケード劇場」拝見させて頂きました。  『嗚呼!水道筋物語〜スライドショー』の岸地通りの昔の写真ですが、 写真左端の酒屋が、今のローソンだろうと思われるのですが、写真には 盗人川が写っておりませんでした。という事は、盗人川は戦後に開削さ れた人工河川なのでしょうか? それとも昔は別の処を流れていたので しょうか? 地形的には、昔は水道筋3丁目交差点辺りから北上して、 五毛交差点(上野中の北西角)に出て、貧乏川に繋がっていた様な感じ が見受けられるのですが…? P.S. 次回(8月10日)も、拝見させて頂こうと思っております。

  水道筋アーケード劇場へのご来場、誠にありがとうございました!   盗人川が貧乏川に…仰せの通り確かに川筋としては自然ですね。   naddistも天城通3丁目までは確認していますが、延長線上に貧乏   川があります。   (http://parabolart.com/top/items/naddism/nad3.jpg)   ただ、地元の人々は太田川のことを貧乏川と呼ぶことが多く   貧乏川の下流は太田川ではないかという説もあります。   (http://www.naddist.jp/binbo.html)   貧乏川が盗人と太田に別れていたのかもしれませんね。   要調査です。   ともあれ、8月10日もコアな写真を用意してお待ちしています!   (下記naddist NEWS参照)   --------------------------------------------------------nad

================================================================ ●           naddist NEWS             ● ================================================================

●    8月10日も灘の夏・水道筋アーケード劇場です!   ●

もともと水道筋は6軒もの映画館がひしめいた娯楽のまち。 この夏、灯りが落ちればそこには…… 水道筋にスクリーンが蘇ります。『水道筋アーケード劇場』!!!  アーケードが巨大スクリーンの映画館に早変わり。 そしてめくるめく灘映像が・・・ 今年の夏は商店街で涼しんでみませんか?

日時:8月10日(日) 場所:水道筋商店街中程みずほ銀行前あたり    阪急王子公園より徒歩8分    市バス水道筋3丁目バス停よりすぐ プログラム  一部 20:00〜20:30   『摩耶大橋が!新六甲大橋が!六甲山の防衛センター危うし!    我らがミラクルヒーローよ!灘を守れ!(後編)』  二部 20:30〜21:00   『嗚呼!愛しき灘の海〜スライドショー』(naddist解説つき)   元西郷の酒屋さんの番頭さんからお借りした、超レアな昭和初期の   灘の夏の海岸アルバムスライドショーです。   灘の浜に海の家が!ヨットが!水上飛行艇が!戦艦摩耶が!   新在家に鞍馬天狗が!   夏だ!泳げ!灘っ子よ!ちぬの海で!   ついでにカルピスは宮水で割れ!うまいんだから。       7時半位からラムネ、ビール、おつまみの販売あり。 参加費は無料ですので、散歩がてら気軽に見に来てください。

主催:水道筋商店街協同組合 共催:灘中央地区まちづくり協議会 協力:naddist

●       宮前マジックドラゴン、ついに逝く       ●

[naddist 020210-115]灘の細道11でもレポートした、JR六甲道近く 宮前商店街アーケード(通称宮前マジックドラゴン)が、ついに全面 撤去されました・・・ あの竜のお腹のような、鯨のお腹のような、ピノキオ気分が味わえる ちょっぴり懐かしく居心地の良い空間はもうありません。 いいのか?六甲道? どうする?灘区?

●       第2回六甲・摩耶 山の音楽祭開催       ●

読者の方から情報をいただきました。 今年の特徴は、兵庫県と連携し、佐渡裕氏の「スーパーキッズ・オーケ ストラミュージックキャンプ」の開催や、ホテルやレジャー施設など六 甲・摩耶地区のどこかで週末ごとに必ずコンサートが行われること、 公募によって集まった「ROMAN(Rokko・Maya・NationalParkの略)ARTIST」 による演奏会など計46ものプログラムになっていることなどです。 この夏は、自然と音楽による「癒し」の相乗効果を体感しに、ぜひ六甲 ・摩耶へお出かけください。との事です。        (情報提供:神戸市役所の一読者 グラニー・スミス様)

.主なプログラム  (詳しくはhttp://www.rokkosan.org/yamaongaku/をご覧ください)

 (1)「佐渡裕・平尾誠二・堀木エリ子によるトークショー&コンセール・    ラムルー管弦楽団ミニコンサート」    日 時:8月29日19時    会 場:六甲オリエンタルホテル

 (2)穂高湖「クロマチックハーモニカコンサート」    日 時:8月9日17時    会 場:摩耶山穂高湖  ※シェール岳をバックに静かにたたずむ湖のほとりで、夏の夕暮れに 哀愁にあふれたクロマチックハーモニカの響きをお楽しみください。

 (3)「津軽三味線万灯会コンサート」    日 時:8月8日19時    会 場:摩耶山天上寺本堂 ※この日にお参りすれば四万六千日分の功徳とご利益があると いわれる摩耶山天上寺「四万六千日大祭」当日に、津軽三味線の 音色が響きます。

 (4)アフリカ「マリ共和国民族舞踊団」    日 時:8月2日15時    会 場:六甲カンツリーハウス ※マリ共和国からパーカッションとダンスの熱波が日本初上陸。 アフリカの草原のような六甲山の芝生で、超絶技巧のジャンベにノリノリ の乱舞をあなたも一緒に楽しみましょう。

 (5)「ヘブンアーチストフェスタ」    日 時:8月3日12時    会 場:六甲カンツリーハウス  ※各地から、メジャーデビューを夢見て応募し、予選を勝ち抜いた 25組の強者たちが、山上で腕を競います。あなた自身の耳で ミュージシャンを発見しませんか?

----------------------------------------------------------------

naddist発行の「都堂の京菓子」は皆様からのメールです。 お気軽に「町話」「感想」お寄せ下さい。

naddistへ、ご意見ご感想、情報メールをお送り頂く時は、 ・「なだっちゅーの」(読者お便りコーナー)への転載の可否 ・転載の条件(匿名希望、ハンドル名等、URL載せる事も可能です) ・現在住んでいる所(もしよろしければ) ・灘区との関わり(適当につけて下さい) (例)元クミン:元灘区在住    現クミン:現灘区在住    (クミン=区民ではないので、他地区の方大歓迎) 等を明記して頂ければ幸いです。

---------------------------------------------------------------- なんと『あまから手帖』に町カクテル「西灘」登場!! ----------------------------------------------------------------

ご意見ご感想は eken@pp.iij4u.or.jp までお願いします。 ---------------------------------------------------------------- naddist [Kapsel naddism] 0000009510

produced by "naddism Edit."(@parabolart) e-mail "eken@pp.iij4u.or.jp" ----------------------------------------------------------------


TrackBacks

このコメントのRSS

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

ごめんなさい、現在コメントを付けることは出来ません

22 queries. 0.177 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress