naddism 登録・解除

ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
naddist カレンダー
2002年 10月
« 9月   11月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
naddist 月別過去ログ
naddist カテゴリ一覧
最新の灘イベント情報
予定なし


2002年10月30日(水曜日)

[021030-140]十国展望台が宇宙に帰る日

カテゴリー: - naddist @ 10時40分36秒
...n  a  d  d  i  s  t
...021030-140
...
...naddism Edit.

■CONTENTS==================================================

・十国展望台が宇宙に帰る日 ・naddist NEWS(naddistからのお知らせ)      ▼哀愁のラストラウンド〜さよなら十国展望台ツアー      ▼「六甲音楽祭」告知      ▼市場ライブもありまっす!      ▼ん?ナディストがパネリスト       ▼西灘っ子集合!

============================================================

このところの「灘寒」で体調を崩されていませんか? 灘もようやく秋ですね。 しかし、この秋愉快な灘仲間がまた一つ旅立ちます。 さびしいです…。その名は「回る十国展望台」 ということで、今回はサヨナラモノをお送りします。

====================================十国展望台が宇宙に帰る日

■十国展望台が宇宙に帰る日

                       TEXT:naddist

「未知との遭遇」という映画をご存知でしょうか? あの映画のラストシーンで、大きなUFOの母船が出てくるのですが、 あれを見た時「派手な十国展望台やなあ!しかも逆さまやん」 と思った灘クミンもいたことかと思います。 正統派灘クミンであれば、六甲山上にある「十国展望台」に一度は 訪れた事があると思います。 正しい名称は「回る十国展望台」。 そう、回転する展望台です。

東六甲凌雲台遊園地の高台に鎮座まします「十国展望台」。 美野丘小学校の円形校舎をさらにバージョンアップさせたような、 ウェデイングケーキ型未来的フォルムは、まるで六甲山系で多数目 撃される未確認飛行物体の総元締のような貫禄があります。 「十国」とは、山城、大和、摂津、河内、和泉、紀伊、丹波、播磨、 淡路、阿波の十国を指します。つまり四国から和歌山、奈良、大阪、 北は丹波まで一望できる展望台ということです。 大きく出たものです。 しかも床が動くので、座ったまま一望できるのです。 なんと画期的なんでしょう!

竣工は昭和32年5月21日。 当時は、「須磨浦山上遊園・回転展望閣」「神戸ニューポートホテ ル・回転ラウンジ」など都市観光施設は未来派回転式建築物ブーム。 後の「ポートタワー・回転スカイラウンジ」、最近まであった「舞子 タワー」も、この流れを汲むものです。 ここで当時の設計者のコメントを紹介しておきましょう。 「この設計にあたりましては夢物語のようなもので、高い所から愉快 に自然に溶け込んで楽しみたいということを概念に入れて設計を考え たのであります。私は大学時代…中略…鴨緑江の河岸に立ったことが ありました。…中略…鉄橋の一部が回転して船が通るようになってい ました…」(六甲ケーブル40周年誌より抜粋) そう、この展望台は遠く旧満州の回転橋をヒントに設計されたのです。

入口から狭い、体内のような空間を抜け、DNAのような狭い階段を登る と視界が開けます。桂離宮を思わせる空間構成に唸りつつ、足元を見 ると…床が動いています。時々聞こえる「ガッタンガッタン」という のどかな音は水車新田にあった「灘の水車」を彷佛とさせます。 そして「床での指詰めに注意しましょう」の文字。 床で指詰め?…そうかここは床で指詰めするのか! スバラシイ! ワクワク感がますます高まります。

思いきって「動く床」に飛び乗りましょう。 ここで人々のテンションは一気に上がります。 「ガッタンガッタン…」 この妙な浮遊感覚、しらふでの泥酔感覚と申しましょうか、一種の遊 体離脱感覚に身を任せ、しばし呆然とした後、

「ハイハイ、チケットはこっちですよ、何人?二人?ハイ500円」

カウンターにいるおばちゃん…いや「十国展望台専任パイロット兼 客室アテンダント」の声が館内に響き渡ります。 そして人々はその絶景に驚嘆の声をあげるのです。 「十国って…どこや?」

灘で唯一の床が動く建築物。 回転する乗り物は、人々をハイな気分にさせてくれます。 例えば、王子動物園の「ティカップ」([naddist 990507-17]孤高の 能動型体感マシン参照)。大人でさえも「罵声とも唸り声とも叫び声 ともつかぬ音を発しながらひたすら限界回転数に挑戦する」気分に なってしまうのです。 「ウイーン…」 3相220V、1馬力×4モーターの力強い鼓動。 車輪は8個、親会社である阪神電鉄ならでは技術が冴えます。 一周は約5分。 しかし、ときどきつんのめったような振動が起こります。 「ガ、ガ、ガガッタン、ゴットン」 テーブルの1杯300円のホットコーヒーが僅かに波立ちます。 このつんのめり感に、今のハイテクマシンにはない人間臭さが感じ られます。

しかし… そんなホットな「十国展望台」とも、間もなくお別れなのです。 山上施設の見直しにより11月24日をもって「十国展望台」は 廃止されます。 ある関係者がこんな事を言っていました。 「あれね、メンテナンスが大変なんですよ。故障多いし…」 この話を聞いた時、蒸気機関車が駆逐されていった事を思い出し ました。また一つ灘の心のふる里がなくなるのです。

でも「十国展望台」は廃止なんかされるんじゃない…と思いたいの です。きっと「未知との遭遇」のUFOみたいにビカビカ光りながら、 グルグル回りながら宇宙へと帰っていくに違いない。 そう思いたいのです。 そしていつの日かまた我が灘区六甲山に着陸してくれるに違いない。 2002年11月24日、六甲山を見上げてください。 燃えるように美しい紅葉をバックに、宇宙へと帰っていく限り無く イカした「十国展望台」を見ることができるかもしれません。 「ガ、ガ、ガガッタン、ゴットン」と、ぎこちない音を灘の空に響 かせながら大空へ舞い上がる「十国展望台」を。

                        (おしまい)

naddistではこの「十国展望台」とのお別れツアー 「哀愁のラストラウンド〜さよなら十国展望台ツアー」を 11月24日(日)(十国展望台最終営業日)に行ないます。 展望台から、六甲山の美しい紅葉が見られるのもこれが最後です。 奮ってご参加ください。 詳しくは下記naddist NEWSにて。

============================================================ ●          naddist NEWS            ● ============================================================

灘も秋のイベント目白押しです。

●   哀愁のラストラウンド〜さよなら十国展望台ツアー  ●

本編でもお送りいたしました「回る十国展望台」とのお別れツアー を行ないます。十国展望台のコクピット観覧、展望台歴史解説、 360度パノラマリーフレット配付などnaddistツアーならではの 内容となっております。 紅葉もちょうど見ごろですし、秋のハイキングとしてご参加いただ くのも良いかと思います。 また当日は「回る十国展望台サヨナラキャンペーン」 が行なわれています。なんと「十国展望台オリジナルレア記念品」 が抽選でもらえます!naddist読者なら行くしかないでしょう。 どうぞ、奮ってご参加ください。

日時:11月24日(日)10:00〜13:00頃まで 集合:JR六甲道駅 参加費:もちろん無料(ただし交通費、十国展望台の入館料は自己     負担になります。 ※ツアー終了後「六甲山ジンギスカンパレス」にて山上羊オフを  予定しております。ご都合つく方は奮ってご参加ください。  (ツアー参加者は10%OFF!)

参加ご希望の方は事前にnaddistまでメールでお知らせ下さい。

●       連休「六甲音楽祭」告知         ●

灘映画会に超貴重な映像「特別番組 さよならカウボーイ」」を お貸しいただきました、田平純吉さんが実行委員長をつとめます、 「六甲音楽祭〜2日間世界一周音楽の旅」が今年も区内各所で開 催されます。

日時:11月3日(日)・4日(月/休) 場所:灘区内(下記参照) 主催:六甲音楽祭実行委員会    神戸パーカッションフェスタ実行委員会 問い合わせ:078-882-4515(六甲音楽祭実行委員会)

■3日(全会場無料、但しホールズオブホールズ六甲は要入館料)

・サザンモール六甲B612/フェスタ  1300〜1600  出演:灘楽芸会(地域の音楽家達)     スルヤ・ムトゥ(ガムラン)     アスタ01ファンタスティックス(スチールドラム)     Singing Sparrows(ゴスペル)     レギレギ(アフリカンパーカッション) ・摩耶ケーブル・六甲ケーブル/ストリート  1100〜1600  ・ホールズオブホールズ六甲/ギター  1330〜、1430〜、1630〜  出演:島崎陶人(ギター)

■4日(全会場有料/各会場1000円) ・神戸雲内教会/クラシック  1200〜1400  出演:金関環(ヴァイオリン)、村富満世(津軽三味線)     島崎陶人(ギター)、SAKAMOTO古楽コンソート(中世音楽) ・祥龍寺/民族音楽  1400〜1700  出演:木谷悦子(クロマチックハーモニカ)、ヒロ(フォルクローレ)     等々力政彦(フーメイ)、えま&彗奏(二胡・サントゥール) ・六甲幼稚園/李政美ライブ  1600〜1900  李政美(ボーカル・ギター)  灘楽芸会他、地域の音楽家総出演

●         市場ライブもです          ●

水道筋東畑原市場でも無料ライブがあります。 灘が誇る甲陽音楽学院出身の新進気鋭の若手ミュージシャンによる 無料ストリートライブです。 聞け!これが「スイドウスジ系」だ!

日時:11月3日(日)    1300〜 場所:東畑原市場「新家」前 出演:須藤雅彦(g)と仲間たち 問い合わせ:新家(078-861-3232)

●      ん?ナディストがパネリスト         ●

こんな催しがありますので、いちようご案内しておきます。 現在パワーポイントで「naddist紙芝居」を作成中…。

灘百選シンポジウム「灘の魅力を語ろう!!」

日時:11月9日(土)900〜1200 場所:灘クミンホール 定員:先着400人・入場無料 主催:区民まちづくり会議 灘区役所

プログラム 9:10〜「きて、みて、撮って、灘百選〜フォトコンテスト表彰式」 9:30〜「基調講演〜灘のゆたかな歴史と文化」     講師:田辺真人(園田学園女子大学教授) 10:20〜「パネルディスカッション〜灘の魅力を語ろう!!」     コーディネーター:豊田実(神戸歴史クラブ理事長)     パネリスト:     慈 憲一(naddist&naddism編集室)     田平純吉(六甲音楽祭実行委員会事務局長)     玉田はる代(灘区連合婦人会会長)     堂馬英二(NPO六甲山と市民のネットワーク副理事長)

申込方法 参加者全員の1.住所、2.氏名(フリガナ)、3.年齢、4.電話番号を 記入の上naddist(eken@pp.iij4u.or.jp)までメールをお送りくだ さい。

●          西灘っ子集合!          ●

西灘小学校3〜4年生限定ですが以下の子ども探検イベントが行 なわれます。西灘小ご父兄の皆さん。お子様がちらしを持って帰 れれたら、是非とも参加させてあげてください。 ご安心ください。スタッフの大部分はnaddist読者です(爆) 次はあなたの学校かも?!

「西灘のわがまち百選ポスターをつくろう!」

日時:11月16日(土)930〜1200 集合:西灘小学校 対象:西灘小学校3〜4年生 申込み:担任の先生へ申込書を渡してください。 申込み締切り:11月7日 主催:灘区まち育てサポーター    灘区役所まちづくり推進課

============================================================ naddist発行の「エーデルワイスの石油ストーブ」は皆様からの メールです。お気軽に「町話」「感想」お寄せ下さい。

naddistへ、ご意見ご感想、情報メールをお送り頂く時は、 ・「なだっちゅーの」(読者お便りコーナー)への転載の可否 ・転載の条件(匿名希望、ハンドル名等、URL載せる事も可能です) ・現在住んでいる所(もしよろしければ) ・灘区との関わり(適当につけて下さい) (例)元クミン:元灘区在住    現クミン:現灘区在住    (クミン=区民ではないので、他地区の方大歓迎) 等を明記して頂ければ幸いです。

------------------------------------------------------------ ドレミファ噴水パレスも好きだった。 ------------------------------------------------------------

ご意見ご感想は eken@pp.iij4u.or.jp までお願いします。 ------------------------------------------------------------ naddist [Kapsel naddism] 0000009510

produced by "naddism Edit."(@parabolart) e-mail "eken@pp.iij4u.or.jp" ------------------------------------------------------------ powered by "magmag" www.mag2.com


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress1/index.php/archives/2002/10/30/021030-140/trackback/

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

22 queries. 0.058 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress