naddism 登録・解除

ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
naddist カレンダー
2002年 10月
« 9月   11月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
naddist 月別過去ログ
naddist カテゴリ一覧
最新の灘イベント情報
予定なし


2002年10月10日(木曜日)

[021010-138]ウルトラ警備隊、灘へ

カテゴリー: - naddist @ 10時45分13秒
...n  a  d  d  i  s  t
...021010-138
...
...naddism Edit.

■CONTENTS==================================================

・ウルトラ警備隊、灘へ ・なだっちゅーの!113      ▼岩屋2題      ▼「トムソーヤの冒険」の前身は…  ・naddist NEWS(naddistからのお知らせ)      ▼第一回灘映画会いよいよ明後日

============================================================

naddist主催、第一回灘映画会がいよいよ明後日に近づいてまいりま した。今回のnaddistはその映画会で上映する作品より、とあるエピ ソードをご紹介いたします。灘っ子たちのド肝を抜いた、 「ウルトラ警備隊、灘へ」事件です。 ♪タケダタケダタケダー、タケダタケダタケダー、タケダタケダー。

=========================================ウルトラ警備隊、灘へ

■ウルトラ警備隊、灘へ

                       TEXT:naddist

「たいへんや!たいへんや!」 「どないしたん?」 「タ、タカバシでポ、ポインター見てん!」 「うそつけ〜」 「ほんまや!ダンもアマギものっとったんや!」 「ホンマか!で、どっち行った!?」 「海の方に行った!」 「どこにかいじゅう出んのやろ!」 「まや山の地下から出てくるんちゃう?」 「いや、なだ浜やで!海からゴボゴボって!  あっこ石油タンクあるで!コワー!」 「コワーコワー!」 「コワーコワーコワー!」

昭和43年のある日、灘っ子たちに衝撃が走った。

ウルトラ警備隊が灘の街に…

当時、子ども達のハートをしっかりつかんでいた、超人気番組 「ウルトラセブン」。その中に出てくる「ウルトラ警備隊」は 灘っ子達にとっても憧れの的であった。 「ポインター」はウルトラ警備隊の誇る水陸両用高性能カー。 日本中の子ども達の人気を一身に受けた、超人気スーパーカーで ある。 そのポインターが、なんと灘の街を走ったのだった。

ウルトラセブン第14・15話「ウルトラ警備隊西へ」は昭和42年頃 神戸でロケが行われた。もちろん灘区でも。

=地球がペダン星へ観測用ロケットを打ち上げた。 =侵略と勘違いしたペダン星人は地球へスパイを送り込んだ。 =それに気付いた地球防衛軍は、 =六甲山にある防衛センターで国際会議を行うことになった。 =ウルトラ警備隊もポインターで西へ向かった。 =シークレットハイウェイルート9を通って。 =♪ワンツー、スリフォ、ワンツー、スリフォ…

「シークレットハイウェイルート9」を疾走するポインターの撮影 は開通間もない六甲トンネルで行われた。 六甲トンネルの開通は昭和42年3月25日。まだ真新しく未来的な六甲 トンネルは日本を縦貫するシークレットハイウェイと呼んでもおか しくない最新鋭のトンネルであった。そして基地の手前にあるこれ また完成ホヤホヤの「新六甲大橋」をポインターは颯爽と駆け抜け て行った。

=ペダン星のスパイは神戸に潜入した。 =ウルトラ警備隊の隊員達は灘区内に配備についた。 =アマギ隊員は「神戸つくばね会」に扮装し、六甲山へ。 =ソガ隊員は「マドロス」に扮装し、摩耶埠頭・摩耶大橋へ。 =アンヌ隊員は「ミカゲレーヌ」に扮装し…残念ながら北野町へ。

摩耶大橋は昭和41年6月2日、その後42年3月に摩耶埠頭が完成した。 もうおわかりだろうが、先ほどの「六甲トンネル」「新六甲大橋」 「摩耶大橋」「摩耶埠頭」、完成がすべて昭和41〜42年に集中して いる。当時の助役(後市長)宮崎辰雄氏がTBS、いや円谷プロと癒 着があったかどうか定かではないが、ポートアイランド建設の序奏 として、神戸市が最新土木技術のプレゼンテーションのためにタイ アップしたとも考えられる。 円谷プロ側としても、神戸が、いや灘区が世界に誇る、できたて ほやほやの近代的土木構造物が、ウルトラセブンの近未来的設定に ぴったり合致したので、ロケ地として選んだのであろう。

そして、作品中最も印象深いシーンへ。

=地球人が悪いのか?ペダン星人が悪いのか? =侵略とは?平和とは?悪とは?正義とは? =ついに、ペダン星の英知の結晶、 =スーパーロボット「キングジョー」が神戸港に現われる。 =目の前にはポートタワーが…。 =危うし!神戸…いや、灘区! =セブン!頑張れ!神戸…いや、灘区のために!!

この作品が放映されたのは昭和43年。 アメリカのベトナム侵攻、沖縄の日本返還問題…。 とても子ども向け作品とは思えない、ぶ厚く重いテーマがシナリオ の底辺を流れる。

…しかし、灘っ子達はそんな大人達の思い入れなんておかまいなし なのだった。 ロケの次の日…

「見たで!見たで!ポインター近くで見てきたで〜!」 「うそ!ええなあ!どんなんどんなん?!」 「ポインターなぁ…近くでみたらなぁ…ブリキでできとったで」 「ブリキ?ポインターはブリキなん?」 「そうや、ポインターはブリキやねん」 「なんや、ブリキ…か…」 「そうや…」 「そうか…」

明けの明星が輝く頃… 灘っ子の見果てぬ近未来の夢は、アイスラッガーでぶち切られ、 灘の空に散っていった。

                         (おわり)

※今回ご紹介した「ウルトラ警備隊西へ」は10月12日に水道筋 6丁目で行なわれます「灘映画会〜ヌーベルナーダ」にて上映する 予定です。(詳細は下記naddist NEWSにて)

============================================================

naddistに頂いた、皆さんからのご意見ご感想や灘情報を ご紹介する「なだっちゅーの!」を、お送りいたします。 メールを下さった皆様、ありがとうございました。

=========================================なだっちゅーの!113

[020920-136]NADA sonic11 「夢の敏馬でチントンシャン」に関して メールいただきました。

●A門様(隣クミン)

今回のnaddistで、岩屋敏馬を見る目が随分と変わりました。 で、さっそく用事にかこつけて、かつての面影を残すものは無いか と探してきましたが、なかなか無いものですねー。 そんな中、これはもしや?と思ったのが 「SNACK 太郎坊」。 スナックには付けないような、恐らくは粋筋の名前・・・。 引退されたかつての敏馬ギャルが、あるいはその二代目が、カウン ターの奥に鎮座ましますや否や・・・。 是非、naddist特派員に取材していただきたいものです。 なお島文の新社屋ビルの鉄骨が立ち上がってますね。 あの仰々しい鉄骨ブレースを見ていると、あれはやっぱり超重鎮の 設計なのかな・・・?と思いました。 設計者の確認まではできなかったのですが・・・。

  「SNACK 太郎坊」ですか、なんか艶っぽい響きですね。   やっぱりその手の店だったみたいですよ。   行かれた事ある方、naddistまでご一報を。つうか行かなきゃ!   岩屋中町2丁目の方に、ちょこちょこスナックエリアがあるの   ですが、あれは違うのかな?   「岩屋花街ツアー」にむけてもう少し調査しておきます。   芸者さんの派遣ってできるのかな?   -----------------------------------------------------nad

岩屋がらみでもう一話題。

●たん吉様(出戻りクミン)

摩訶不思議な本屋が、岩屋駅前にできました。 これまで阪神岩屋駅周辺は、某製鋼所の本社が近くにありながら、 本屋とは無縁の地域でした。 ある日、“のぼり”が立っているのに気が付きました。 「岩屋に本屋、近日オープン!」・・・でも、一見、どこに本屋が できるのか分からないのです。 よ〜く見てみると、JR灘駅から臨港線を渡り岩屋の交差点に出る までに、縮小した「タケナカストア」さんの南の新しいマンション (反対運動の末にようやく完成)の地下(!)へとのぼり&装飾が 続いているのです。 「!!!」なんか怪しい・・。一体どんな“本”を売っているのか? オープンとされた日の翌日、のぞいてみようと一大決意。 白い階段を降りていくと・・・。 「いらっしゃいませ〜」そこには、おそろいのエプロンを付けた初 老の男性が3人。店内はさほど広くなく、男性客が一人。 やはり「エッチ系」の書籍がありましたが、一般の書籍や雑誌もち ゃんと置いていました。 で、欲しかったマンガ本を数冊選び、レジの方へ。 「ちょ、ちょっと待ってください。え〜と、この機械、この使い方 でええんかいな?」初老の男性3人が、バーコード読みとり式のレ ジと大格闘。あーでもない、こーでもないと、後ろにある商品管理 用のパソコンに「人差し指」入力しながら、3分ほどしてやっと金 額が出てきました。私、「これで、お釣りを・・・」800円ほど の金額に千円札と十円玉を数個差し出したところ、またレジ内はパ ニックに。「あーと、えーと、○○○円ですからお釣りは・・・」 差し出されたお金は、明らかに多すぎ。 「・・お釣り多すぎませんか?」またもや3人は協議を始めました。 「一体いつになったら、この本買えるんやろ・・・」 なんやらかんやら会計が済んで、お店を出たのはレジ打ちから5分 ほど経ってからでした。 階段を上がり、店のPRの“のぼり”を振り返ったところ・・・ 地図の最寄り駅が「JR西灘駅」(微妙に間違っているのがおちゃ め)となっていました。 最後まで強烈な印象を残し、私は店を後にしました。 おっちゃん3人は、とても一生懸命に接客してくれたのですが・・・。 あの店、大丈夫かな〜。今では、何となく応援したい気持ちです。 naddist さんはもう行かれましたか? 少しはお客さんの応対に慣れ てくれることを、切に祈っています。

  本屋で初老の男性数人と言えば…南天荘オールスターズの皆様   方はお元気なのでしょうか?…気になります。   岩屋の本屋と言えば○○○の○○○○○○ではないかと噂され   ている「○○○○○○○○」が有名ですが。(時節柄伏せ字に   させていただきます)その辺のアブなさはなさそうですね。   アブな系のお店といえば、少し東の「パパとママの店」は新装   オープンになりましたね。あの店もそろそろ25周年ぐらい?   まだ入った事ないっす。   -----------------------------------------------------nad

[020930-137]喫茶店大調査網結果発表で話題になった「トムソーヤ の冒険」に関して情報いただきました。

●現クミン様

トムソーヤの冒険ですが私が学生の頃(約25年前)頃からあります。 (年バレバレ!!)その頃はピーターパンという名前でした。 今の旦那と学校帰りによく行きました。 その頃の名物はその当時としては珍しかったリゾットでした。 最近は行ってないのでわかりませんが、その当時は地下にワイン セラーもありました(今もあるのかなぁ・・・?) 別れ話をしたのもあそこだったなぁ・・・ (って、そんならなんで結婚してるねん!!) 旦那はもともと地元の人間なので聞いてみると、トムソーヤの冒険 というチェーン店の一つとしてピーターパンがあった・・とのこと です。 ついつい懐かしいので書かせていただきました。 これからも楽しみに読ませていただきます。

  そうピーターパンと言われてピンと来ました!   80年代神戸バイブル『神戸青春街図(プレイガイドジャーナ   ル編著)』にも載っていました。   別れ話した場所 in 灘…こういうネタいいですよね!   (すいません…現クミンさん)   ちなみに私のコクリ場所は摩耶埠頭でした。アホですね(笑)   皆さんの灘コクリスポット、別れ話スポットお寄せください!   -----------------------------------------------------nad

============================================================ ●          naddist NEWS            ● ============================================================

●       第一回灘映画会いよいよ明後日       ●

座って見たい方は今すぐnaddistまでメールを! 昨年度より暖めていました企画「灘映画会〜ヌーベルナーダ」 いよいよ明後日にせまりました。 naddistライブラリーに眠る、灘区の知られざる映像、懐かしい映 像、映画の中の灘の映像を秋の夜長に水道筋商店街で大公開。 さらに、灘中央地区まちづくり協議会さんの協力による 「懐かし〜!水道筋秘蔵写真上映会」もあります。

日時:10月12日(土)18:30〜21:00頃まで 場所:水道筋6丁目商店街(柳屋ふとん店より2軒西の空地) プログラム(予定):    『都賀川の衝撃波』    『ウルトラ警備隊西へ(前編・後編)』    『衝撃映像!伝説喫茶カウボーイの全て見せます』    『水道筋なつかしの街角スライド』 協力:灘中央地区まちづくり協議会

座席まだ少しあります。 あ、座席は取り壊し前の神戸高校旧講堂からパチってきた(いただ いてきた)ベンチを用意しました。座席も灘骨董ものです。 もちろん、当日立ち見覚悟で来ていただいても構いません。 ふらっと「街頭テレビ」を見にきていただく感覚でお気軽にお立ち 寄りください。(なんせ屋外ですから) ポプコーンとビールをご用意して(すいません…これは有料です) 皆様のお立ち寄りお待ち申しております。

============================================================ naddist発行の「マルハチにあったのは灘中央劇場」は皆様からの メールです。お気軽に「町話」「感想」お寄せ下さい。

naddistへ、ご意見ご感想、情報メールをお送り頂く時は、 ・「なだっちゅーの」(読者お便りコーナー)への転載の可否 ・転載の条件(匿名希望、ハンドル名等、URL載せる事も可能です) ・現在住んでいる所(もしよろしければ) ・灘区との関わり(適当につけて下さい) (例)元クミン:元灘区在住    現クミン:現灘区在住    (クミン=区民ではないので、他地区の方大歓迎) 等を明記して頂ければ幸いです。

------------------------------------------------------------ ポインターは東京から神戸まで自走!うーんスーパーブリキだ。 ------------------------------------------------------------

ご意見ご感想は eken@pp.iij4u.or.jp までお願いします。 ------------------------------------------------------------ naddist [Kapsel naddism] 0000009510

produced by "naddism Edit."(@parabolart) e-mail "eken@pp.iij4u.or.jp" ------------------------------------------------------------ powered by "magmag" www.mag2.com


17 queries. 0.054 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress