naddism 登録・解除

ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
naddist カレンダー
2002年 10月
« 9月   11月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
naddist 月別過去ログ
naddist カテゴリ一覧
最新の灘イベント情報
予定なし


2002年10月30日(水曜日)

[021030-140]十国展望台が宇宙に帰る日

カテゴリー: - naddist @ 10時40分36秒
...n  a  d  d  i  s  t
...021030-140
...
...naddism Edit.

■CONTENTS==================================================

・十国展望台が宇宙に帰る日 ・naddist NEWS(naddistからのお知らせ)      ▼哀愁のラストラウンド〜さよなら十国展望台ツアー      ▼「六甲音楽祭」告知      ▼市場ライブもありまっす!      ▼ん?ナディストがパネリスト       ▼西灘っ子集合!

============================================================

このところの「灘寒」で体調を崩されていませんか? 灘もようやく秋ですね。 しかし、この秋愉快な灘仲間がまた一つ旅立ちます。 さびしいです…。その名は「回る十国展望台」 ということで、今回はサヨナラモノをお送りします。

====================================十国展望台が宇宙に帰る日

■十国展望台が宇宙に帰る日

                       TEXT:naddist

「未知との遭遇」という映画をご存知でしょうか? あの映画のラストシーンで、大きなUFOの母船が出てくるのですが、 あれを見た時「派手な十国展望台やなあ!しかも逆さまやん」 と思った灘クミンもいたことかと思います。 正統派灘クミンであれば、六甲山上にある「十国展望台」に一度は 訪れた事があると思います。 正しい名称は「回る十国展望台」。 そう、回転する展望台です。

東六甲凌雲台遊園地の高台に鎮座まします「十国展望台」。 美野丘小学校の円形校舎をさらにバージョンアップさせたような、 ウェデイングケーキ型未来的フォルムは、まるで六甲山系で多数目 撃される未確認飛行物体の総元締のような貫禄があります。 「十国」とは、山城、大和、摂津、河内、和泉、紀伊、丹波、播磨、 淡路、阿波の十国を指します。つまり四国から和歌山、奈良、大阪、 北は丹波まで一望できる展望台ということです。 大きく出たものです。 しかも床が動くので、座ったまま一望できるのです。 なんと画期的なんでしょう!

竣工は昭和32年5月21日。 当時は、「須磨浦山上遊園・回転展望閣」「神戸ニューポートホテ ル・回転ラウンジ」など都市観光施設は未来派回転式建築物ブーム。 後の「ポートタワー・回転スカイラウンジ」、最近まであった「舞子 タワー」も、この流れを汲むものです。 ここで当時の設計者のコメントを紹介しておきましょう。 「この設計にあたりましては夢物語のようなもので、高い所から愉快 に自然に溶け込んで楽しみたいということを概念に入れて設計を考え たのであります。私は大学時代…中略…鴨緑江の河岸に立ったことが ありました。…中略…鉄橋の一部が回転して船が通るようになってい ました…」(六甲ケーブル40周年誌より抜粋) そう、この展望台は遠く旧満州の回転橋をヒントに設計されたのです。

入口から狭い、体内のような空間を抜け、DNAのような狭い階段を登る と視界が開けます。桂離宮を思わせる空間構成に唸りつつ、足元を見 ると…床が動いています。時々聞こえる「ガッタンガッタン」という のどかな音は水車新田にあった「灘の水車」を彷佛とさせます。 そして「床での指詰めに注意しましょう」の文字。 床で指詰め?…そうかここは床で指詰めするのか! スバラシイ! ワクワク感がますます高まります。

思いきって「動く床」に飛び乗りましょう。 ここで人々のテンションは一気に上がります。 「ガッタンガッタン…」 この妙な浮遊感覚、しらふでの泥酔感覚と申しましょうか、一種の遊 体離脱感覚に身を任せ、しばし呆然とした後、

「ハイハイ、チケットはこっちですよ、何人?二人?ハイ500円」

カウンターにいるおばちゃん…いや「十国展望台専任パイロット兼 客室アテンダント」の声が館内に響き渡ります。 そして人々はその絶景に驚嘆の声をあげるのです。 「十国って…どこや?」

灘で唯一の床が動く建築物。 回転する乗り物は、人々をハイな気分にさせてくれます。 例えば、王子動物園の「ティカップ」([naddist 990507-17]孤高の 能動型体感マシン参照)。大人でさえも「罵声とも唸り声とも叫び声 ともつかぬ音を発しながらひたすら限界回転数に挑戦する」気分に なってしまうのです。 「ウイーン…」 3相220V、1馬力×4モーターの力強い鼓動。 車輪は8個、親会社である阪神電鉄ならでは技術が冴えます。 一周は約5分。 しかし、ときどきつんのめったような振動が起こります。 「ガ、ガ、ガガッタン、ゴットン」 テーブルの1杯300円のホットコーヒーが僅かに波立ちます。 このつんのめり感に、今のハイテクマシンにはない人間臭さが感じ られます。

しかし… そんなホットな「十国展望台」とも、間もなくお別れなのです。 山上施設の見直しにより11月24日をもって「十国展望台」は 廃止されます。 ある関係者がこんな事を言っていました。 「あれね、メンテナンスが大変なんですよ。故障多いし…」 この話を聞いた時、蒸気機関車が駆逐されていった事を思い出し ました。また一つ灘の心のふる里がなくなるのです。

でも「十国展望台」は廃止なんかされるんじゃない…と思いたいの です。きっと「未知との遭遇」のUFOみたいにビカビカ光りながら、 グルグル回りながら宇宙へと帰っていくに違いない。 そう思いたいのです。 そしていつの日かまた我が灘区六甲山に着陸してくれるに違いない。 2002年11月24日、六甲山を見上げてください。 燃えるように美しい紅葉をバックに、宇宙へと帰っていく限り無く イカした「十国展望台」を見ることができるかもしれません。 「ガ、ガ、ガガッタン、ゴットン」と、ぎこちない音を灘の空に響 かせながら大空へ舞い上がる「十国展望台」を。

                        (おしまい)

naddistではこの「十国展望台」とのお別れツアー 「哀愁のラストラウンド〜さよなら十国展望台ツアー」を 11月24日(日)(十国展望台最終営業日)に行ないます。 展望台から、六甲山の美しい紅葉が見られるのもこれが最後です。 奮ってご参加ください。 詳しくは下記naddist NEWSにて。

============================================================ ●          naddist NEWS            ● ============================================================

灘も秋のイベント目白押しです。

●   哀愁のラストラウンド〜さよなら十国展望台ツアー  ●

本編でもお送りいたしました「回る十国展望台」とのお別れツアー を行ないます。十国展望台のコクピット観覧、展望台歴史解説、 360度パノラマリーフレット配付などnaddistツアーならではの 内容となっております。 紅葉もちょうど見ごろですし、秋のハイキングとしてご参加いただ くのも良いかと思います。 また当日は「回る十国展望台サヨナラキャンペーン」 が行なわれています。なんと「十国展望台オリジナルレア記念品」 が抽選でもらえます!naddist読者なら行くしかないでしょう。 どうぞ、奮ってご参加ください。

日時:11月24日(日)10:00〜13:00頃まで 集合:JR六甲道駅 参加費:もちろん無料(ただし交通費、十国展望台の入館料は自己     負担になります。 ※ツアー終了後「六甲山ジンギスカンパレス」にて山上羊オフを  予定しております。ご都合つく方は奮ってご参加ください。  (ツアー参加者は10%OFF!)

参加ご希望の方は事前にnaddistまでメールでお知らせ下さい。

●       連休「六甲音楽祭」告知         ●

灘映画会に超貴重な映像「特別番組 さよならカウボーイ」」を お貸しいただきました、田平純吉さんが実行委員長をつとめます、 「六甲音楽祭〜2日間世界一周音楽の旅」が今年も区内各所で開 催されます。

日時:11月3日(日)・4日(月/休) 場所:灘区内(下記参照) 主催:六甲音楽祭実行委員会    神戸パーカッションフェスタ実行委員会 問い合わせ:078-882-4515(六甲音楽祭実行委員会)

■3日(全会場無料、但しホールズオブホールズ六甲は要入館料)

・サザンモール六甲B612/フェスタ  1300〜1600  出演:灘楽芸会(地域の音楽家達)     スルヤ・ムトゥ(ガムラン)     アスタ01ファンタスティックス(スチールドラム)     Singing Sparrows(ゴスペル)     レギレギ(アフリカンパーカッション) ・摩耶ケーブル・六甲ケーブル/ストリート  1100〜1600  ・ホールズオブホールズ六甲/ギター  1330〜、1430〜、1630〜  出演:島崎陶人(ギター)

■4日(全会場有料/各会場1000円) ・神戸雲内教会/クラシック  1200〜1400  出演:金関環(ヴァイオリン)、村富満世(津軽三味線)     島崎陶人(ギター)、SAKAMOTO古楽コンソート(中世音楽) ・祥龍寺/民族音楽  1400〜1700  出演:木谷悦子(クロマチックハーモニカ)、ヒロ(フォルクローレ)     等々力政彦(フーメイ)、えま&彗奏(二胡・サントゥール) ・六甲幼稚園/李政美ライブ  1600〜1900  李政美(ボーカル・ギター)  灘楽芸会他、地域の音楽家総出演

●         市場ライブもです          ●

水道筋東畑原市場でも無料ライブがあります。 灘が誇る甲陽音楽学院出身の新進気鋭の若手ミュージシャンによる 無料ストリートライブです。 聞け!これが「スイドウスジ系」だ!

日時:11月3日(日)    1300〜 場所:東畑原市場「新家」前 出演:須藤雅彦(g)と仲間たち 問い合わせ:新家(078-861-3232)

●      ん?ナディストがパネリスト         ●

こんな催しがありますので、いちようご案内しておきます。 現在パワーポイントで「naddist紙芝居」を作成中…。

灘百選シンポジウム「灘の魅力を語ろう!!」

日時:11月9日(土)900〜1200 場所:灘クミンホール 定員:先着400人・入場無料 主催:区民まちづくり会議 灘区役所

プログラム 9:10〜「きて、みて、撮って、灘百選〜フォトコンテスト表彰式」 9:30〜「基調講演〜灘のゆたかな歴史と文化」     講師:田辺真人(園田学園女子大学教授) 10:20〜「パネルディスカッション〜灘の魅力を語ろう!!」     コーディネーター:豊田実(神戸歴史クラブ理事長)     パネリスト:     慈 憲一(naddist&naddism編集室)     田平純吉(六甲音楽祭実行委員会事務局長)     玉田はる代(灘区連合婦人会会長)     堂馬英二(NPO六甲山と市民のネットワーク副理事長)

申込方法 参加者全員の1.住所、2.氏名(フリガナ)、3.年齢、4.電話番号を 記入の上naddist(eken@pp.iij4u.or.jp)までメールをお送りくだ さい。

●          西灘っ子集合!          ●

西灘小学校3〜4年生限定ですが以下の子ども探検イベントが行 なわれます。西灘小ご父兄の皆さん。お子様がちらしを持って帰 れれたら、是非とも参加させてあげてください。 ご安心ください。スタッフの大部分はnaddist読者です(爆) 次はあなたの学校かも?!

「西灘のわがまち百選ポスターをつくろう!」

日時:11月16日(土)930〜1200 集合:西灘小学校 対象:西灘小学校3〜4年生 申込み:担任の先生へ申込書を渡してください。 申込み締切り:11月7日 主催:灘区まち育てサポーター    灘区役所まちづくり推進課

============================================================ naddist発行の「エーデルワイスの石油ストーブ」は皆様からの メールです。お気軽に「町話」「感想」お寄せ下さい。

naddistへ、ご意見ご感想、情報メールをお送り頂く時は、 ・「なだっちゅーの」(読者お便りコーナー)への転載の可否 ・転載の条件(匿名希望、ハンドル名等、URL載せる事も可能です) ・現在住んでいる所(もしよろしければ) ・灘区との関わり(適当につけて下さい) (例)元クミン:元灘区在住    現クミン:現灘区在住    (クミン=区民ではないので、他地区の方大歓迎) 等を明記して頂ければ幸いです。

------------------------------------------------------------ ドレミファ噴水パレスも好きだった。 ------------------------------------------------------------

ご意見ご感想は eken@pp.iij4u.or.jp までお願いします。 ------------------------------------------------------------ naddist [Kapsel naddism] 0000009510

produced by "naddism Edit."(@parabolart) e-mail "eken@pp.iij4u.or.jp" ------------------------------------------------------------ powered by "magmag" www.mag2.com


2002年10月20日(日曜日)

[021020-139]水道筋6丁目幻影

カテゴリー: - naddist @ 10時43分05秒
...n  a  d  d  i  s  t
...021020-139
...
...naddism Edit.

■CONTENTS==================================================

・水道筋6丁目幻影〜灘映画会レポート ・なだっちゅーの!114      ▼灘映画会3題 ・naddist NEWS(naddistからのお知らせ)      ▼第一回灘映画会開催しました!      ▼今年も「六甲音楽祭」告知      ▼市場ライブもありまっす!      ▼ん?ナディストがパネリスト 

============================================================

本当は土日で「灘の細道」の原稿書く予定だったのですが、あいに くの雨。で、急きょ先日10月12日に水道筋6丁目で行なわれま した「灘映画会」のレポートお送りいたします。 あんまりレポートになっていないかも。

============================================水道筋6丁目幻幻影

■水道筋6丁目幻影〜灘映画会レポート

                       TEXT:naddist

夕闇迫る水道筋6丁目。

「千疋屋」のクリームコロッケで火傷した上顎の表面のようにザラ ザラした夕焼け空が、まもなく「アマゾン水族館」のつり堀の水の 色に似た深い闇に変わろうとしていた。 あれから何年たつのだろう? 床の油のにおいがやけに落ち着く、そこだけ時間が止まったような 「山田スタンプ」も今ではパソコンを導入しているそうだ。 床の油といえば、これまた古い小学校の教室のような「パチンコフ ジ」もすっかり新しくなってしまったが、路上に漏れ出る煙草の香 りが、かつての風景を思い出させてくれる。

 煙草を吸いながら  いつでもつまらなそうに  遅刻の多いぼくらに  たこ焼を焼いてくれるのさ。

そういえばジャージのオッサンが目印の100円たこ焼「中村」も煙草 の煙がセットだった。

水道筋6丁目。2002年10月12日。 そんな煙草と油の匂いの場所でnaddistの映画会を行う。 本当は主催者ではなくお客さんとして参加したい。 誰か主催者代わってくださいっ!いつもそう思う。 …と思っているうちに満席になった。 常連さん、初参加の方々に混じり、ウワサを聞きつけて来た人、水 道筋の人、灘区役所の人、通りがかりの人など、50人くらいであ ろうか。誰がnaddistの読者かわらかない。

「それでは今からnaddist映画会を始めます」 パチパチパチ。 「まずはウルトラセブンです。どうぞ」 ♪セブンセブンセブンセブン…セブンセブンセブン ウォー…な、懐かしい… テーマが流れると期せずして、感嘆の声があがった。 この映画会の趣旨を知らない人には「ウルトラ同好会のイベント」 に見えたかもしれない。 しかし、これはnaddistのイベントである。やがて新六甲大橋を疾走 するポインターがスクリーン上に映しだされた。

おぉーっ!灘区だ! 我らが灘区だ!

先程より、大きな歓声が上がった。 いや嗚咽かもしれない。 心無しか涙に咽ぶ声も聞こえた。(ような気がした)

「何やってんの?」 「たまたま通りがかったんですけど、こういうの大好きなんです」 「分かっていれば、キングジョーの人形貸したのに〜」 「セブンが神戸に?ガメラはポートタワー壊したはず」 「吉川晃司の映画は摩耶観光ホテルでロケやってんで」 「もしもし?今家の前でへんな映画会やってんねん。お前も来いや!」 色んな人達が来る。 いつのまにか通りから見ている人達も増えていた。 前のマンションのベランダから見ている人もいる。

「それでは第二部、懐かしの水道筋スライド上映会にうつります」 パチパチパチ。 「えー、水道筋界隈には劇場や映画館が8軒ありました。 えー、これは西灘劇場です」 「違うで!これは中央劇場!」 「し、失礼しました」 ベテラン水道筋クミンから、すかさずツッコミが入る。 「あった!あった!」 あちこちで囁かれる懐かしいまちの物語。

「それでは、本日のメインイベント『喫茶カウボーイの全て』を上 映いたします。」 ここで私は少し躊躇した。 ウルトラセブン、懐かしの水道筋、いずれもどちらかというと分か りやすい作品であった。 naddist読者にはおなじみの伝説喫茶「カウボーイ」だが、やはり 一般的にはマニアックである。ある意味放送禁止系である。 こんなものオオヤケにしていいのだろうか? 灘警察が回ってきたらどう対処すればいいのか?

「えー、次の作品は少しヘビーです。もし帰られる方がいらっしゃ いましたら、今がチャンスです」

いちようアナウンスしてみた。 しかし、みんな澄んだ瞳でスクリーンに向かっている。 ええい、やっちまえ。 私は水道筋5丁目にあったストリップ劇場の館長がスポットライト をスイッチオンするような気分でビデオの再生ボタンを押した。

「特別番組 さよならカウボーイ」 タイトルが流れると、あたりは水をうったように静かになった。 (ような気がする)つづいて1987年当時の六甲本通商店街の映像が。 アーケードは伝統の「灘龍型」だ。 「ヨカロー」は今も変わらない。 「春待ち疲れ」の前を過ぎ、ヤマカンを渡ると… 在りし日のクラブミレーの映像。

ウォーォー!オーッ!!

今日一番の歓声が上がったかもしれない。

やがてカメラは八幡神社南の路地にさしかかる。 喫茶カウボーイ。 夢かうつつか。 天井からぶらさがるサークライン。 石油ストーブ上につるされたマスターの下着。 カウンター後ろの寝具。 苔むしたトイレ。 執拗にやかんを新聞紙で包むマスターの不可思議な行為。 幻想的な映像が次々にスクリーンに映しだされる。 みんな一心にスクリーンを見つめる。 「ヨロヨロヨロ、フォロヒョロヘロヒー」 天使の声か?地獄の叫びか? 15年の歳月を経て、マスターの歌声が水道筋に響く。

風にのって「ミートショップ藤野」と「トンコパン」のおいしそう な油の匂いがした。ひょっとしたら時空を超えた「天勝」のギョウ ザの匂いかもしれない。

いやここは水道筋6丁目ではないのかもしれない。 今、目の前に見えるまちだけが、まちじゃない。 現在過去、現実と思い出が渾然一体となって、地球上10cmに浮か び上がる、とてつもなくでかい宇宙のような灘のまち。

そんな本当の灘のまちに3cm程近づけたような気がした。

                        (おしまい)

============================================================

naddistに頂いた、皆さんからのご意見ご感想や灘情報を ご紹介する「なだっちゅーの!」を、お送りいたします。 メールを下さった皆様、ありがとうございました。

=========================================なだっちゅーの!114

本編でもご紹介した「灘映画会」にご来場いただいた方から感想を いただきましたので、代表して3通ご紹介します。

●親子三代区民様(ずーとクミン)

昨日の映画会でお世話になった、親子三世代の母親です。 私の母親も(78歳)途中で帰るのでは?と思っていたのですが、 楽しくて最後まで見せていただいて居りました。 妹は丁度ウルトラマン全盛の時代で、「ウルトラ警備隊の前後編やて」 と言っていたので「聞いた時キング・ジョーやと思っててん。」と いっていました。 ご用意いろいろと大変だったと思います。(後片付けも。)ご苦労も 有ったとと思います。お世話になり本当に有難うございました。 スライドを見せて頂いていて、色々と昔のことを思い出しました。 ずーっと区民の私達親子は震災前迄は、水道筋6丁目に住んでいまし た。小さい頃は家の二階の窓から、海が見え、青谷の乗馬クラブの馬 が毎日夕方に家の前を蹄の音を響かしながら散歩をし、毎年旧正月に は韓国人達(競技場の近くに沢山住んでいた。)がお祝いの行列を組 み賑やかに行進していました。 ゴジラや、モスラは摩耶劇場で見ました。中村座には木下大サーカス が来てオートバイが球の中を走る妙技を見せてくれました。今、私達 が住んでいる所は、岸地通です。小学校の頃は母が市電道(懐かしい 響き。)より下には危ないから(単に交通事故に遭わないように。と 言う意味)行ってはいけないと言われ、たまに、友人宅に遊びに行っ たらクネクネの路地ばかりで井戸が有る長屋が有ったりして私にとっ てワンダーランドでした。震災後こちらに移ってみたら道路も広くな り、整然としていて、遊びに行っていた友人宅などは、いったい何処 に有ったんだろうと思います。 naddist読ませていただきながら「あぁ、そうやったな・・・。」と 懐かしく思い出します。メール送ろうかな・・・。と思いながらなか なかキッカケが掴めなかったのですがこれを機会に思いでした事など 送らせて頂きたいと思います。オフ会も「面白そうだな・・。」と思 いながらどの位の年齢の方が参加なさってるのか判らなかったのです が機会が有れば参加させてくださいね。私くらいの年代でPCさわっ てる人があまり居ないのでちょっと寂しいです。 長々と書いてしまい、申し訳有りませんでした。これからも楽しく読 ませていただきます。 今後のnaddist様のご発展をお祈りしております。

  親子三代でのご来場ありがとうございました!   お母様にウルトラセブンはどうか?と思いましたが、楽しんで   いただけたようで、ほっとしています。   摩耶劇場、中村座…   どうぞ遠慮なさらず、是非是非いろんな思い出話しお寄せくだ   さい!楽しみにお待ちしています。   -----------------------------------------------------nad

●ぶち@払下郵政カブ様(東隣山手クミン)

「灘映画会」、非常に楽しかったです! 最前列右側でスクリーン かぶり付きで鑑賞させて頂きました! 打ち上げにも行きたかった のですが、バイクで行ってた事と、友人と一緒だったので、遠慮さ せて頂きました。申し訳御座いません。  『ウルトラセブン』は再放送を見た世代です。子供の頃は何とも 思ってなかった映像でしたが、今にして見ると「あちこちの映像の ツギハギだったんだな〜」と再確認させて頂きました。  『水道筋なつかしの街角スライド』ですが、東隣山手クミンのた め、記憶が薄いのですが、国道2号線や山手幹線沿いの写真には見 覚えのある風景もあり、非常に懐かしかったです。  『衝撃映像!伝説喫茶カウボーイの全て見せます』。噂には聞い ていたのですが、噂通りでした(笑) 当日の上映が前半1/3 程度とのお話に、是非「残り2/3を見たい!」と思っております。 何かの機会にフルバージョンの上映を熱烈にリクエスト致します!

P.S. 「ポインターはブリキだった」との事ですが、そんな悲しい事をお っしゃらないで下さい。ベース車輛は、1958年型、クライスラ ー インペリアルクラウン ハードトップというモデルで、日本に は数台しか輸入されなかったという、非常に希少価値の高い車なの です。 余談ですが、10年程前に千葉県の人が上記モデルのインペリアル クラウンをアメリカより個人輸入し、ポインターに改造して公認車 検も取っておられた様です。

  カウボーイ映像ですが、さすがに最後まで上映するのは如何な   ものかと思われましたので、後半カットさせていただきました。   又の機会に「カウボーイ後編」はお送りしたいと思っています。   ポインターですが、ブリキ発言した人にたずねたら、   「正確には飾りの部分がブリキだった」そうです。   ベース車両は仰せの通り超稀少車ですね。   -----------------------------------------------------nad

●都賀川の娘様(サラブレッドクミン)

先日は、♪闇にまぎれて灘上映〜(妖怪人間のテーマで) 大変楽しかったです。いい企画でしたよ! 最近はイベントも投稿もすっかり御無沙汰してますので。。。 今更ながら、多方面に対する灘アンテナの感度、灘ネットワークの あつみに、脱帽いたしました。 観客の、うなり声や歓声がハモっていて、面白かったですね。 新しい単館映画興行の可能性を感じました。 (流しの紙芝居屋みたいで。リヤカーひいてゲリラ上映とかね。) 都賀川(の映像)は残念でしたが、私としては今まで何度も見てい るはずの光景ですね。今度、私もデジカメ15秒ムービーでおさえて みます。 また次の企画を楽しみにしております。お疲れ様でした。 私は、あのあと水道筋商店街きっての敏腕偽ブランド洋品店で買物 をし、靴擦れが痛かったので、はだしで家まで帰りました。 これも、灘上映会ならではのお楽しみ。

  すいません。   『都賀川の衝撃波』も次回には必ず上映したいと思います。   上映中止のアナウンス後の皆さんのブーイング、あんな怖い目   は久しぶりです(笑)失礼いたしました。   なるほど…紙芝居式リヤカーひいてゲリラ上映ですか。   いいですね!水飴とかカタヌキも売りたいなぁ。   木箱をあけると最新液晶プロジェクターが!   そしてめくるめく灘映像!うーん、これはいいかも!   -----------------------------------------------------nad

============================================================ ●          naddist NEWS            ● ============================================================

●       第一回灘映画会開催しました!       ●

本編でもレポートした通り、去る10月12日(土)予定通り第一 回灘映画会無事開催しました。 当初のプログラムにあった『都賀川の衝撃波』は理由あって上映で きないというハプニングもありましたが、当日は延べ5〜60人位 の方にご来場いただきました。 ご来場いただきました皆さん、誠にありがとうございました。 至らぬ点も多かったとは存じますが、次回はさらにパワーアップし て開催したいと思います。 また、会場確保に苦心していただきました水道筋6丁目柳屋ふとん 店の沼田さん(http://www.net-kobe.com/yanagiya)映像協力いた だきました、灘中央地区まちづくり協議会の皆さん、田平純吉さん、 寺本雅男さん、会場設営撤収をお手伝いいただきました読者のラム ノさん始め多くの読者の皆さんに改めましてお礼を申し上げます。 ありがとうございました!

●       今年も「六甲音楽祭」告知         ●

灘映画会に超貴重な映像「特別番組 さよならカウボーイ」」を お貸しいただきました、田平純吉さんが実行委員長をつとめます、 「六甲音楽祭〜2日間世界一周音楽の旅」が今年も区内各所で開 催されます。当方にもお得なフリーパスポートあります(1500円) ので、ご入り用の方はnaddistまでご連絡ください。 チラシもご連絡いただければFAXいたします。

日時:11月3日(日)・4日(月/休) 場所:灘区内(下記参照) 主催:六甲音楽祭実行委員会    神戸パーカッションフェスタ実行委員会 問い合わせ:078-882-4515(六甲音楽祭実行委員会)

■3日(全会場無料、但しホールズオブホールズ六甲は要入館料)

・サザンモール六甲B612/フェスタ  1300〜1600  出演:灘楽芸会(地域の音楽家達)     スルヤ・ムトゥ(ガムラン)     アスタ01ファンタスティックス(スチールドラム)     Singing Sparrows(ゴスペル)     レギレギ(アフリカンパーカッション) ・摩耶ケーブル・六甲ケーブル/ストリート  1100〜1600  ・ホールズオブホールズ六甲/ギター  1330〜、1430〜、1630〜  出演:島崎陶人(ギター)

■4日(全会場有料/各会場1000円) ・神戸雲内教会/クラシック  1200〜1400  出演:金関環(ヴァイオリン)、村富満世(津軽三味線)     島崎陶人(ギター)、SAKAMOTO古楽コンソート(中世音楽) ・祥龍寺/民族音楽  1400〜1700  出演:木谷悦子(クロマチックハーモニカ)、ヒロ(フォルクローレ)     等々力政彦(フーメイ)、えま&彗奏(二胡・サントゥール) ・六甲幼稚園/李政美ライブ  1600〜1900  李政美(ボーカル・ギター)  灘楽芸会他、地域の音楽家総出演

●       市場ライブもありまっす!         ●

水道筋東畑原市場でも無料ライブがあります。 灘が誇る甲陽音楽学院出身の新進気鋭の若手ミュージシャンによる 無料ストリートライブです。 聞け!これが「スイドウスジ系」だ!

日時:11月3日(日)    1300〜 場所:東畑原市場「新家」前 出演:須藤雅彦(g)と仲間たち 問い合わせ:新家(078-861-3232)

●      ん?ナディストがパネリスト         ●

こんな催しがありますので、いちようご案内しておきます。 で、私もパネリストとして参加してしまいます。 で、たぶん区民ホールで「クラブミレー」とか「リンボー洞門」 とかのスライド映します。 「先着400人」って…ハァー、どうなることやら…。

灘百選シンポジウム「灘の魅力を語ろう!!」

日時:11月9日(土)9:00〜12:00 場所:灘クミンホール 定員:先着400人・入場無料 主催:区民まちづくり会議 灘区役所

●プログラム 9:10〜「きて、みて、撮って、灘百選〜フォトコンテスト表彰式」 9:30〜「基調講演〜灘のゆたかな歴史と文化」     講師:田辺真人(園田学園女子大学教授) 10:20〜「パネルディスカッション〜灘の魅力を語ろう!!」     コーディネーター:豊田実(神戸歴史クラブ理事長)     パネリスト:     慈 憲一(naddist&naddism編集室)     田平純吉(六甲音楽祭実行委員会事務局長)     玉田はる代(灘区連合婦人会会長)     堂馬英二(NPO六甲山と市民のネットワーク副理事長)

●申込方法 参加者全員の1.住所、2.氏名(フリガナ)、3.年齢、4.電話番号を 記入の上naddist(eken@pp.iij4u.or.jp)までメールをお送りくだ さい。

============================================================ naddist発行の「摩耶劇場は福屋家具のところ」は皆様からの メールです。お気軽に「町話」「感想」お寄せ下さい。

naddistへ、ご意見ご感想、情報メールをお送り頂く時は、 ・「なだっちゅーの」(読者お便りコーナー)への転載の可否 ・転載の条件(匿名希望、ハンドル名等、URL載せる事も可能です) ・現在住んでいる所(もしよろしければ) ・灘区との関わり(適当につけて下さい) (例)元クミン:元灘区在住    現クミン:現灘区在住    (クミン=区民ではないので、他地区の方大歓迎) 等を明記して頂ければ幸いです。

------------------------------------------------------------ 来月はいよいよ…あのイベント。あの場所に出かけます。 ------------------------------------------------------------

ご意見ご感想は eken@pp.iij4u.or.jp までお願いします。 ------------------------------------------------------------ naddist [Kapsel naddism] 0000009510

produced by "naddism Edit."(@parabolart) e-mail "eken@pp.iij4u.or.jp" ------------------------------------------------------------ powered by "magmag" www.mag2.com


2002年10月10日(木曜日)

[021010-138]ウルトラ警備隊、灘へ

カテゴリー: - naddist @ 10時45分13秒
...n  a  d  d  i  s  t
...021010-138
...
...naddism Edit.

■CONTENTS==================================================

・ウルトラ警備隊、灘へ ・なだっちゅーの!113      ▼岩屋2題      ▼「トムソーヤの冒険」の前身は…  ・naddist NEWS(naddistからのお知らせ)      ▼第一回灘映画会いよいよ明後日

============================================================

naddist主催、第一回灘映画会がいよいよ明後日に近づいてまいりま した。今回のnaddistはその映画会で上映する作品より、とあるエピ ソードをご紹介いたします。灘っ子たちのド肝を抜いた、 「ウルトラ警備隊、灘へ」事件です。 ♪タケダタケダタケダー、タケダタケダタケダー、タケダタケダー。

=========================================ウルトラ警備隊、灘へ

■ウルトラ警備隊、灘へ

                       TEXT:naddist

「たいへんや!たいへんや!」 「どないしたん?」 「タ、タカバシでポ、ポインター見てん!」 「うそつけ〜」 「ほんまや!ダンもアマギものっとったんや!」 「ホンマか!で、どっち行った!?」 「海の方に行った!」 「どこにかいじゅう出んのやろ!」 「まや山の地下から出てくるんちゃう?」 「いや、なだ浜やで!海からゴボゴボって!  あっこ石油タンクあるで!コワー!」 「コワーコワー!」 「コワーコワーコワー!」

昭和43年のある日、灘っ子たちに衝撃が走った。

ウルトラ警備隊が灘の街に…

当時、子ども達のハートをしっかりつかんでいた、超人気番組 「ウルトラセブン」。その中に出てくる「ウルトラ警備隊」は 灘っ子達にとっても憧れの的であった。 「ポインター」はウルトラ警備隊の誇る水陸両用高性能カー。 日本中の子ども達の人気を一身に受けた、超人気スーパーカーで ある。 そのポインターが、なんと灘の街を走ったのだった。

ウルトラセブン第14・15話「ウルトラ警備隊西へ」は昭和42年頃 神戸でロケが行われた。もちろん灘区でも。

=地球がペダン星へ観測用ロケットを打ち上げた。 =侵略と勘違いしたペダン星人は地球へスパイを送り込んだ。 =それに気付いた地球防衛軍は、 =六甲山にある防衛センターで国際会議を行うことになった。 =ウルトラ警備隊もポインターで西へ向かった。 =シークレットハイウェイルート9を通って。 =♪ワンツー、スリフォ、ワンツー、スリフォ…

「シークレットハイウェイルート9」を疾走するポインターの撮影 は開通間もない六甲トンネルで行われた。 六甲トンネルの開通は昭和42年3月25日。まだ真新しく未来的な六甲 トンネルは日本を縦貫するシークレットハイウェイと呼んでもおか しくない最新鋭のトンネルであった。そして基地の手前にあるこれ また完成ホヤホヤの「新六甲大橋」をポインターは颯爽と駆け抜け て行った。

=ペダン星のスパイは神戸に潜入した。 =ウルトラ警備隊の隊員達は灘区内に配備についた。 =アマギ隊員は「神戸つくばね会」に扮装し、六甲山へ。 =ソガ隊員は「マドロス」に扮装し、摩耶埠頭・摩耶大橋へ。 =アンヌ隊員は「ミカゲレーヌ」に扮装し…残念ながら北野町へ。

摩耶大橋は昭和41年6月2日、その後42年3月に摩耶埠頭が完成した。 もうおわかりだろうが、先ほどの「六甲トンネル」「新六甲大橋」 「摩耶大橋」「摩耶埠頭」、完成がすべて昭和41〜42年に集中して いる。当時の助役(後市長)宮崎辰雄氏がTBS、いや円谷プロと癒 着があったかどうか定かではないが、ポートアイランド建設の序奏 として、神戸市が最新土木技術のプレゼンテーションのためにタイ アップしたとも考えられる。 円谷プロ側としても、神戸が、いや灘区が世界に誇る、できたて ほやほやの近代的土木構造物が、ウルトラセブンの近未来的設定に ぴったり合致したので、ロケ地として選んだのであろう。

そして、作品中最も印象深いシーンへ。

=地球人が悪いのか?ペダン星人が悪いのか? =侵略とは?平和とは?悪とは?正義とは? =ついに、ペダン星の英知の結晶、 =スーパーロボット「キングジョー」が神戸港に現われる。 =目の前にはポートタワーが…。 =危うし!神戸…いや、灘区! =セブン!頑張れ!神戸…いや、灘区のために!!

この作品が放映されたのは昭和43年。 アメリカのベトナム侵攻、沖縄の日本返還問題…。 とても子ども向け作品とは思えない、ぶ厚く重いテーマがシナリオ の底辺を流れる。

…しかし、灘っ子達はそんな大人達の思い入れなんておかまいなし なのだった。 ロケの次の日…

「見たで!見たで!ポインター近くで見てきたで〜!」 「うそ!ええなあ!どんなんどんなん?!」 「ポインターなぁ…近くでみたらなぁ…ブリキでできとったで」 「ブリキ?ポインターはブリキなん?」 「そうや、ポインターはブリキやねん」 「なんや、ブリキ…か…」 「そうや…」 「そうか…」

明けの明星が輝く頃… 灘っ子の見果てぬ近未来の夢は、アイスラッガーでぶち切られ、 灘の空に散っていった。

                         (おわり)

※今回ご紹介した「ウルトラ警備隊西へ」は10月12日に水道筋 6丁目で行なわれます「灘映画会〜ヌーベルナーダ」にて上映する 予定です。(詳細は下記naddist NEWSにて)

============================================================

naddistに頂いた、皆さんからのご意見ご感想や灘情報を ご紹介する「なだっちゅーの!」を、お送りいたします。 メールを下さった皆様、ありがとうございました。

=========================================なだっちゅーの!113

[020920-136]NADA sonic11 「夢の敏馬でチントンシャン」に関して メールいただきました。

●A門様(隣クミン)

今回のnaddistで、岩屋敏馬を見る目が随分と変わりました。 で、さっそく用事にかこつけて、かつての面影を残すものは無いか と探してきましたが、なかなか無いものですねー。 そんな中、これはもしや?と思ったのが 「SNACK 太郎坊」。 スナックには付けないような、恐らくは粋筋の名前・・・。 引退されたかつての敏馬ギャルが、あるいはその二代目が、カウン ターの奥に鎮座ましますや否や・・・。 是非、naddist特派員に取材していただきたいものです。 なお島文の新社屋ビルの鉄骨が立ち上がってますね。 あの仰々しい鉄骨ブレースを見ていると、あれはやっぱり超重鎮の 設計なのかな・・・?と思いました。 設計者の確認まではできなかったのですが・・・。

  「SNACK 太郎坊」ですか、なんか艶っぽい響きですね。   やっぱりその手の店だったみたいですよ。   行かれた事ある方、naddistまでご一報を。つうか行かなきゃ!   岩屋中町2丁目の方に、ちょこちょこスナックエリアがあるの   ですが、あれは違うのかな?   「岩屋花街ツアー」にむけてもう少し調査しておきます。   芸者さんの派遣ってできるのかな?   -----------------------------------------------------nad

岩屋がらみでもう一話題。

●たん吉様(出戻りクミン)

摩訶不思議な本屋が、岩屋駅前にできました。 これまで阪神岩屋駅周辺は、某製鋼所の本社が近くにありながら、 本屋とは無縁の地域でした。 ある日、“のぼり”が立っているのに気が付きました。 「岩屋に本屋、近日オープン!」・・・でも、一見、どこに本屋が できるのか分からないのです。 よ〜く見てみると、JR灘駅から臨港線を渡り岩屋の交差点に出る までに、縮小した「タケナカストア」さんの南の新しいマンション (反対運動の末にようやく完成)の地下(!)へとのぼり&装飾が 続いているのです。 「!!!」なんか怪しい・・。一体どんな“本”を売っているのか? オープンとされた日の翌日、のぞいてみようと一大決意。 白い階段を降りていくと・・・。 「いらっしゃいませ〜」そこには、おそろいのエプロンを付けた初 老の男性が3人。店内はさほど広くなく、男性客が一人。 やはり「エッチ系」の書籍がありましたが、一般の書籍や雑誌もち ゃんと置いていました。 で、欲しかったマンガ本を数冊選び、レジの方へ。 「ちょ、ちょっと待ってください。え〜と、この機械、この使い方 でええんかいな?」初老の男性3人が、バーコード読みとり式のレ ジと大格闘。あーでもない、こーでもないと、後ろにある商品管理 用のパソコンに「人差し指」入力しながら、3分ほどしてやっと金 額が出てきました。私、「これで、お釣りを・・・」800円ほど の金額に千円札と十円玉を数個差し出したところ、またレジ内はパ ニックに。「あーと、えーと、○○○円ですからお釣りは・・・」 差し出されたお金は、明らかに多すぎ。 「・・お釣り多すぎませんか?」またもや3人は協議を始めました。 「一体いつになったら、この本買えるんやろ・・・」 なんやらかんやら会計が済んで、お店を出たのはレジ打ちから5分 ほど経ってからでした。 階段を上がり、店のPRの“のぼり”を振り返ったところ・・・ 地図の最寄り駅が「JR西灘駅」(微妙に間違っているのがおちゃ め)となっていました。 最後まで強烈な印象を残し、私は店を後にしました。 おっちゃん3人は、とても一生懸命に接客してくれたのですが・・・。 あの店、大丈夫かな〜。今では、何となく応援したい気持ちです。 naddist さんはもう行かれましたか? 少しはお客さんの応対に慣れ てくれることを、切に祈っています。

  本屋で初老の男性数人と言えば…南天荘オールスターズの皆様   方はお元気なのでしょうか?…気になります。   岩屋の本屋と言えば○○○の○○○○○○ではないかと噂され   ている「○○○○○○○○」が有名ですが。(時節柄伏せ字に   させていただきます)その辺のアブなさはなさそうですね。   アブな系のお店といえば、少し東の「パパとママの店」は新装   オープンになりましたね。あの店もそろそろ25周年ぐらい?   まだ入った事ないっす。   -----------------------------------------------------nad

[020930-137]喫茶店大調査網結果発表で話題になった「トムソーヤ の冒険」に関して情報いただきました。

●現クミン様

トムソーヤの冒険ですが私が学生の頃(約25年前)頃からあります。 (年バレバレ!!)その頃はピーターパンという名前でした。 今の旦那と学校帰りによく行きました。 その頃の名物はその当時としては珍しかったリゾットでした。 最近は行ってないのでわかりませんが、その当時は地下にワイン セラーもありました(今もあるのかなぁ・・・?) 別れ話をしたのもあそこだったなぁ・・・ (って、そんならなんで結婚してるねん!!) 旦那はもともと地元の人間なので聞いてみると、トムソーヤの冒険 というチェーン店の一つとしてピーターパンがあった・・とのこと です。 ついつい懐かしいので書かせていただきました。 これからも楽しみに読ませていただきます。

  そうピーターパンと言われてピンと来ました!   80年代神戸バイブル『神戸青春街図(プレイガイドジャーナ   ル編著)』にも載っていました。   別れ話した場所 in 灘…こういうネタいいですよね!   (すいません…現クミンさん)   ちなみに私のコクリ場所は摩耶埠頭でした。アホですね(笑)   皆さんの灘コクリスポット、別れ話スポットお寄せください!   -----------------------------------------------------nad

============================================================ ●          naddist NEWS            ● ============================================================

●       第一回灘映画会いよいよ明後日       ●

座って見たい方は今すぐnaddistまでメールを! 昨年度より暖めていました企画「灘映画会〜ヌーベルナーダ」 いよいよ明後日にせまりました。 naddistライブラリーに眠る、灘区の知られざる映像、懐かしい映 像、映画の中の灘の映像を秋の夜長に水道筋商店街で大公開。 さらに、灘中央地区まちづくり協議会さんの協力による 「懐かし〜!水道筋秘蔵写真上映会」もあります。

日時:10月12日(土)18:30〜21:00頃まで 場所:水道筋6丁目商店街(柳屋ふとん店より2軒西の空地) プログラム(予定):    『都賀川の衝撃波』    『ウルトラ警備隊西へ(前編・後編)』    『衝撃映像!伝説喫茶カウボーイの全て見せます』    『水道筋なつかしの街角スライド』 協力:灘中央地区まちづくり協議会

座席まだ少しあります。 あ、座席は取り壊し前の神戸高校旧講堂からパチってきた(いただ いてきた)ベンチを用意しました。座席も灘骨董ものです。 もちろん、当日立ち見覚悟で来ていただいても構いません。 ふらっと「街頭テレビ」を見にきていただく感覚でお気軽にお立ち 寄りください。(なんせ屋外ですから) ポプコーンとビールをご用意して(すいません…これは有料です) 皆様のお立ち寄りお待ち申しております。

============================================================ naddist発行の「マルハチにあったのは灘中央劇場」は皆様からの メールです。お気軽に「町話」「感想」お寄せ下さい。

naddistへ、ご意見ご感想、情報メールをお送り頂く時は、 ・「なだっちゅーの」(読者お便りコーナー)への転載の可否 ・転載の条件(匿名希望、ハンドル名等、URL載せる事も可能です) ・現在住んでいる所(もしよろしければ) ・灘区との関わり(適当につけて下さい) (例)元クミン:元灘区在住    現クミン:現灘区在住    (クミン=区民ではないので、他地区の方大歓迎) 等を明記して頂ければ幸いです。

------------------------------------------------------------ ポインターは東京から神戸まで自走!うーんスーパーブリキだ。 ------------------------------------------------------------

ご意見ご感想は eken@pp.iij4u.or.jp までお願いします。 ------------------------------------------------------------ naddist [Kapsel naddism] 0000009510

produced by "naddism Edit."(@parabolart) e-mail "eken@pp.iij4u.or.jp" ------------------------------------------------------------ powered by "magmag" www.mag2.com


21 queries. 0.085 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress