naddism 登録・解除

ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
naddist カレンダー
2002年 5月
« 4月   6月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
naddist 月別過去ログ
naddist カテゴリ一覧
最新の灘イベント情報
予定なし


2002年5月30日(木曜日)

[020530-126]naddistショップレポート

カテゴリー: - naddist @ 11時15分07秒
...n  a  d  d  i  s  t
...020530-126
...
...naddism Edit.

■CONTENTS==================================================

・「灘印良品」フランチャイズに加盟して      〜naddistショップレポート ・なだっちゅーの!102      ▼新在家運河にマンボウ! ・naddist NEWS(naddistからのお知らせ)      ▼プリンスズーマジカルミステリーツアー開催!

============================================================

暑かったり、雹が降ったり。 マンボウも灘に迷い込むわけですわ。 さて今回は、灘における南方史研究家である長峰坂クールランナー さんより、去る5月26日に稗田公園行なわれました「灘印良品 ショップ開店」レポートをいただきましたので、ご紹介いたします。 春はイベントが多いのでレポート物が増えるわけです。

====================================================灘印良品

「灘印良品」フランチャイズに加盟して

                 TEXT:長峰坂クールランナー

 5月26日の「灘中央まちづくりマーケット」に、naddist shop 「灘印良品」加盟店として「波照間黒糖&灘式黒糖マドレーヌ& 灘式沖縄そば」を出店しました。今年1月に沖縄の波照間島にさ とうきび刈りのお手伝いに行った時に生産から発送まですべて島 のおばあやおじいの手作業で行われている黒糖をたくさん買って きたのですが、高品質でミネラルやビタミンBを多く含んだとて も健康に良いものだったので、灘の人たちに食べていただけない かと思ったのがきっかけです。  いろいろ勉強になることや感動的なできごともあったので、 レポートさせていただきます。

■「エコ容器」探しからスタート

 まずはnaddist店長から「リサイクルイベントなので、エコ的な 仕掛けを」というミッションが発令された。「包装にヒントあり」 とアドバイスを受け、「灘印良品」のブランドを守るためにも環 境に配慮できる容器を探索。世の中、これだけ食に関連したイベ ントが多いのに、市販されているドンブリ型カップ容器の大半が 発砲スチロール製で可燃品やリサイクル品はなかなか見つからない。 「灘って勉強になるなー、考えてみたらルミナリエの大屋台街は 見事な環境破壊や」などと思いつつ、ついにエコ容器を製造して いる業者をネット上で発見。さとうきびの絞りかすを使ったもの で、沖縄や黒糖と関連付けることもできると思い、即注文。  続いて「古新聞の活用がポイント」という第2ミッションが出た。 マドレーヌの包装用紙におもしろい古新聞を使えば、遊びと環境 が一石二鳥という。なるほどさすがは店長と思い、波照間島の品 を扱うことでもあるので、沖縄料理の店に行って地方紙「八重山 毎日新聞」の古新聞をもらう。これで商品・容器・包装3点を沖 縄・八重山にフィーチャーできることになった。

■沖縄の灘出身者や会社の女性から声援を受け

 沖縄そばは、沖縄にある麺業者にメールで買い付け方法を問い 合わせたところ、対応された方がなんと六甲道の生まれで 「自分は震災の時には灘のために何もできなかった。そのことが ずっとひっかかっている。沖縄について紹介していただけること でもあるし、なんとか灘のお役に立ちたい」という電話をいただ いた。沖縄そばには欠かせない「三枚肉と島かまぼこ」を個人的 に100食分プレゼントしていただき、がぜん張り切ることに。 そこで、昔からの琉球と西灘のつながりも踏まえ、トッピングに 灘の一品を使えないかと店長に相談。店長と水道筋をまわって 「灘の焼豚(灘中央市場・土居精肉店)」「灘の練り物3品(畑 原市場・凪かまぼこ店)」「灘のミミガー/豚耳(畑原市場・ 孫悟空)」を仕入れた。  黒糖はそのまま売るだけでは芸がないと思い、灘に関連したも のに加工できないかと「灘式黒糖マドレーヌ」を考えた。灘でア マチュア洋菓子職人として名を馳せた?母親に灘秘伝のレシピを 伝授してもらい、イベントの1週間前に試作品を作り洋菓子にう るさい会社の女性数人に食べてもらったところ「OK」が出た。 ちなみにおやじ連中は、手をつけようとはしなかった。会社の 女性たちの声援は年齢層を越えて予想外に大きく、エールやアド バイスの他、「私にも作らせてほしい」といった声もあった。 バターや薄力粉を選ぶポイントも、彼女たちの指摘が効いた。

■読者さんに助けられて・・・    前日、朝から4時間ほどかけて灘式黒糖マドレーヌ70個が完成。 家庭の電子レンジのオーブンがこんなに優秀だとは思ってもみな かった。何しろ自分のような体育会系(元野球部・硬式庭球部) の男が作っても、女性から支持されるんやから。(快感)   「なんで灘式なの」と聞かれるが、「琉球名産黒糖と、洋菓子 の盛んな灘のセッションやで。それに灘は昔から琉球や鹿児島と の交通が盛んやからな」と喜々として答えていた。もちろん灘の 隠れ人気酒である黒糖焼酎「稲ノ露」も隠し味として使っている。  当日は沖縄なみの日差しの中、「灘印良品店」として缶バッヂ 屋さんの横でオープン。灘式黒糖マドレーヌは3個100円、灘式沖 縄そばは贈っていただいた沖縄そば具セットに加え灘の一品5種 を客が自由にトッピングするシステムにして、200円で販売した。  缶バッヂの店員さんやお客で来られたnaddist読者さんたちから 応援をいただいた結果、そばは完売、マドレーヌも60個が売れた。 居合わせた方々が、わが事のように喜んでくれたのが嬉しかった。

 とういうわけで、天気にも恵まれた楽しい一日を過ごすことが できました。ショップの横で生サックスBGM演奏をしてくださ った読者さん、差し入れをいただいた読者さん、来ていただき買 い物してくださった読者さん、商品説明や在庫管理を助けてくだ さったバッジ店員さん、そしてnaddist店長さん、本当にありがと うございました。  この場をお借りして、厚くお礼申し上げます。

(完)

------------------------------------------------------------

長峰坂クールランナーさん、お疲れ様でした。 当日はたくさんの方にご来場いただき、盛況でした。 naddistからもお礼申し上げます。 今回のnaddistショップは「灘の若大将ツアー」に引き続き、読者の 方とのジョイントイベントとなりました。 最近「主宰者」「読者」の関係が、いい意味で崩れつつあるので、 とても心地よいです。 今年も、あと2〜3回はこのようなクミンによるクミンの店「灘印 良品」販売店を開店する予定ですので、ネタお持ちの方は「灘印良 品フランチャイズ係」までどしどしお申し出ください。 お菓子、ぬいぐるみ、焼き物、アクセサリー、イラスト…灘に関わ るものならジャンルは問いません。もちろんピンハネもしません(笑)

灘バッヂの方も、お陰さまで好評でした。 中には「え〜っ!60種類もあるんですか?!全部ください!」 という方もいらっしゃいましたが、さすがに申し訳なく思いました ので「や、やめといた方がいいですよ…」と言ってしまいました。 商売人にはなれないと、つくづく感じました。

・お詫び 前日、長峰坂クールランナーさんと打ち合わせし過ぎて、当日、日 ざしを浴びたとたん失神してしまい、バッヂ屋出店が大幅に遅れて しまうという店長らしからぬ大失態をやらかしてしまいました。 当日、早くからご来店いただいた方々には誠に申し訳なく思ってお ります。この場をお借りしてお詫び申し上げます。 また、たくさんの読者の方にお越しいただいたのに、バタバタして おりまして十分なおもてなしができませんでした。 合わせてお詫び申し上げます。

                           (nad)

============================================================

naddistに頂いた、皆さんからのご意見ご感想や灘情報を ご紹介する「なだっちゅーの!」を、お送りいたします。 メールを下さった皆様、ありがとうございました。

=========================================なだっちゅーの!102

●たん吉様(出戻りクミン)

今日の朝、早速「マンボウ」を探しに、灘浜の運河まで行ってきま した。普段何気なく歩いている運河べり。どうも工場のイメージが 強くて、「あまりきれいな運河ではないな」という印象をぬぐえま せんでした。 そこに「灘の運河でマンボウ」の記事が。 マンボウって、きれいな海水じゃないと生きられないとか何とかテ レビで言っていたような記憶があります。 果たしてマンボウ、灘の運河で生きていくことはできるのか???

八幡線をまっっすぐ降り、43号線を越えて、運河へと直行。 横にはオープンしたばかりの「灘浜ガーデンバーデン」が。 「神戸新聞の記者さんは、多分この『ガーデンバーデン』の取材の 時に、マンボウ情報をゲットしたに違いない」と、確信。 まず、水門のある東の方へと自転車を進める。が、あまりの水の濁 りに「こりゃ、おらんだろう」と、西へUターン。 運河には、神戸製鉄所の下を通ってやってきた、ものすごい水量の 海水が注がれている。その水は、思ったほど濁ってなく、海水浴に 行く日本海側の青い海本来の色を、少しではあるが残していた。 西に行くにつれ、怒濤のように流れていた海水が落ち着き始める。 「ん???」魚影だ。しかも数え切れないほどの。 アイナメ系の丸味を帯びた中型魚から、数百の群をなす小魚まで、 さらに幅30cmもあろうかという大きなカニが、まったりと水中 を漂っていた。 魚釣り禁止、というわけではないが、ここで魚を釣る人間は少ない に違いない。まさにパラダイス。 そこには、まぎれもない海の生態系が展開されていた。

しかし、私の目指す「マンボウ」はいない。目をこらしても、あの ユーモラスな半ぺちゃの身体をぷかぷか浮かべている私のイメージ は頭の中で肥大していくばかり。 そこに、西から犬を連れたご婦人がやってきた。 地元の人かもしれない、聞いてみよう。 「あの、ここにマンボ・・・・」 「そ〜〜〜なのよ!」ご婦人は同志を得た斥候部隊のように、話し 出した。 「昨日の神戸新聞でしょう? 私も一度はマンボウを見なくっちゃ と思って、あっち(遠く西の方を指す)から来たの。でも、いない わねえ。海に帰ったのかしら」 私のほかに、2、3人作業着のおじさんや背広のサラリーマンが 運河べりを歩いていたが、どうやら彼らも「マンボウウォッチャー」 の一行のようだ。 ご婦人と2,3分話した後、私は運河の西をめざした。 水はますます穏やかになり、その透明度を増していた。 魚も大型となり、ゆったりと泳ぐその姿は、「運河の主」の風格さえ ある。私はそこに「新しい主・マンボウ」の姿を認めたかった。 ・・・水門が見え、運河はゆったりと神戸港へ注いでいった。 マンボウはいなかった・・・。

  「灘の運河にマンボウ!」のニュース、私も「ウッ」と驚きま   した。 (http://www.kobe-np.co.jp/chiiki/kobe/ 神戸新聞WEB NEWS)   かつて同志と「千葉鴨川シーワールド マンボウツアー284   4」の企画運営にあたった私としても黙ってはいられません。   パンダよりうれしい!名前は「万万」にしよう!次の灘印良品   は「灘マンボウ饅頭」かな…略してなだ万…訴えられるかな…   色んな事考えながら、見に行きました。夕方。   いました、マンボウ!新在家運河に!   鴨川シーワールドのクーキー嬢よりはかなり小さめ。   でも、本物のマンボウでした。   「かわいいぃぃぃ〜!……そう…」   かわいそう。   新在家のマンボウ君はかなり弱っているように見えました。   底が浅いので時々ヒレが水面でバタバタなっていました。   「あんたはん、こんな所におったら大きならへん、早よ灘から   出ておいき!」私は心を鬼にして叫びました。マンボウ君は、   あかんたれの志垣太郎のように黙っているだけでした。   次の日須磨水族館の職員により「マンボウ亡命作戦」が実行   されました。無事に、ちぬの海に帰った事を祈りますです。    -----------------------------------------------------nad

============================================================ ●          naddist NEWS            ● ============================================================

●    プリンスズーマジカルミステリーツアー開催!   ●

6月に「灘パンダ実は2頭ともメス?!」でもりあがる王子動物園 のnaddisticツアー、開催日いちよう決定しました。 ハンター邸なんて目じゃねえ!今年で取り壊されるかもしれない 灘重要文化財、カバの茶目子自邸見学。 知られざる動物達のお墓。お医者さん… 宝塚ファミリーランド、阪神パークの廃園なんのその、貴重な正当 派遊園地で回れ!回れ!回れ! 独自入手!30年前の園内地図でGO GO! 初代アシカ池はどこだっ!?ダメだよ、アジ投げちゃ! キュートなフラミンゴの赤ちゃんに昇天確実。 いやいや、元アイドル、レッサーパンダも忘れちゃダメダメ。 もちろん諏訪子詣でも、ね! 亀井さん!naddistがプリンスズーの魂伝えまッス!でっす。

日 時 :6月22日(土)13:00〜17:00ごろまで 場 所 :王子動物園 集合場所:13:00に阪急王子公園西口

参加ご希望の方は事前にnaddistまでメールでお知らせ下さい。

============================================================ naddist発行の「ついに都賀川でアユ産卵」は皆様からのメールです。 お気軽に「町話」「感想」お寄せ下さい。

naddistへ、ご意見ご感想、情報メールをお送り頂く時は、 ・「なだっちゅーの」(読者お便りコーナー)への転載の可否 ・転載の条件(匿名希望、ハンドル名等、URL載せる事も可能です) ・現在住んでいる所(もしよろしければ) ・灘区との関わり(適当につけて下さい) (例)元クミン:元灘区在住    現クミン:現灘区在住    (クミン=区民ではないので、他地区の方大歓迎) 等を明記して頂ければ幸いです。

------------------------------------------------------------ 「ウッ!マンボ!」よりも「マンボ!ウッ!」の方がいい。 ------------------------------------------------------------

ご意見ご感想は eken@pp.iij4u.or.jp までお願いします。 ------------------------------------------------------------ naddist [Kapsel naddism] 0000009510

produced by "naddism Edit."(@parabolart) e-mail "eken@pp.iij4u.or.jp" ------------------------------------------------------------ powered by "magmag" www.mag2.com


2002年5月20日(月曜日)

[020520-125]だんじりフルボディ・ソニックレポート【ドラ灘06】

カテゴリー: - naddist @ 11時16分21秒
...n  a  d  d  i  s  t
...020520-125
...
...naddism Edit.

■CONTENTS==================================================

・灘ドライブ06      〜灘だんじりフルボディ・ソニックレポート ・なだっちゅーの!101      ▼新在家南町にコンビニ ・naddist NEWS(naddistからのお知らせ)      ▼今年もnaddistショップ      ▼プリンスズーマジカルミステリーツアー開催予定?!

============================================================

神戸まつりってあったんですか?…あ、そう。 えーっと、だんじりネタが続いてしまいますが、強引に行かせてく ださい。ということで、今回は灘の走り屋、北隣クミンドクターフ ランキーさんの灘クルマネタシリーズ「灘ドライブ」をお送りいた します。なるほど、だんじりもクルマなのだな。

================================================NADA DRIVE06

そして地車はいく          −灘だんじりフルボディ・ソニックレポート−

            TEXT:ドクターフランキー(北隣クミン)

 「だんじり」囃子が聞こえてくると、毎年これが聞こえる「まち」 はええなあ、と北隣クミンは思ってしまう。

  北隣クミンの生まれ育ったスズランダイは、小部という農村だ ったのが、昭和の初めにシンユー電車(注1)が通って別荘地が開 けてできあがった所だ。でも、古い集落と、新しいスズランダイと がはあまりに離れていたせいか、あるいは住宅難という時代背景に スズランダイという「新興住宅地」が、小部のムラをあっという間 に呑み込んでしまったことが、「まち」の根っこの「ムラ」のアイ デンティティを発揮する「祭り」のパワーの泉源を閉めてしまった のか、とにかく「まつりらしい祭り」が、あのまちにはない。  5月の第2土曜日に、店の前のメインストリートを、夢野台高校 バトン部と兵庫商業ブラバンとのマーチング、申し訳程度の子供御 輿のあとは連合婦人会のおばはん連の総踊りがつづく、むなしい官 製の「まつり」しか、北隣クミンには記憶がない。しかし、これは 新興住宅地に育つ子供の最大の不幸ではないか。

 先々号の各村だんじりマシーンのプロフィールを読んで、4月の 終わりには、だんじり囃子の練習も少しだけ廻った。で、今日、気 が付くと阪急王子公園の人になっていた。  貞松浜田バレエ団の方へ行くと、聞き覚えのあるビート・・・、 「上野」の一団と出会った。 先週の練習の時には、おっちゃん世 代が多かったが、今日は、えっ、どこにこんだけの小中高生が居る ンや、という感じだ。地車の両脇には、白い衣をひらひらさせて、 扇を振って立ち姿の女の子。あれが同級生だったら胸はキュン、甘 酸っぱいものが胸をよぎっただろう。  岸和田の「疾走する凶器」とは違って、幼稚園〜小学生が先導し て悠然と地車が動く様は良いモノである。そして、流石は坂のまち ・灘。コーナーリングはえいやぁとウィリー状態の「さし」。この 一瞬にほとばしる緊張感・殺気が「心地良い。」やはりここは和泉 国ではなく、摂津国である。これが程良いのだ。  北へあがる上野の地車を見送って、灘ボックルの小径(注2)へ 続く坂を歩いた。と、畑原通の方角で鳴り物が聞こえる。盗人川の 暗渠のあるあ の細い路地から「畑原」の一団がのっそりと出てくる。動きは緩慢 だが、交差点ではシャープな身のこなしでクリアーしていく。各村 の地車が機動性を重視しているの理由がこれで納得させられた。

 いったん中央筋を倉石通ラインまで南下。篠原南町7丁目の大き なマンションの横で、「篠原」の一団と遭遇。他のがメルセデスC クラスなら、こちらはさしずめベントレー、という小山のようなス ケール感。  と、曳き子の中に、naddist読者・長峰坂クールランナーさんを 発見。しばし手信号で交歓する。たいがい、朝から練り歩いている から、見た目バテバテ状態だが、「きょうはきもちええ」と、だん じりング・ハイの体。しかし宮入まで持つかなあ。

 五毛天神まで続く天神筋には、屋台も出ていてお祭り気分。しか し、しかし、沿道の屋台の多さはいいが、神社への宮入はどこから アプローチするのだ・・・。(この四時間後、驚愕の事実を私は目 の当たりにすることになる・・・)  ウエ中南の筋で、ようやく「五毛」の一団を発見。時計は四時を すぎて いた。なんとなくウェイティング中の様子。私も自販機で缶ビール。 屋根上のお兄ちゃん達も、すかさずケータイでメール中。この辺は 今時なんだなあ。  と、「運行責任者」のおっちゃんや、法被を着たおばちゃんらの 動きが慌ただしくなる。「いまから他のだんじりと合流するど。怪 我せえへんように、気ぃつけなあかんで」。 何となくぴりっとした気分に。

 合流点となる上岡橋西の四つ辻には、五毛、上野、畑原の三組が 結集していた。しかし、「篠原」が来ない。来ない。一番コンパク トな「畑原」など、坂をあがったりさがったり、軽量を武器にクル ーのテンションをキープしようとしている。下手すりゃキレるかも。  さすがに私も、気になって上岡橋の向こうまで様子を見に行った。 と、やってきた。機関車のようなベントレー・・・じゃなかった 「篠原」。この辺になると屋根上の人達と、空中を飛ぶ関電線・NTT 線のクリアランスが気になる。もう保安基準なんて関係ない。とい って、岸和田のようにぶった切ってもいかない。適当にいなしなが ら、「さし」ていっちゃう。山口クラス総本家南の角では、辺りに 睨みを利かすモニターカメラが、だんじりの「さし」の動きを追う ようにアクションしていたのも、今日だけのご愛敬か。

 やっと四台が四ツ辻に集結。「さし」合戦の応酬だ。畑原は地元 の利か、紙吹雪が舞う。格好の景気づけだ。屋根の上のお兄ちゃん 達が格好いい。中にはブラザートムばりの黒シャツグラサン、胸に はクロスの厳ついおっちゃんもいる、でも、そんなテキトーなヤバ さがないと、気の抜けた麦酒だ。  いつの間にか合流した知人達と一緒に、「畑原」の後について天 神筋への道を辿る。もうなんども上り下りしているはずの中央筋の 坂も、だんじりやベビーカーを押しながらの山手ヤングマダム軍団 とか、いろんな人と練り歩くと、また違う気分だ。  いつしか通りの両側に、いろんな人達が出てきている。  腰の曲がったじいちゃん、ばあちゃんも、乳飲み子を抱えたお腹 の大きなヤンママも、前掛けした食堂のオトーサンも、車椅子のハ ンディキャップドの人も、それぞれがだんじりを愉しんでいる。 こんな、気持ちのいい「だんじり」は、ほかにあるんだろうか。

 天神筋、午後六時半。山麓線の一筋南で、先回りして知人達と缶 ビールと、旨い焼き鳥で一息ついていると、いよいよ宮入だ。  ええっっ。天神筋は封鎖しないのかぁっっっ。  相変わらず営業をしているフランクフルトや、ヨーヨー掬いの屋 台、そして人混み。これらをを蹴散らすわけわけでもなく、絶妙な 間合いで、各地車の一団は上っていく。屋台のテントを持ち上げな がら、勾配のある坂を進み、ついでに、信号待ちもしちゃう。ワー ルドカップの雑踏警備がなんぼのもんじゃいっ、てな感じで、灘消 防団の人の捌き方も絶妙だ。やはり、ここは摂津国だ。ゆるさとき わどさのモダン焼き状態が、不思議だ。  やっぱり最後に登場の「篠原」をフォローして、私達も国魂神社 鳥居下へ。いつのまにか、身動き出来ないほどになった人混みの中 で、私は、不思議なカタルシスを感じていた。岸和田にもない、ま してや東灘にもない。灘だんじりワールド。総代の挨拶のアナウン スがテキトーに済むと、地車はやがて、帰途につく。曳き手達は一 見ばらばらなようで、それでも一個の生命体であるかのように、 「そして地車はいく」。

(完)

(注1)神有(神戸有馬)電車、現神戸電鉄 (注2)天城通6丁目の小道、naddist 010920-102参照     現在マンション建設により、風情台無し。

------------------------------------------------------------

ドクターフランキーさん、いつもと違うクルマレポートありがとう ございました。前号の長峰坂クールランナーさんのレポートとは また違う視点でのだんじりレポートでした。 私は個人的にだんじりで女の子がちょうちん持って腰振っているの は「イカン」と思うのですが…まあ人それぞれですね。 そうそう、いつも地味な働きをされている灘の消防団の皆さんです が、今年もキャラの立っている方々に笑わせていただきました。 「氏子単価でいうと高羽のだんじりが一番高かってんで」 「篠原のでかい言うけど、徳井のだんじりのんがでかかってんで、 だいたいあれの倍や」(うそこけ!) などの気の効いた実況解説。 「兄ちゃん!ビデオ撮るンやったらこっちや!この路地で撮らな! …あ、ごめん向こう行ってもた…カンニンな」 などの的確なコース案内。 いつか影でだんじりを支える灘の消防団のおっちゃん達にもスポッ トをあてたいと思っています。

                           (nad)

============================================================

naddistに頂いた、皆さんからのご意見ご感想や灘情報を ご紹介する「なだっちゅーの!」を、お送りいたします。 メールを下さった皆様、ありがとうございました。

=========================================なだっちゅーの!101

●きつねっこ様(元学びクミン)

新在家南町にコンビニができることになりました。 阪神新在家/大石の間で国道43号の南のあのエリア。 今まで日常買物施設が何ひとつできず、ヤマザキのミニショップが 経営難でつぶれたという実績まであるという、あの新在家南町エリ アにコンビニです。 しかも「ファミリーマート」 復興住宅の人たちからの要望からはじまったということですが、ま、 神戸製鋼のガーデンバーデンができたことも経営の見通しをたてる ことに一役かっているのかもしれません。ま、車道沿いですし。 建つ場所は復興住宅の一番東南の角地(神戸製鋼の土地)です。 一応デザインは新在家仕様っつうことで、瓦屋根でグレイトーンで 看板も小さめになってます。標準デザインではないので数百万余分 にお金がかかるらしい。 オープンは9月予定。 さて店ははやるのか?

  確かに浜手はコンビニ少ないですね。   人が少なくなったからだと思うんですけどね。   昔は駄菓子屋の名店は浜手にあったのにね。   さびしいです。   コンビニで串かつとかイチゴアメ売ったらいいのに。   以前コンビニ関係者に聞いた事があるのですが灘にも「鬼門」   があるそうです。ぜ〜ったいもうからない場所だそうです。   え?どこかって?そりゃ言えねぇ。   -----------------------------------------------------nad

============================================================ ●          naddist NEWS            ● ============================================================

●        今年もnaddistショップ          ●

昨年に引き続きまして稗田公園で行なわれるフリマにnaddistが出店 します。昨年はバッジだけでしたが、今年はnaddistバッグのお披露 目、灘バッジの新作「灘バチモンバッジ」シリーズ、そして読者の 方も出店いただききまして灘沖縄ソバに灘ドーナツ!なのです。 灘モノを揃えまして皆様のお越しをお待ちしております。 お時間ありましたら、お立ち寄りください。

第3回 まちづくりマーケット

日時 5月26日(日)10:00〜15:00 場所 稗田公園   (市バス92系統水道筋6丁目下車、稗田小学校南) 主催 ハート・アンド・ハーモニー    灘中央地区まちづくり協議会 企画 淡河の竹炭、竹細工の実演販売    パネル写真展(なつかしの水道筋・灘中央地区)    フリマなど naddistショップの出し物(予定)   「灘式波照間黒糖ドーナツ」   「灘式八重山ワンカップそば」   「灘バチモンバッジ」等

●  プリンスズーマジカルミステリーツアー開催予定?!  ●

長らくお待たせいたしました。 6月に「灘パンダ実は2頭ともメス?!」でもりあがる王子動物園 のnaddisticツアーを行なおうかも。 ハンター邸なんて目じゃねえ!今年で取り壊されるかもしれない 灘重要文化財、カバの茶目子自邸見学。 知られざる動物達のお墓。お医者さん… 宝塚ファミリーランド、阪神パークの廃園なんのその、貴重な正当 派遊園地で回れ!回れ!回れ! 独自入手!30年前の園内地図でGO GO! 初代アシカ池はどこだっ!?ダメだよ、アジ投げちゃ! キュートなフラミンゴの赤ちゃんに昇天確実。 いやいや、元アイドル、レッサーパンダも忘れちゃダメダメ。 もちろん諏訪子詣でも、ね! 亀井さん!naddistがプリンスズーの魂伝えまッス!でっす。 乞うご期待。

============================================================ naddist発行の「新在家南町のプリンセスソース販売店」は皆様から のメールです。お気軽に「町話」「感想」お寄せ下さい。

naddistへ、ご意見ご感想、情報メールをお送り頂く時は、 ・「なだっちゅーの」(読者お便りコーナー)への転載の可否 ・転載の条件(匿名希望、ハンドル名等、URL載せる事も可能です) ・現在住んでいる所(もしよろしければ) ・灘区との関わり(適当につけて下さい) (例)元クミン:元灘区在住    現クミン:現灘区在住    (クミン=区民ではないので、他地区の方大歓迎) 等を明記して頂ければ幸いです。

------------------------------------------------------------ パンダ、両方メスでもいいや。 ------------------------------------------------------------

ご意見ご感想は eken@pp.iij4u.or.jp までお願いします。 ------------------------------------------------------------ naddist [Kapsel naddism] 0000009510

produced by "naddism Edit."(@parabolart) e-mail "eken@pp.iij4u.or.jp" ------------------------------------------------------------ powered by "magmag" www.mag2.com


2002年5月10日(金曜日)

[020510-124]篠原地車の600分

カテゴリー: - naddist @ 11時17分39秒
...n  a  d  d  i  s  t
...020510-124
...
...naddism Edit.

■CONTENTS==================================================

・篠原地車の600分 ・なだっちゅーの!100      ▼うんちゃら、うんちゃら、たれたれちょん      ▼イタリア広場に家族でのけぞり ・naddist NEWS(naddistからのお知らせ)      ▼だんじりパレード      ▼小松益喜さん逝く

============================================================

皆様、ゴールデンウィークは如何過ごされましたでしょうか。 灘区ヤマカン以北はだんじりウィーク。 そんなこんなのnaddist読者だんじり曳き初体験レポート。 「独占!男の600分」お送りいたします。

==========================================篠原地車の600分

篠原地車の600分

        TEXT:長峰坂クールランナー(元4代目クミン)

篠原厳島神社、午前11時。 鳴り物が始まる。とうとう僕は、地車の肩背棒の枠に納まった。 5日前、naddistツアーでここを訪れた時、声をかけてきた地車の 世話役Mは、偶然にも20年ぶりに会う中学の同級生だった。 灘を離れて10数年、彼の計らいで篠原の男衆に加えてもらう。 育った坂の街で、今から生まれて初めて地車を曵く。

こんな坂の上にあるのに、灘で一番の巨体。実は昭和までは、 中町の郵便局北側にあったという。多くの人に曳かれ、押され、 担いだ人の手によってに磨かれた美しい飴色の肩背棒。 つるつるなのに滑らない。ひんやりした手ざわり。

長峰山から通じる白い坂に出た。最初のターン。外駒の菰が鳴る。 斜度25度の、灘屈指の狭い急坂。1回切り返して、東南向けに 押し回す。気がつくと、背後に深緑、前方は六甲の街と碧い海。 北町から中町へ。ゆるゆると降りてゆく。僕は、地車の曼荼羅の ような精緻な彫り物に見とれながら、体をサウンドに委ねている。

なつかしいまち、町、街。男衆には、もう一人の同級生Tがいた。 「あれはAの家。あっちはY子とこや。どこも建てかわって、 きれなっとうやろ」。Aの家は地震直後、家人が避難している 間に全焼していた。Y子の家は、昔は電気屋さんだった。教科書 を忘れた時、いつも貸してくれる子だった。

公設市場のあった所を通り、都賀川に。ポートアイランドが見える。 よくここから花火を観た。南風に吹かれ中町橋を越えると「力餅」。 肩を叩かれ振りむくと、近くのnaddist「都賀川の娘」さんだった。 「女に生まれて一番後悔するのは、地車が曳けへんことやわ」と 笑った。

今度はS子が来た。同じクラスで体操部だった。「来年はお前が 屋根方に上がって、ブルマー姿でバク転とかしたらええと思うで」 「このトシで見せれる体と違うわ」「そういう問題とちゃうやろ」。 屋根で踊る伝説の篠原おじいは、Tの父親だった。70歳を超える が、矍鑠としている。昔は屋根上で逆立ちもしたという。

中町から南町へ。阪急の踏切。お囃子と踏み切りの警報音が絶妙の セッションをする。通過する電車の窓に、子供の喜ぶ顔が見える。 阪急六甲駅から駅員さんが来て、列車ダイヤを確認しながら頃合 を見て「地車でGO」の合図をくれた。

地車の進むテンポは、気づかなかった街の景色を見せてくれる。 景色に溶け込む力と音。どことなく風そして光も違う。風景という 言葉は、風と景色という意味かと納得。風、光、そして力。ん? かつて原田の森にあった某学校の校歌は、灘の地車をイメージ?

陽が傾き始め、本町を抜け東畑原商店街界隈から摩耶小ゾーンへ。 少しずつ全体の気運が高揚しているのがわかる。他の地車の鐘と 鉦の音も徐々に大きくなってくる。人波も膨れてゆく。 杣谷川を越えてすぐの辻で四方に揃った4台の地車は、ひとしきり 鳴り物&屋根方合戦をした後、列を組んで五毛天神坂へ。

人をかき分け、屋台をかすめ、ウイリーで400mの坂を駆ける。 提灯に照らされた顔、顔、顔。ゆっくりと、映像で見るように、 前方から後方へ流れてゆく。地鳴りのような半鐘と二丁鉦、太鼓、 囃子、喧騒。なのに、何も聞こえてこない気がした。 地車を見る顔、曳く顔。今という時間は、対峙する両者のため だけに凝縮されている、そんな気分。

五毛地車の鬼板は雄、篠原は雌。五毛天神から杣谷川まで、静かな 道を2台が連れ添う。ウエ中や長峰中の下校カップルみたいだ。 川を越えると、五毛との別れの余韻に浸る間もなく最大の山場へ。 護国神社北側から厳島神社まで、500mのアップヒルである。

最後の白い急坂。フォワードは4トップから5トップに。宮入り コーナーリングは、路肩ぎりぎりのアウト−イン−アウトで。 ふと顔をあげれば、眼下に灘の街の灯が煌いている。瞬間、地車 関係者はもちろん、見守ったnaddistさんや同級生たちへの感謝 の念が募った。午後9時。境内は、もうすぐ。 (完)

------------------------------------------------------------

長峰坂クールランナーさん、お疲れ様でした。 ウワサに聞いていた、五毛宮入後の「五毛篠原夜のランデブー」 見させていただきました。 静かになった夜の町中を五毛のだんじりが篠原のだんじりを寄り 添うように送っていく風情はなんともいえない余韻がありました。 そして日柳川での2台の別れ。 「来年まで元気でね」 「お前もナ」 本当にだんじりが生きているようなシーンでした。 夫の五毛が見えなくなるまで、けなげに見届ける妻の姿。 嗚呼!夫婦善哉byミヤコ蝶々&南都雄二。 灘すれちがいカップルとして有名な摩耶ロープウエーの「おりひ め」「ひこぼし」もうらやましいに違いない。 そして別れの後、篠原には最後の試練が…。 厳島神社前の「陳舜臣坂」を巨体をゆらしながら登る登る。 「がんばれ!」

朝から10時間の長丁場でしたが、最後まで全く飽きる事無く だんじりを堪能することができました。 五毛、上野、篠原、畑原のだんじりの皆さん。お疲れ様でした。 そしてありがとうございました。             来年も楽しみにしています。              (nad)

============================================================

naddistに頂いた、皆さんからのご意見ご感想や灘情報を ご紹介する「なだっちゅーの!」を、お送りいたします。 メールを下さった皆様、ありがとうございました。 クミンの声をお伝えする「なだっちゅーの!」もお陰さまで 第100回を迎える事ができました。 これからもどしどしお寄せください。

=========================================なだっちゅーの!100

●DANA様(元クミン・住民票上クミン)

イタリア広場の件、最初にnaddistでお話を見たとき、のけぞりまし た。私は桜口お隣の琵琶町でしたから。道路一本はさんで、再開発 エリア。ほんまに、のけぞりました。速攻でまだ琵琶町にいる家族 に電話しました。 家族でのけぞりました。 チーム灘クミンにも参加させてもらおうかと思いましたが、たまた ま仕事が忙しく、機を逃してしまったので、どうなっただろうと思 っておりました。 桜口・・・。それは私的パラダイスでした。お旅所を走り回って、 擦り傷つくりまくり。通称"何でも屋"で放課後を駄菓子とゲームに 囲まれ、先生にばれ怒られまくり。ジジババのお使いに走り小銭を せしめまくり・・・、空家となったマンションに"基地"として忍び 込んだ、あの日々。 そんなパラダイスが「イタリア」に! ありえません・・・。 「めくるめく愉快で、しかもナゴミ系、ちょっぴり懐かしい灘の原 風景系アミューズメントスポット」そうなんです、そうなんです! あと2年で神戸に戻ります。琵琶町に。そのとき、私のパラダイス はどう変身しているのか・・・、6月4日。単に不安です。 チーム灘クミンの皆様に敬意を表します。

  バブル期の町おこしじゃあるまいに、いきなり「イタリア広場」   はないだろうという感じですね。かっこ悪り〜。   つうことで、我々の提案は「イタリア」であることを全く無視   しています。つうことで審査ではじかれる可能性大です。   が、たとえイタリア広場ができても「イタリア広場お旅所化計   画」など、naddisticなゲリラプロジェクトを行なっていこう   と思っています。お楽しみに。   -----------------------------------------------------nad

●たん吉様(出戻りクミン)

naddist さんにご案内されるまでは、灘にこれほど素晴らしい 「だんじり」があるって知りませんでした。 というのも、私は五毛天神さんのすぐ下に住んでいたのですが、学 生時代にそういうお祭りが無かった(気づかなかった)のです。 だんじりの「宮入り」に際し、ビールを飲むために立ち寄った酒屋 さん(五毛さんの総代だったということで、驚き!!)にほろ良い 気分で伺ったら、「この10年間でだんじりが復活した」 (震災前らしいです)とのことでした。 私って、五毛さんのすぐ下に住んでいたのに「だんじり」知らなか ったのって、「そ〜か、16年前に住んでたからか!」って、シャ レにならないって!!! ともかく、とてもアグレッシブな祭りで、血がわくわくと高まるの はすごかったです。(だんじりさん達が五毛天神に集まるというこ とも、個人的に好きです) 学生時代は、あまり地域のイベントに参加することもなく、五毛さ んから見える神戸港の新年「ぼぉ〜」汽笛が好きだったのですが 「だんじり」という復活系(皆さんすごいですね!)の音が、 この季節に聞けるようになったのも、素晴らしいことだと思います。 私はいちよう“女”ですが、 あ〜〜〜、いいな〜〜〜〜。 私は個人的に「上野」の拍子が好きです。 うんちゃら、うんちゃら、たれたれちょん。 どどとん、どどとん、んん、とう、んん、とう、ととどど。 最後てきとうになりました。 また、5月12日にだんじりが集結するようですが、昨日のだんじ りは、一生忘れられないものでもあると思います。 実際だんじりのルートも知らないまま、ついていっているだけでし たが、ありがとうございました。

  そう、私も「だんじり」見たの最近です。   長らく中断していたので、やってなかったですもんね。   しかもうちの村にもだんじりがなかった…。   町曳き見ていて「曳きてぇ〜」と何度も思いましたが、村の違   う私は、じっと我慢の子だったのでした。   -----------------------------------------------------nad

  

============================================================ ●          naddist NEWS            ● ============================================================

●          だんじりパレード           ●

官製フェスティバルなので多少迫力に欠け、だだっぴろいヤマカン 流すので見た目もイマイチ緊張感がないのですが、5月12日に灘 のだんじりが結集します。春はだんじりを出さない「八幡」「都賀」 のだんじりも今年初お目見え。だんじり入門には最適かも。 通の方は各地車の車庫入れが見物かな。

日時:5月12日(日) 行程:地車練り合わせ 12:30〜12:50    出発式典    12:50〜13:15    解散式典    15:30〜16:00

フォレスタ(12:50)〜ヤマカン〜素佐男神社(14:00) 〜水道筋(15:00)〜春日神社

●          小松益喜さん逝く           ●

神戸の異人館を描き続け、神戸の画壇を代表する元クミン小松益喜 さんが昨日亡くなられました。 「篠原文化村」からは朝比奈隆さんにつぎ、巨星クミン逝く。 御冥福をお祈りいたします。

============================================================ naddist発行の「上野の拍子」は皆様からのメールです。 お気軽に「町話」「感想」お寄せ下さい。

naddistへ、ご意見ご感想、情報メールをお送り頂く時は、 ・「なだっちゅーの」(読者お便りコーナー)への転載の可否 ・転載の条件(匿名希望、ハンドル名等、URL載せる事も可能です) ・現在住んでいる所(もしよろしければ) ・灘区との関わり(適当につけて下さい) (例)元クミン:元灘区在住    現クミン:現灘区在住    (クミン=区民ではないので、他地区の方大歓迎) 等を明記して頂ければ幸いです。

------------------------------------------------------------ 危うしアルハンブラ−! ------------------------------------------------------------

ご意見ご感想は eken@pp.iij4u.or.jp までお願いします。 ------------------------------------------------------------ naddist [Kapsel naddism] 0000009510

produced by "naddism Edit."(@parabolart) e-mail "eken@pp.iij4u.or.jp" ------------------------------------------------------------ powered by "magmag" www.mag2.com


21 queries. 0.076 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress