naddism 登録・解除

ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
naddist カレンダー
2001年 8月
« 7月   9月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
naddist 月別過去ログ
naddist カテゴリ一覧
最新の灘イベント情報
予定なし


2001年8月30日(木曜日)

[010830-100]おとめでB珍【秘湯の旅02】

カテゴリー: - nada @ 14時07分08秒
...n  a  d  d  i  s  t
...010830-100
...
...naddism Edit.

■CONTENTS==================================================

・灘秘湯の旅02      「おとめでB珍」 ・なだっちゅーの! 78      ▼「地蔵盆ラリー」開催しました ・naddist NEWS(naddistからのお知らせ)      ▼夏休みの灘な宿題2つ(間もなく締めきり)

============================================================

今回お送りする「灘秘湯の旅」は灘の風呂屋を「うさぎ君」が色気 なくレポートするシリーズです。が、前回からなんと2年5ヶ月ぶ りのシリーズ復活となりました。 え?またおとめ塚かよ!って? いや、この前こんな人にあっちゃったんです。

======================================Seacret Spa in NADA 02

「おとめでB珍」

                        TEXT:naddist

夏の疲れが一気に襲いかかってきた、お盆前の朝の事でした。 そうだ仕事前にサウナに行こう。私は職場近く徳井町にある「六甲 おとめ塚温泉」で一風呂浴びることにしました。リニューアルした おとめ塚温泉は露天風呂も広くなり、箱蒸しサウナが新設され、お まけにアカスリから足裏マッサージと怒濤の狭小敷地スーパー銭湯 へと変貌をとげました。銭湯へはよく行くのですが、普段使いは落 ち着いたM温泉、G温泉。そして一気にリフレッシュする勝負所とし て、ここをたまに利用するのです。

平日の朝ですが、そこそこお客さんは入っています。いつものよう に「裸で階段(naddist 990312-10参照)」を上り浴室へ。 「よし一時間で疲れを落とそう。えーっと…ジェットバス〜サウナ 〜水風呂〜サウナ〜水風呂〜髭剃り〜露天〜洗髪〜サウナ〜体洗い …こんな感じかな?」ジェットバスの水流に身をまかせつつ一時間 のタイムスケジュールを組んだ後、まず一回目のサウナへと向かい ました。

塩サウナには先客3人。 TVでは高校野球が流れています。智弁学園VS静岡市立の試合。 「(実況)このバッターは、巨人のV9選手であった柴田選手が理 想の選手だそうです」 こ、こいつら16才だろうが…なんで柴田知ってんだ?! 「(実況)ビデオで見たそうです」 そんなビデオあるのかよ!! いつものように心の中でバカルディー風のツッコミを入れながら汗 を流していると、ふとTVの前に座るおじさんに目がとまりました。 あれ…?このオッサン、B珍に似ているなあ…そう、元「ザ・パン ダ」桂B珍師匠そっくりのオッサンだったのです。。 ただトレードマークの眼鏡がないしなあ、わかんないなあ… 昔「樽正」で見かけた事もあるしなあ。いや、わかんないなあ… しかし、B珍氏は国境を越えたお隣御影山手族、灘区の銭湯で会っ ても不思議ではありません。 他の客が続いて出ていき狭いサウナ室に二人っきりになりました。 チャンス。なんとか確認したい…話かけるべきか? しかし、2人とも「すっぱだか」なのです。すっぱだかで隣にすっ ぱだかの有名人がいたら、ナニをするのにもアレするのです。一度 冷静になろう。そうだ水風呂に入って考えよう。とりあえずサウナ 室から出ることにしました。 やがてB珍氏もサウナから出て水風呂に入ってきました。入ってく るなりまるで猛暑で死んでしまったN小学校の池の鯉のように、プ ッカリと水に浮き始め、そして「?ーぅぅ」といううめき声を発し たのです。 「あっその声!B珍!」 私はその瞬間確信しました。やはりB珍氏だったのです。B珍落語 でもおなじみのアノ「?ーぅぅ」だったのです。 やべー本物だ!とりあえず私はまたサウナ室へ逃げることにしまし た。するとB珍氏も「?ーぅぅ」といいながらサウナ室へと入って きました。やばい、ばれたか!しかし、なんで俺が逃げるのだ、ど ちらが芸能人かわからないではないか。よし、ここは一つnaddist 800人の読者のためにも話しかけなければならない!私は意を決し てB珍氏に話しかけることにしました。

「B、B珍さんですよね」 「?ーぅぅ〜そうです…」 やっぱり本物だ…。 「よ、よくここには来るんですか?」 「?ーぅぅ〜はい…」 「このあたりですよね、お住まい?」 「?ーぅぅ〜ええ、そこのナニを上がったとこです…」 「…………………(沈黙)…………………」

やばい、何を聞けばいいのだ! naddistらしく灘な質問をしなければ! コロッケはどこのがお好きですか? 土山町の灘クミンは脅威ではありませんか? 石屋川トンネルで涼まれたことはありますか? 御影山手行きのバスは小さすぎませんか? マグマ大使のガムに会った事はありますか? …だめだ、こんな質問では無視される。

「…………………(沈黙)…………………」

だめだこのままではまずい…。

「…………………(沈黙)…………………」

目の前にあるさほどナニなB珍氏の○珍がナニするのをアレする ばかりでした。何か話しかけないと!

「…………がんばってください…」 「あ〜〜ありがとう」 「…………………(沈黙)…………………」

…プレッシャーに負けた私は敗北感に襲われ、逃げるようにサウ ナ室を出たのでした。 そして、そそくさとおとめ塚温泉を後にしました。 そうだ…B珍のフェラーリが駐車場にあるはずだ。 「フェラーリで灘の銭湯に来る芸能人、B珍」 そのフェラーリに土山町原産のクワガタでもとまっていたら… これはネタになるかも。 しかし…駐車場にはフェラーリどころか、それらしき高級車もあり ません。もちろんクワガタもいません。 「どうやって来たのだろう…?」

外はあいかわらずの日差しとやかましいクマゼミの声。 まあいいや、こんな所でナニな格好のB珍氏に会えただけでも良し としよう。そうだ、お盆中にもう一度来てみよう。もしかしたら今 度は大好きなザ・パンダのK染師匠がサウナにも入っているかもし れないもんな…。 …そうお盆だもんな…。

                           (完)

シャバダバシャバダバシャバダバシャバダバシャバダバシャバダバ

名称は:六甲おとめ塚温泉 場所は:徳井町3丁目(国道2号線徳井交差点北) 特徴は:階段、塩サウナ、広い露天風呂、生ビールコーナー 効能は:裸で階段昇降ができるようになります 牛乳は:白バラ牛乳

シャバダバシャバダバシャバダバシャバダバシャバダバシャバダバ

============================================================

naddistに頂いた、皆さんからのご意見ご感想や灘情報を ご紹介する「なだっちゅーの!」を、お送りいたします。 メールを下さった皆様、ありがとうございました。

=========================================なだっちゅーの! 78

去る7月24日に行なわれました「第二回地蔵盆ラリー」報告です。

昨年は南北通りゾーン串刺しコース(水道筋〜天城通〜畑原通〜赤 坂通〜上野通〜薬師通)でしたが、今年は浜の手+中浜の手コース (大石〜船寺〜灘北〜灘南〜岩屋)を歩きました。 平日にもかかわらず参加者12名の方に参加していただきました。 で、昔よりは減っていました。地蔵盆。特にJRより下。 あと、終わるのが早い…。 ということで約1時間半でゲットした地蔵盆は6ケ所でした。 でも提灯の飾り付けスタイルやら、附随イベントやら、それぞれの 地区ごとに個性が感じられ今年も楽しかったです。 船寺通の地蔵盆なんか「いきなりパン食い競争」なんですぜ! また「地蔵盆キッズ」は山の手より元気で(斜面が緩いから?)、 自転車のカゴにはたくさんの収穫が入っていました。でもお母さん 達も「もう一ついっとくでぇ」とか、かつての地蔵盆キッズ振りが うかがえる会話も耳にすることができました。 しかし、去年も思ったのですが、どう見ても子供に見えない怪しい 我々のグループが「すいませーん、写真とらせてください」とか言 って乱入しても地域の人達はいつも地蔵のような微笑みで「お菓子 も持っていってちょうだい」なんてやさしく迎えてくれるのです。 やっぱりお地蔵さんの近くってそういう気持ちになれる何かがある んでしょうね。だからまた来年も来てしまうのでしょうね。 平日にもかかわらず、お集りいただいた皆さん。どうもありがとう ございました。来年も「地蔵盆アドレナリン」放出させましょう。 それにおじゃまさせていただいた、各町の皆様、本当にありがとう ございました。来年も灘の町にたくさんの提灯がさがりますように。 ツアーの感想もいただきましたのでご紹介します。

●うさぎ様(現クミン)

先日は地蔵盆ラリーお疲れ様でした。去年は残念ながら参加できな かったので、ドキドキ、ワクワクの参加でした。仕事がえりという こともあり結構へばっていたのですが、楽しい夜の散歩になりまし た。こんな狭い地区に沢山のお地蔵さんが密集してるなんて、やは り灘は歴史ある町なのですね。大きいお地蔵さん、小さいお地蔵さ ん、色々ありましたが、前に立ってみると思わず手を合わせたくな るものなんですね。。。いや、いいもんです。また、近所レベルで 集まって密やかにお祝しているのもほほえましかったです。 やはりお地蔵さんは子供の守り神なんですね。

●たん吉様(元下宿クミン)

しかし、残念なのは、今日びの犯罪多発のため、地蔵盆の終わりが 早くなってしまった、という話。私の世代は、夜10時ともなれば 親から「これからは大人の時間。子供は早く寝なさい!」とせつか れた日常の中で、盆踊りと秋祭り(私のところには地蔵盆がなかっ たので)が唯一の「子供が遅くまでフラフラできる時間」だったの です。地域の皆さんも温かく見守ってくれて、迷子や事故がないよ うに気を遣ってくれていたのに。今は、「地域のおじさん・おばさ んがくれる安全」よりも「知らないお兄ちゃん、おじさんがもたら す危険」が日常になったなんて、何か釈然としない感じがします。 このまま、某外国のように、「町中で一番危ないのは“人間”」に なってしまったらどうしよう・・・ 来年のラリーは、もう少し早いスタートになるのでしょうか? いや、それよりも、心ない犯罪の方がなくなってほしいものですね。

============================================================ ●          naddist NEWS            ● ============================================================

●   夏休みの灘な宿題2つ 提出してください ね    ●

以下の2テーマに関して読者の皆様から情報を募集いたします。 いちよう締切は9/1です。忘れたら地獄坂10本ダッシュしてもら います。特にカレーよろしくお願いいたします。

■夏はカレー 灘カレーはやっぱり○○の○○だぜ!大募集

カレーの情報少ないです…。 一昨年の「灘パン」に引き続き「灘カレー」を募集します。 カレー専門店でも洋食屋でも中華屋でも喫茶店でも構いません。 あなたのおすすめの灘カレーを教えてください。 情報お寄せいただいた方には、もれなくnaddsit渾身のオリジナル 「決定版灘区カレーマップ(鋭意取材中)」を差し上げます。

■夏は怖い話 灘の怪談大募集

灘の怖い話や場所教えてください。 まだまだ大募集。 こちらは結構集まってきました。こんな感じです…。 三角公園ずぶぬれ女/アンビリバボー高羽川公園/ヤギおじさんの 血塗り石/表六甲首なしモンキー/六甲の牛女/伯母野山ライオン の館/高羽小学校の怪談/一王山の底無し沼/引きずり込まれるダ ム/六甲山中手振り地蔵…。あー恐。

============================================================ naddist発行の「さまぁず」は皆様からのメールです。 お気軽に「町話」「感想」お寄せ下さい。

naddistへ、ご意見ご感想、情報メールをお送り頂く時は、 ・「なだっちゅーの」(読者お便りコーナー)への転載の可否 ・転載の条件(匿名希望、ハンドル名等) ・現在住んでいる所(もしよろしければ) ・灘区との関わり(適当につけて下さい) (例)元クミン:元灘区在住    現クミン:現灘区在住    (クミン=区民ではないので、他地区の方大歓迎) 等を明記して頂ければ幸いです。

------------------------------------------------------------ 記念すべき100号がこんなネタでいいのかよ ------------------------------------------------------------

ご意見ご感想は eken@pp.iij4u.or.jp までお願いします。 ------------------------------------------------------------ naddist [Kapsel naddism] 0000009510

produced by "naddism Edit."(@parabolart) e-mail "eken@pp.iij4u.or.jp" ------------------------------------------------------------ powered by "magmag" www.mag2.com


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress1/index.php/archives/2001/08/30/010830-10002/trackback/

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

22 queries. 0.069 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress