naddism 登録・解除

ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
naddist カレンダー
2001年 1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
naddist 月別過去ログ
naddist カテゴリ一覧
最新の灘イベント情報
予定なし


2001年1月30日(火曜日)

[010130-79]摩耶埠頭をめぐって【さら灘06】

カテゴリー: - nada @ 14時34分37秒
...n  a  d  d  i  s  t
...010130-79
...
...naddism Edit.

============================================================

愛しき灘を書き綴った、連載「さら灘」は今回で第六話。 まだまだ続く?! 久々に登場の「摩耶埠頭」です。

==========================================さらば愛しき灘よ06

●DECO様(元・学遊飲住愛憎喜怒哀楽クミン)

■第六話 摩耶埠頭をめぐって

 灘を離れて六年になる。その間に僕は六歳分の歳をとった。同じ ように、クラブ○レーのママも、喫茶Lガートのマスターも、そし てあなたも六歳分の歳をとったことだろう。いつまでも歳をとらな いのは、死んでいった者たちと、サザエさん一家だけだ。  僕自身、この六年間に、引っ越し、結婚、出産、離婚、脱サラ、 脱税、脱皮、脱獄などを経て変化する可能性もあったが、実行した のは引っ越しだけである。他方、そんな僕をよそ目に灘のまちは激 変した。六年前、王子動物園のアイドルはパンダではなかった。 キリンやゾウやカピバラであったかもしれないが、少なくともパン ダではなかった。六甲道の居酒屋Fくべは安くて小汚い店で有名だ ったが、今は安くてこぎれいな店になった。八幡市場の南側にあっ たお地蔵さんは再開発ビルの五階に引っ越しをした。八幡市場の北 側にあった大きなマテバシイは、巨大なマンションに席を譲った。  世の中は変わり続ける。はるか昔、PPMが宣言し、ボブ・ディ ランが追認していた。

 僕がまだ灘に住んでいた頃、よく摩耶埠頭に行った。たいていは 飲み続けたあとである。僕はまだ若く(今も若い)、世間知らずで (今も世間知らず)、ル・コルビュジエに心酔し、カティ・サーク に泥酔する学生だった。摩耶埠頭へは、ゼミの連中と行くことが多 かったが、ときには旅先で出会った連れやガールフレンドを誘った りもした。僕らは係留されている外国船籍の貨物船を眺めながら、 ソ連の解体や東西ドイツの統合、天安門事件、湾岸戦争の勃発など ポスト冷戦期突入前後の数々の世界的事件について論ずるのは他人 に任せておいて、どこの地酒がうまいだとかどこに行けばグレンモ ランジが飲めるだとか誰とフレンチカクタスを飲んだだとかいった 話をした。要するに酒が好きだったのだろう。  摩耶埠頭はポートアイランドと六甲アイランドという世界有数の 人工島に挟まれてどこか寂しげだ。摩耶埠頭にいると、高速道路で メルセデスとジャガーに挟まれたミラ・パルコに乗っているような 気分になる。もしあなたが回転寿司のファンならば、「たい」と 「とろ」の間に載せられた「いかげそ」のような存在だと思うかも しれない。  そんな、どこか肩身の狭そうな摩耶埠頭のことが好きだった。 少なくとも、ポートアイランドや六甲アイランドよりはずっといい と思った。言うまでもなく、これは個人的見解である。個人的偏見 といってもいい。個人的でない偏見があるとすればの話だが(もち ろんそれはある。世の中は個人的でない、群集的偏見に満ちている) 摩耶埠頭には「マウンテンコースター」も「リバーモール」も「フ ァッション美術館」もない。でも、いやだからこそ、僕は摩耶埠頭 というミラ・パルコ的、いかげそ的空間を愛しく思う。港湾建設が かつての海辺をどうしようもなく傷つけてきたのだという一般論を 理解しつつも。

 阪神大震災から三年が経った一九九八年の一月一七日早朝、僕は 摩耶埠頭にいた。カーステレオのFMを聴きながら、午前五時四六 分が来るのを待った。かすかに小雨が頬に触れた。時刻の到来とと もに、僕は一瞬身を硬くした。地元のFM局は一分間の静寂を電波 に乗せていた。波の音が聞こえたはずだが思い出せない。僕は何か 別のことを考えていた。それは、摩耶埠頭をめぐる、不思議な思い 出だった。  僕は、ゼミの先輩の日野さん(仮名)と後輩の本田君(仮名)ら と一緒に、車で摩耶埠頭に向かっていた。日野さんは、ひどく酔っ た口調でしきりにどこに行くのかと訊ねた。本田君は苛立つようす もみせずに「摩耶埠頭です」と繰り返していた。そのたびに、日野 さんは「そら難しい」とか「やっぱり難しいな」とわけのわからな いことをつぶやき返していた。いったい日野さんにとって、摩耶埠 頭の何がそんなに難しいのかはさっぱりわからなかった。後日訊ね てみても、粗方の予想どおり、日野さんの記憶はずっと手前から途 絶えていた。  ‥‥長い間、そんな話は忘れていた。なぜ、この鎮魂の静寂のな かでそんな記憶がよみがえってきたのかはよくわからない。気がつ くと、カーステレオは再び何かを語り、何かを歌っていた。僕は回 想を中断し、車に乗り込んだ。ドアを閉め、ふと思った。そういえ ば、六甲アイランドの遊園地はなくなり、ポートアイランドはその 先にさらに造成地を抱え、海を前よりももっと遠くへと追いやった。 摩耶埠頭だけが昔と同じだった。

 世の中は変わり続ける。このまちが実践し、僕らはその目撃者と なった。でも、摩耶埠頭を変えることは難しい、思い知ったか。 日野さんはそう言いたかったのかもしれない。

------------------------------------------------------------

DECOさんありがとうございました。 大地が揺れた1月17日、「無常」というものを実感しました。 無常=永遠に変わらないものはないこと 大地の上にある、お気に入りの町も懐かしい家もそして人の命も。 naddistは町が「無常」であることがベースになっています。 「町は変わり続けるものである」からこそ「今ある町の日常を大切 にしたい」と思っています。その中で、変わり続けない「何か」が 見つけられればいいかなと。 新しい人も家も店も風景も、そして懐かしい記憶も、これからの 「愛しき灘」の大事な構成メンバーなのです。だから「どんな些細 な事も大切に扱いたい」と思っています。naddistのマニアックさは、 そんな思いから来ている事もご理解頂ければ幸いです。

話し変わって摩耶埠頭。 日野さん(仮名)にとっては残念なことですが、実はあそこも無常 でした。以前は櫛形だったのですが、現在、突堤部分の間の海は埋 め立てられ、「ミニポートアイランド」的な茫洋とした、つまんな い形に変わってしまいました。場所としての魅力は改悪されたよう に思います。一突(第一突堤)、二突…といった呼び名はもうあり ません。 「俺、四突好きやねん」 「ウルトラセブンに出ていたのは二突だよ絶対」 「昨日、三突でロシア人にあった」 「ゲイラカイト上げるなら一突やなあ」 といった、会話は過去の物となりました。 でもやっぱり摩耶埠頭は摩耶埠頭。 相変わらず風は冷たく、波はシャバシャバ。 だって摩耶埠頭なんですから。

============================================================

naddistに頂いた、皆さんからのご意見ご感想や灘情報を ご紹介する「なだっちゅーの!」を、お送りいたします。 メールを下さった皆様、ありがとうございました。

=========================================なだっちゅーの! 61

[naddist 010110-77]NADA DRIVEへのご意見を頂きました。

●アアルト様(元学びクミン・西宮在住)

県立近代美術館、是非残して欲しいです。最近は、古い銀行を改装 してバーにしたり、教会を喫茶店にしたり、古くても良い物は内容 を変えてまでも使っています。 あの美術館をなんの用途に使うかは、良い考えが浮かばないんです けど、カフェなんかにするのは結構おしゃれでよいかも! もしくは、美術館だったんで、光が直接はいらないよう設計してい るはずだから、図書館兼、自習室みたいな感じでも良いかも。近く に学校もあることだし、彼らをターゲットにした建物だと、有効利 用されやすい気がします。 とにかく、村野さんは好きな建築家の一人であるし、絶対残して欲 しいです。そごうよりも。

  ご提案ありがとうございました。   松陰、海星の方々の図書館兼、自習室…いいかもしれませんね。   県としては「建物は自由に使っていいからその代わり運営もお   任せします。もちろん金は出せません」というスタンスのよう   です。神戸市には、あそこを有効利用しようという意志はない   ようです。でも裏を返せば区民(市民)が自由に利用できる空   間を自らの手で創るチャンスだと思います。   読者の皆様の中でも、なにか良い(面白い)ご提案ありました   ら、naddistまでご意見お寄せ下さい。   -----------------------------------------------------nad

[naddist 010120-78]NADA SONICへのご意見頂きました。

●ナダレーヌ様(原クミン)

「あるオッサンの歌」ありがとうございました。とても懐かしかっ たです。私は何故かこの歌は知ってました。多分夏のキャンプのと きに覚えたのだと思います。友人は振りがついていたと言ってます。 次回の宴会は[歌って踊る「あるオッサン」]ということになるか もしれませんね。

  振りがありましたか。知りませんでした。是非ご教示下さい。   この歌はキャンプか業間の歌というイメージが強いですね。   「ジェンカ」や「鬼パンツ」の影にかくれていましたが。   (あー「自然の家」でスタンツしてぇ〜)   「灘ダッジオーブン芋合戦〜杣谷の戦い(再び)」で再現して   みたいと思います。   -----------------------------------------------------nad

●CHOCO様(元灘学びクミン・モスクワ在住演劇批評家)

「ある(あの)おっさん」の歌、知っています。でも、西灘小学校 でなかった私は、事もあろうに、御影のとある神社内にあった郡家 会館で、活動していたガールスカウト51団の手作り歌集で、それ を見て替え歌して歌っていた記憶があります。でも、微妙に歌詞が 後退(?)しているようで、やや違うところがあるのです。

順序は忘れましたが、

あのおっさん、いいはった。なんや? アメリカへ行ったとき。ふんふん。 ニューヨークで風呂に入り、 これがほんとの入浴。ふーん。

あのおっさん、いいはった。なんや? ヒマラヤへ行ったとき。ふんふん。 火食い鳥に水の飲ませ、腹裂いて風呂にした。 ふーん。

けっこう何番かあった気がするのに、今はすぐに思い出せません。 でも、「おっさんは、すごく風呂にこだわる!」という強烈なイメ ージが残っているのはたしかです。しかし、あの集団に灘の方がい た覚えがなく(もしかするといたのかも?)どこかを経由して、伝 承されてきたのでしょう。ただ、割合お上品な家の子が多かった、 あのお嬢様予備軍で、(私は完全に外れたものの)こんな歌を歌っ ていたことは、今考えると、やや驚きと、興奮に見舞われますね。

あんまり関係ありませんが、私も「おっさんの意志」を継いだのか、 この一年ほど、極寒のモスクワより演劇批評の修行中のため、拙い メールマガジンなど出しております。関西人の視点、というとこを 強調しつつ、もちろん、神戸人、灘学び人、naddist的な感覚をフル に回転させています。もし、ご興味ありそうな方、おられましたら、 ご一読お願いします。

(ロシア・天井桟敷HP) http://www.geocities.co.jp/SilkRoad/5825/tenjousajiki.html

  遠くモスクワより情報ありがとうございました。   「割合お上品な家の子が多かった、あのお嬢様予備軍」である   はずのガールスカウト51団は「火食い鳥に水飲ませ、腹裂い   て風呂に」するんですか?   私もある種の驚きと、興奮に見舞われました。   何か「悪ぶりたいいんだけど、考えオチにとらわれ過ぎ、ツボ   を外してしまった」という感じがとっても屈折してて「郡家」   って感じで、思わず抱き締めたくなります。また、この歌詞、   ボケとツッコミになっていない…。「ふーん」って終わられて   も…。おそらくバイオリンのお稽古で「道頓堀アワー」を見さ   せてもらえなかった、御影ガールの悲哀が感じられます。   CHOCO様はモスクワで演劇批評修行中とのこと。   やはり立ち飲みはウォッカですか?   -----------------------------------------------------nad

============================================================ ●          naddist NEWS            ● ============================================================

●    潮風の誘惑 摩耶埠頭を渡る風ツアー開催!    ●

今回の「さら灘」でも紹介された、普段あまり訪れる事はないけど、 とっても素敵な場所、摩耶埠頭・灘湾岸。 摩耶埠頭から新在家までの湾岸ツアーを来月開催する予定です。 21世紀初イベントとなります。奮ってご参加下さい。

日時:2月12日(祝)    14:00〜17:00 見所:市バス29系統をバスジャックして摩耶大橋越え、幻の短命    駅国鉄摩耶埠頭貨物駅跡、神戸製鋼引込線廃線跡散策、小野    田セメント、日石タンク見学、ナダハマガニ、ナダハマクラ    ゲ観察、灘区唯一の砂浜見学、ガントリークレーン早登り、    コンテナヤードかくれんぼ、ウルトラ警備隊ポインター停車    位置確認etc

詳細は次号にて。 参加ご希望の方は事前にnaddistまでメールでお知らせ下さい。

============================================================ naddist発行の「レッツキッス」は皆様からのメールです。 お気軽に「町話」「感想」お寄せ下さい。

naddistへ、ご意見ご感想、情報メールをお送り頂く時は、 ・「なだっちゅーの」(読者お便りコーナー)への転載の可否 ・転載の条件(匿名希望、ハンドル名等) ・現在住んでいる所(もしよろしければ) ・灘区との関わり(適当につけて下さい) (例)元クミン:元灘区在住    現クミン:現灘区在住    (クミン=区民ではないので、他地区の方大歓迎) 等を明記して頂ければ幸いです。

------------------------------------------------------------ ♪あ、まえ、あ、うしろ、あ、まえまえまえ ------------------------------------------------------------

ご意見ご感想は eken@pp.iij4u.or.jp までお願いします。 ------------------------------------------------------------ naddist [Kapsel naddism] 0000009510

produced by "naddism Edit."(@parabolart) e-mail "eken@pp.iij4u.or.jp" ------------------------------------------------------------ powered by "magmag" www.mag2.com


2001年1月20日(土曜日)

[010120-78]あるオッサンの歌【ナダソニック08】

カテゴリー: - nada @ 14時35分34秒
...n  a  d  d  i  s  t
...010120-78
...
...naddism Edit.

============================================================

今回は「ナダソニック」をお届けいたします。 「ナダソニック」は灘にまつわる音楽や音環境についてご紹介する 企画です。日常の音からマニアックなあの歌まで広く「ナダの音」 を集めてまいります。 衝撃の「チコタン」に続き、ますますコアになってきた今回は、 笑撃の「あるオッサンの歌」をお送りいたします。

================================================NADA sonic08

●ミンミョン様(10年前までクミン )

(naddist 001130-74でお送りしたチコタンについて) 西灘小学校にいた私はこの曲を忘れることができませんでした。 当時も歌詞を全て把握していませんでした。 何か変な歌やな?なんでこんな歌を合唱団がわざわざコーラスで歌 ってんねんやろうと疑問を抱きつつ特に誰にも詳しく聞かずに今日 に至っておりました。名古屋に来て10年近くなりますが、こちらに 来てからよくこのチコタンのメロディーが頭に浮かぶようになりま した(灘の町が私を呼んでいたのか・・・)。 西灘小学校卒の私の姉、兄にも何回か聞いてみましたが、「そうい えば何かそんなんあったなぁ〜、あの学校は昼休みになる度に変な 曲流してたからな、おやじの頭にタクワン乗せてこれが本当の親孝 行、HEY! ランラララ・・・、は覚えてるけどなぁ」という返事だ けで、ずっと悶々としておりました。今回これで歌詞が全て明らか になり本当に長年の糞づまりが解消しました。 泣けました、サイチャンさんありがとう! 欲を言えば、あのレコードをフルコーラス聞いてみたい (曲も記憶が曖昧なので)

それでは、お礼に 「西灘小学校放送委員会カウントダウン給食放送ベスト5」の3位に 入っている、「あるオッサン」の歌の歌詞を送ります。 (高校時代修学旅行のバスの中で唄ったらメロディが面白いので結 構ウケました) 曲をお聞かせできないのが残念です。 私の記憶が確かならば、以下のような歌詞でした。

>--------------------------------------------------------<

「あるオッサンの歌」 作詞:小川 旦(?) 作曲:小川 旦(?)

1. あるおっさん言いよった 「何(なん)や?」 南極へ行った時 「フンフン」 ←相づち 南やから暑いやろと、海水パンツいっちょう持って行った 「アホかいな!」

2. あるおっさん言いよった 「何(なん)や?」 アメリカへ行った時 「フンフン」 コカコーラを飲み過ぎて、黒い汗かいた 「アホかいな!」

3. あるおっさん言いよった 「何(なん)や?」 インドへ行った時 「フンフン」 ヒマラヤに腰掛けて、インド洋で顔洗(あろ)た 「アホかいな!」

>--------------------------------------------------------<

以上です。 もしこの続きがあるならご存知の方は教えて下さい。 また歌詞が間違っていたらご指摘下さい。 御清読(聴)ありがとうございました。

------------------------------------------------------------

ミンミョン様レポートありがとうございました。 とうとうこの歌まで出てしまいました。 スケールがでかいのか小さいのか分からないバカさ加減、危ういバ ランス感覚は、「メジャーコードのソ連労働歌」ともいうべき不可 思議なメロディーとも相まって灘っ子の人格形成や三半規管の育成 に多大な影響を与えたと思われます。

この歌の特徴は2点あります。 ・ボケパートとツッコミパートに分かれている  子供達はこの歌を口ずさむことによって、自然にお笑いの基本  「ボケとツッコミ」「上下(カミシモ)の使い分け」を修得する  ことができるのです。 ・社会科(地理)的要素が織り込まれている  この歌で南極が南なのに寒いことや、コカコーラの原産国がアメ  リカであることや、ヒマラヤとインド洋の位置関係を把握できる  のです。

この事から、この歌は「シベリア抑留経験のある地理好きのお笑い マニアによる灘っ子洗脳ソング」だったのでは?ということが予想 されます。 しかし、この歌は区内でもかなりマイナーらしいです。 インターネットでも検索してみたのですが出てきませんでした。 たんなる局地的笑撃ソングなのでしょうか? 皆さん聞いた事あります…よね? 聞いた事ある方は是非ともnaddistまでご一報を。

============================================================

naddistに頂いた、皆さんからのご意見ご感想や灘情報を ご紹介する「なだっちゅーの!」を、お送りいたします。 メールを下さった皆様、ありがとうございました。

=========================================なだっちゅーの! 60

●小さな郵便飛行機様(元クミン・加古川在住)

nadaについて28号にもサンスクリット語のことが載っていますが, 偶然今読んでいる本にちょっと詳しく書いてありましたので報告さ せていただきます。 (以下引用) またインドのパーニーニなどの文典派では,われわれが聞く音をド ヴァニ(dhvani),存在するが超音波の音をナダ(nada),そして 超自然的な音をスポータ(sphota)といい,区別して用いている。 (出典:岩波新書179「密教」松長有慶著151ページ)

  「ナダ=存在するが超音波の音」かっこよすぎ。   さしずめ、今回お送りした「nada sonic」なんて「音速の超音   波」(意味不明)かっこよすぎ。   「チコタン」や「あるオッサンの歌」は音速の超音波ミュージ   ックなんです…妙に納得。正に脳髄直撃。身体で聞け!

============================================================

naddist発行のパワーは皆様からのメールです。

naddistへ、ご意見ご感想、情報メールをお送り頂く時は、 ・「なだっちゅーの」(読者お便りコーナー)への転載の可否 ・転載の条件(匿名希望、ペンネーム等) ・現在住んでいる所(もしよろしければ) ・灘区との関わり(適当につけて下さい) (例)元クミン:元灘区在住    現クミン:現灘区在住 etc…    (クミン=区民ではないので、他地区の方大歓迎) 等を明記して頂ければ幸いです。

------------------------------------------------------------ 「ナダソニック」ていう電器屋が水道筋1丁目にありましたね。 ------------------------------------------------------------

ご意見ご感想は eken@pp.iij4u.or.jp までお願いします。 ------------------------------------------------------------ naddist [Kapsel naddism] 0000009510

produced by "naddism Edit."(@parabolart) e-mail "eken@pp.iij4u.or.jp" ------------------------------------------------------------ powered by "magmag" www.mag2.com


2001年1月10日(水曜日)

[010110-77]灘坂ドライブ【ドラ灘03】

カテゴリー: - nada @ 14時42分08秒
...n  a  d  d  i  s  t
...010110-77
...
...naddism Edit.

============================================================

あけましてナダでございます。 新年一発目のnaddistは、さらりとした町ネタからスタートです。 自称「灘の走り屋」ドクターフランキーさんの「ドクターフランキ ーの灘ドライブ」をお送りいたします。正月ボケをぶっとばせ!

==============================ドクターフランキーのNADA DRIVE

●ドクターフランキー様(北隣クミン)

灘のまちといえば、坂道。学校のチャイムと競争する某長峰中生や、 某神戸高生が、息せき切って突っ走るのも、2系統、18系統市バ スがディーゼルのパ−コレ−ションをまき散らしながら登るのも、 坂道。  そんな灘の坂道を愉しむのにぴったりなコースへ車のノーズを向 けてみましょう。  原田線(中央幹線)を布引から東へ走ると、QBB六甲バターを右 手に見てすぐ、白亜の美の殿堂・県立近代美術館が見えてきます。 巨匠・村野藤吾と県営繕課の合作、震災で受けた痛手もようやく癒 えたと思ったのもつかの間、脇浜へ引っ越しがきまり、今後、この 建物がどのように活かされるのかが気になるところです。そして道 を挟んで山側には赤煉瓦も鮮やかな王子市民ギャラリーがすっくと 建ってます。関西学院草創期のチャペルを改修した建物です。でも 私自身は、ぎいぎい軋むドアのあった図書館時代の雰囲気の方が、 好きだったです。  灘区と旧葺合区のヘッジラインをなぞる、でもやっぱし坂の道を 登って、海星女子のマリア様を眺めつつ右へターン。やっぱし灘を 走る方が心が落ち着くなあ!    さて間の道は都合で端折って、六甲登山口の交差点を左折。 さいきん道幅が広がって、走りやすくはなったけど、なんだか妙な スカスカ感が気になるなと思いつつ、灘No2の土地持ち・O氏邸の 甍の照り返しを目の端にとらえながら、ステアリングを操ります。  このあたり、オースチンヒーレーを店先に飾った趣味の店など、 コジャレ系のショップが繁殖しそうな気配・・・。

 最近はイタリアまで進出しているけど、かつては六甲界隈でも修 行していた安藤忠雄設計の「OLD&NEW」の辻を、ひょいと右を曲がっ てみましょう。つまんない神大の公社とは対照的に、適度にツイス ティーな道が結構「走れます」。  神大本部(旧神戸商業大学)のどっしりした正門には目もくれず ウインドシールドの向こう側には、暮色の灘の風景が・・・、と見 とれていては事故のもと。急な下り坂から六甲ケーブルへの上り坂 へ戻って、ギアをセカンドのポジションに落としてさらに先を急ぎ ます。  それにしても、この勾配、日当たり加減、冬場の凍結時にゃ走り たくないな、という道です。さしあたっては、ばかでかいメルセデ スSクラスが近づいてきたときにひやっとする、狭い道幅が気にな りますが。それと、もとは葺合区にあった昭生病院がこの難所の途 中にあるのも、患者さんのことを思うとたいがいやな、と思ったり。  それと、左側に続く神社の石積みが、どうでもいいけど、でもや っぱし素敵。 まあ、よくこれだけのこと思っていて事故らんものだ・・・。                          (つづく)

------------------------------------------------------------

  ドクターフランキー様、レポートありがとうございました。   すっかり一般の人にもユウメイになってしまった安藤忠雄氏は   かつて建築学会賞受賞パーティーを阪急六甲近辺のお店でやっ   ていたそうです。(その時カレーをおごってもらったというク   ミンの方もいらっしゃいます。)神大にももぐりこんでいたん   ですよね確か。中原通(ハイジ北上阪急踏切左)にある彼設計   のギャラリー兼ショットバー「AK」によく行っていたのですが、   冬行くとコンクリートがキンキンに冷えきっていて寒いの何の!   上着なんか到底脱げないし、酒飲んでるのに息が白くなる(笑)   雪山避難小屋状態は、バーのシチュエーションとしては新鮮で   お薦めです。(注 マスターはあったかい人です)   県立近代美術館どうなっちゃうんでしょうねえ。naddistに金が   あれば買い取るんですけど。県でもどうするか迷っていたはず。   いい使い道はありませんか?あ、そういえば移転先の新しい美   術館の設計は安藤「センセー」でしたよね。   今度灘区役所でも設計してみれば?      天上寺近辺でブイブイいわせている走り屋クン達も、フランキ   ーさんのように風景を楽しむ「大人の坂攻め」をやってもらい   たいものです。つーか危ないつーの!

============================================================

naddistに頂いた、皆さんからのご意見ご感想や灘情報を ご紹介する「なだっちゅーの!」を、お送りいたします。 メールを下さった皆様、ありがとうございました。

=========================================なだっちゅーの! 59

●すけちゃん様(籍クミン・東京都杉並区在住)

バスdeナダナダを思い出して、北路線に乗りに行きました。 最初は「おお!」と感動していましたが、帰り、同じ道を帰ってし まうのはちょっと不満ですね。 天神南から東へとってかえし、護国神社あたりから南下して旧将軍 通りの方へ降りてもらえれば、五毛天神−護国神社−春日神社−六 甲八幡神社という初詣のはしごができるのにとか考えてました。 (一時間に一本じゃ無理か)でも灘を縦に走るバスはやはり貴重な存 在だと思います。永く続いてほしいものです。  一日に一本だけ北路線から続けて南路線を走るバスがありました。 天神南から乗ったときの行き先表示は六甲道になっていました。  水道筋三丁目で降りてしまったので、あと、灘区役所前でどうU ターンするのか灘区役所前から乗った場合だと北路線一周したあと 南路線に入っても料金は変わらないのかちょっと疑問を残してしま いました。

  実は昨年行なった「灘ミニバスツアー」なのですが、偶然一日   に一本だけの南北縦貫タイプでした。もちろん料金は200円、   お得です(笑) 灘区役所からどうUターンするかと思ってい   たら、一旦灘警察署前で南に下り、神若線(ヤマカンの一本下   の道)に入り、将軍通からぐるりと回り込んで金沢病院の前へ   つけたのでした。掟破りの街区利用大Uターンでした。   naddistではこのトリッキーなUターン現場を「千旦大ロータリ   ー」と名付け、神戸市交通局の苦肉の作に敬意を表しています。   -----------------------------------------------------nad

============================================================ ●          naddist NEWS            ● ============================================================

●成徳小学校でGT(ゲストティーチャー)をしてしまいました ●

昨年11月17日に成徳小4年1組のゲストティーチャーをしてき ました。(近畿放送研) naddist特製「摩耶カレー」にインスパイ アされた灘っ子達が作ったオリジナル灘メニューにアドバイスをす るという役。当日は私と灘の菓子老舗ナダシンのご主人がGTとなり ました。成徳っ子達が作ったのは ・カレーそうめん(灘目そうめんとカレーの融合) ・コロッケカレー(市場のコロッケとカレーの調和) ・粕汁ラーメン(灘の酒粕とラーメンの遭遇) ・バナナ&パイナップルだんご(ナダシンのだんごのNewアレンジ) 授業中、リアルタイムで作られたのはバナナ&パイナップルだんご。 「さあゲストティーチャーには一番いいの食べてもらわなあかんで」 と、担任の矢野先生。 「先生!素手で作ってええ?」 「キミ、手洗ろたんか?」 「洗ろた洗ろた…さっき」 だ、大丈夫だろうか? となりでは、ナダシンのご主人の心配顔。そしてぼそっと一言。 「後でゆでるから大丈夫や…」 って… 試食が始まり、成徳っ子特製「パイナップルだんご」を食べました。 「…!!♂△♪■□×××ん??うぷっ♀!!…」

でもこうやって、町にこだわり、町を調べ、それを一つの料理へと 昇華させていくってのは子供達の「灘理解・灘愛」を増すのに有効 な方法ではないかと思われます。 naddistのイベントにも取り入れよう…。 題して「料理の灘人」

●    読者アンケートまだまだ受け付けています     ●

年末に配信したnaddistアンケートへの多数のご協力ありがとう ございます。引き続き受け付けております。 プレゼント抽選の都合上1/28日位までにお送り頂ければ幸い です。ご協力の程、宜しくお願いいたします。

●   第3回「こうべ i (あい)ウォーク」開催されます  ●

被災地の現状を歩いて見て回りながら、ボランティア団体を資金面 でバックアップするチャリティーウォークも今年で第3回を迎えま す。JR鷹取駅から三宮東遊園地までのウォーキングです。 (残念ながら灘は歩きませんが…。)

日時:1月14日(日) 集合:11時〜13時にJR鷹取駅前大国公園で受付

なお、道案内等の運営ボランティアのお手伝いをされたい方は 9時30分に大国公園にお集まり下さい。 問い合わせ 078-230-8511(こうべiウォーク実行委員会) もしくは、http://www.netkobe.gr.jp/iwalk/

------------------------------------------------------------

年末アンケートのご意見から、今年から件名に内容の分かる略称を 並記しました。

============================================================ naddist発行の「安藤忠雄」は皆様からのメールです。 お気軽に「町話」「感想」お寄せ下さい。

naddistへ、ご意見ご感想、情報メールをお送り頂く時は、 ・「なだっちゅーの」(読者お便りコーナー)への転載の可否 ・転載の条件(匿名希望、ハンドル名等) ・現在住んでいる所(もしよろしければ) ・灘区との関わり(適当につけて下さい) (例)元クミン:元灘区在住    現クミン:現灘区在住    (クミン=区民ではないので、他地区の方大歓迎) 等を明記して頂ければ幸いです。

------------------------------------------------------------ 本年もよろしくお願いいたしナダ ------------------------------------------------------------

ご意見ご感想は eken@pp.iij4u.or.jp までお願いします。 ------------------------------------------------------------ naddist [Kapsel naddism] 0000009510

produced by "naddism Edit."(@parabolart) e-mail "eken@pp.iij4u.or.jp" ------------------------------------------------------------ powered by "magmag" www.mag2.com


21 queries. 0.080 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress