naddism 登録・解除

ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
naddist カレンダー
2000年 1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
naddist 月別過去ログ
naddist カテゴリ一覧
最新の灘イベント情報
予定なし


2000年1月20日(木曜日)

[000120-43]水道筋プロパガンダ戦闘機【ナダソニック 04】

カテゴリー: - nada @ 15時24分11秒
...n  a  d  d  i  s  t
...000120-43
...
...naddism Edit.

============================================================

今回は「ナダソニック」をお届けいたします。 「ナダソニック」は灘にまつわる音楽や音についてご紹介する企画 です。日常の音からマニアックなあの歌まで広く「ナダの音」を集 めてまいります。第4回となる今回は、読者の方から寄せられた、 「水道筋プロパガンダ戦闘機」リポートをお送りいたします。 都賀川の娘さん、はりきってどうぞ。

================================================NADA sonic04

日曜の午前中、 まだ眠い頭に響くにぶいプロペラ音、 繰り返すサブリミナルアナウンス。。。

その名は、 水道筋の零戦・プロパガンダ戦闘機 「カワウラお嫁入りセンター」 「カーテン・カーペットの店、チョウヤ」 です!!

灘区にお住まいの方なら、きっと聞き覚えがあるはず。 私は、物心ついたころから十数年聞いてる気がします。 なんとも気の遠くなるようなプロペラ音に雑じって、 ぬけるような青空をさらに底抜けにしそうな 妙にトランシイな明るい女性の声で、 「灘 ・・・、水道筋1丁目・・ 、 カーテンカーペットの店・・、チョウヤ。 オーダーカーテン全品2割引・・・大好評〜」 “大好評〜”のくだりで、全身から力がぬけていく のがわかります。この脱力感、虚脱感。 なんかラリっているような気分になります。 雰囲気でいえば「オラは死んじまったダ〜」の トランス感に通じていると申せましょうか。 これと、 「カワウラお嫁入りセンターでは。。。」 がくりかえし襲ってくるのです。 皆さん、布団の中で、または洗濯物ほしながら、 気が遠くなっていくのを感じたことはありませんか?

そしてここからが、「ナンなんだ?」。

謎1:小型プロペラ機はどこから発着しているのか? 誰のものなのか?そしてそのルートは? 謎2:パイロットは店のおっちゃんなのか? 謎3:“お嫁入りセンター”とはなんぞ? 謎4:創始年は?そして、その効果たるやいかに? 謎5:ミレニアムに継続意思はあるのか?

謎3の“お嫁入りセンター”については、私は中学のころ からどうしてもうまく想像できず、 時の世を席巻した統一教会の「合同結婚式」を見た時、 ”これか!!!!”とひらめいたものです。 やはり、宗教の匂いを感じずにはいられない。。。

どなたかこれらの謎をといてくださる 果敢なナディストはいらっしゃいませんか? (関係者の方いらっしゃったらごめんなさい、 真実への純粋な探求心ゆえなのです) 私は、小型機の姿を拝んだことすら殆どないのです。 忘れたころにやってくる、 幻の天声。。。。 夢の小型機にのって灘の空中散歩が楽しみたい。。。 こう思っているアナタは、もう彼らの手中にはまってます。

                     TEXT:都賀川の娘

------------------------------------------------------------

あの浮遊感と墜落感は正に「灘の空中LSD」とも言えます。 聞いたことがない方もいるかと思いますが、例えていうと、 プロペラ音のあと、ドップラー効果を伴って聞こえる「大好評〜」 は、ユーミンの『コバルトアワー』とビートルズの『Lucy in the sky with Diamnds』を同時に聞いてしまったような、ハイブリッド 感に通じる物があります。 最近聞きませんが、もうやらないのでしょうか? なんか寂しい気がします。 「ああ今日は日曜なんだ…」ということが実感できて良かったん ですけどね。 naddistの空中宣伝もやろうかなあ。 「灘のコア情報満載・・・、メールマガジン・・ naddist、 ・・毎月0の付く日発行・・超ローカルネタ・・・大好評〜」

ということで、都賀川の娘さんの疑問について何か情報をご存知 の方はnaddistまでご一報下さい。

============================================================

naddistに頂いた、皆さんからのご意見ご感想や灘情報を ご紹介する「なだっちゅーの!」を、お送りいたします。 メールを下さった皆様、ありがとうございました。

=========================================なだっちゅーの! 26

●匿名希望様(学びクミン・加古川在住)

摩耶ケーブル下近くに友達が下宿しているのですが, そのマンションに体長3メートルはあると思われる 大きな仏像が建てられているのです。 入居者になんの前触れもなく,今年の春,ある日突然建てられたそう なのですが…。 ほんとにでかいんです。真っ白で,入口の上に直立不動でそびえたっ ています。 しかも、見たところ男と分かるようなモノがついてたりします。(-_-) 友達の話によると,そのマンションのオーナーが, そういう,仏像とかが好きならしいのですが…。 さくら並木を上りきると,そこには仏像が…。 絶景です!!!!

     しまった、「灘まちなみ建築探訪」でまわるの忘れてた!   私も初めて写真を見た時驚きました。   仏像と言っても、インドの○○神系の強烈なものです。   「これは猥褻物陳列罪には抵触しないのか?しかも山の手で!」   灘の「珍列系」といえば、小学生のグリーンスクールでおなじみ   「摩耶自然の家」のでっかい石膏像が思い出されます。小学生   にあれみせちゃねえ。すぐ黒くなっちゃいます。    失礼しました。話が下半身に集中してしまいました。とにか   く一度見て下さい。数ある灘の「町キャラ」の中でも強烈な個   性です。東灘の山の手にはぜっーたい存在できません。   だから灘区大好き。阪神間奇人文化健在!   (ちなみに、東灘には「御影カエル御殿」があります。    あれもエクセレント!爆笑!)   -----------------------------------------------------nad

============================================================ ●          naddist NEWS            ● ============================================================

●         灘も震災丸5年。黙祷          ●

フリーペーパーnaddism発行は震災がきっかけでした。その後生ま れた、このnaddistも震災がなければ発行されなかったでしょう。 発行の経緯を話し出すと、長くなるので割愛しますが、変わって いく町を観察し続ける事、無数の記憶を蓄積していく事、それを 楽しく共有していく事、ばかばかしいネタの裏にはそんな思いも 込められています。

============================================================

naddist発行のLSDは皆様からのメールです。

naddistへ、ご意見ご感想、情報メールをお送り頂く時は、 ・「なだっちゅーの」(読者お便りコーナー)への転載の可否 ・転載の条件(匿名希望、ペンネーム等) ・現在住んでいる所(もしよろしければ) ・灘区との関わり(適当につけて下さい) (例)元クミン:元灘区在住    現クミン:現灘区在住 etc…    (クミン=区民ではないので、他地区の方大歓迎) 等を明記して頂ければ幸いです。

------------------------------------------------------------ すいません。発行が少し遅れました。 ------------------------------------------------------------

ご意見ご感想は eken@pp.iij4u.or.jp までお願いします。 ------------------------------------------------------------ naddist [Kapsel naddism] 0000009510

produced by "naddism Edit."(@parabolart) e-mail "eken@pp.iij4u.or.jp" ------------------------------------------------------------ powered by "magmag" www.mag2.com


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress1/index.php/archives/2000/01/20/000120-43-04/trackback/

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

22 queries. 0.069 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress