2018年 10月
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2012年7月2日(月曜日)
甘い予感
2012年1月17日(火曜日)
その街のこども、その街のはなし(6)
2011年12月14日(水曜日)
ウルトラ警備隊、摩耶へ
2011年10月31日(月曜日)
冬が来る前に坂
2011年6月27日(月曜日)
灘区に舞った奇跡の蛍
灘文化堂 カテゴリ一覧
灘文化堂 月別過去ログ
灘文化堂 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2011年1月24日(月曜日)

その街のこども、その街のはなし(4)

カテゴリー: - library @ 16時00分45秒

水道筋を抜け、御影の山手にある美夏(佐藤江梨子)の「おばあちゃん家」を目指す二人が登る
坂道は、天神筋もしくは天神坂と呼ばれている。
坂の上に五毛天神(河内國魂神社)があることから名付けられた。
灘区は南北をまっすぐに結ぶ道が意外と少ない。
水道筋から摩耶山麓に向かって、一直線にナイフで街を切り裂いたかのような道の両側には、
中の手から山の手までの「街の断面」が露出する。
この断面を味わいながら歩くのも天神筋の楽しみ方の一つだ。

阪急電車の天神湯踏切周辺は「むかで屋コンツェルン」の施設群が占める。
勇治(森山未來)と美夏が豚まんを買うセブンイレブンは、かつては「むかでや酒店」という
酒屋だった。現在は焼鳥の「百足屋」、クリーニングの「ムカデヤ」「むかでや不動産」などに、
その不思議な屋号が受け継がれている。
コンビニを出た二人が豚まんを頬張るあたりには、震災前まで市場の入口があった。
元々昭和22年に奄美廉売市場として発足した西灘市場。
このあたりの路地の奥には南島のコミュニティが息づいていた。
水道筋という巨大集積地に隣接しながらも、山の手の固定客が多く客筋のいい市場として
知られたが、阪神淡路大震災後にマンションに建て替えられた。
「ベーカリーハウスほてい堂」の南に路地に市場の通路の痕跡がかろうじて確認できる。
市場の西入口は、摩耶商店街の小さなアーケードが残り、震災前の風情を残している貴重な空間だ。

天神筋にはもう一つ忘れてはならない道の「断面」がある。
勇治に荷物を持たされ美夏がよろめいた先、福住通と天城通の町境にある東向き一方通行の道は、
市電の終点上筒井から阪神大石、篠原手崎(灘公設市場前)に向けて市バスが走る、灘の東西を結ぶ
中の手の幹線道路だった。
少しベテランの灘クミンは2系統が走る「上のバス道」に対してこの道を「下のバス道」と呼んだ。
山手幹線を下のバス道と呼ぶ人もいるようだが、歴史的には「市電道」と呼ぶのが正しい。

二人は暗い坂道を山手方向へ歩き始める。
いつもは静かな山の手の坂道だが、1年で2日間だけ人があふれる日がある。
毎年5月2日、3日に開かれる、坂の上にある五毛天神の「春祭」では、道の両側に屋台がずらりと並ぶ。
夕闇迫るころ、屋台の間を五毛、上野、畑原、篠原のだんじりが提灯を揺らせ、喘ぎながら坂を登って
いく勇壮な道に変わる。

だんじりと同じようにぐいぐいと坂道を登って振り向くと、海が見える。
美夏の「おばあちゃん家」はもうすぐだ。(つづく)

ほぼ灘ロケ作品『その街のこども劇場版』は1月15日からいよいよ
全国で上映。日本各地の灘クミンの皆さまは是非!

劇場情報ははこちら
http://sonomachi.com/theater/index.html

神戸での上映は1月25日まで
神戸映画資料館 http://kobe-eiga.net/
1/24(月)・25(火) 19:00

『その街のこども』オフィシャルサイト
http://www.sonomachi.com/



2011年1月14日(金曜日)

その街のこども、その街のはなし(3)

カテゴリー: - library @ 11時00分21秒


『その街のこども劇場版』予告編より「水道筋商店街往路」



勇治と美夏の胸の内を表しているかのような、照明が落とされた暗い
水道筋商店街のアーケードを二人は歩く。
スクリーンで薄暗いアーケードを見ていると、震災前の水道筋にタイム
スリップしたような感覚になった。リニューアルされた現在のアー
ケードに比べると薄暗かった震災前のアーケードの暗さに近いのかも
しれない。
震災後、壊れたアーケードは新しく改装するため撤去された。
アーケードが完成した1958年(昭和33)以来、実に37年振りに水道筋
から青空が見えた。
アーケードのない水道筋を歩いた。
どこか、初めて来た場所を歩いているような気がした。


昭和40年代の水道筋商店街(写真:灘中央地区まちづくり協議会)


アーケードの東端で立ち止まる二人。
「TUBOMAN」の看板がある一角はたこ焼き屋、小鳥屋、模型屋兼
駄菓子屋が軒を連ね、連日子どもたちでぎわった。
このあたりは「6丁目のアマゾン」とともに、「その街の子どもたち」
のプレイスポットだったのだ。
木製の引き戸を開けると、猫の匂いがする、数人入ると満員になる
模型屋のショーケースには、精巧な戦車や戦艦の模型の完成品が並
べられていた。ミリタリーもの以外にも、骸骨の手が硬貨をつかむ
貯金箱や、『ドボチョン一家』のフランケンなどの、ちょっとおど
ろおどろしい物も子どもたちの羨望の的だった。
「大人になったら、あの戦車売ってもらうねん!」
そう心に誓った子ども多かったに違いない。
おそらく誰もその願いが叶わないまま、2008年に模型屋は跡形も無く
なくなった。

模型屋の南隣には、水道筋最後の映画館があった。
水道筋は中央劇場、西灘東映、西灘第一、第二、摩耶劇場、灘松竹
など6つの映画館が並ぶ、神戸東部随一の「映画の街」だったのだが、
次々と閉館し、かろうじて西灘第一、第二劇場が「西灘シネマ・西灘
劇場」として生き残った。
「西灘シネマ・西灘劇場」は2つの顔を持つ。
成人系のシネマでは「馬を愛した牧場娘」「和服妻陵辱」などの成人
映画が、後期にはアート系作品を上映するようになった西灘劇場では
「12人の怒れる男」「草ぶきの学校」など文学的タイトルが並んだ。
まさに聖と俗。ジキルとハイド、あるいはアシュラ男爵的な映画館。
買い物帰りに、灘温泉帰りに、下駄履きで立ち寄れる映画館として、
神戸市内でも貴重な存在だったが、2004年5月31日に惜しまれながら
「水道筋の映画館」は閉館した。
跡地には何事も無かったかのように瀟洒なマンションが建った。

奇しくもこのドラマのロケが行われ、森山未來と佐藤江梨子が、映画
館跡近くで足を止めたのは、西灘劇場の地霊が彼らを呼び寄せたのか
もしれない。


『その街のこども劇場版』予告編より「水道筋商店街復路」


御影山手にある「美夏のおばあちゃん家」から、東遊園地を目指す二人
は再び水道筋へ。
行きは真っ暗だったアーケードは、明るくまばゆいばかりの光のトンネル
になっていた。
勇治と美夏は何かに吹っ切れたように水道筋を駆け抜ける。
もう立ち止まったりしなかった。
画面に映った「汽笛亭」がもともと瓦せんべい屋だったことも、子ども
であふれた模型屋があったことも、そしてこの地に映画館があったこと
も忘れるように。

無数の記憶と歴史が積層する水道筋も16回目の1.17を迎える。
(つづく)

劇場版『その街のこども』のシネ・リーブル神戸での上映は終了しましたが、
1月15日(土)〜1月18日(火)まで長田区の神戸映画資料館で上映されます。
1/15(土)19:30
1/16(日)19:30
1/17(月)・18日(火) 11:00、13:00、19:00

神戸映画資料館
http://kobe-eiga.net/



2011年1月6日(木曜日)

その街のこども、その街のはなし(2)

カテゴリー: - library @ 11時00分49秒

「西灘のガード」を越えたところで勇治の足が止まる。
通りの突き当たり、JR東海道線の下には「赤トンネル」と呼ばれた
長いトンネルが明治時代から街の南北を結ぶ。
その重厚な断面は歴史的建造物と呼んでもおかしくないオーラを放つ。
実は初代の灘駅はこのあたりに開業した。
神戸港方面への貨物をさばくために貨物専用駅として初代「灘駅」
が開設されたのは1907年(明治40)。
その後、西灘村、西郷町の有志が旅客扱いを鉄道省に要望し、1917年
(大正6年)に現在の場所に旅客駅として灘駅がつくられ、元の貨物
取り扱い駅は灘駅の東なので「東灘駅」と改称された。

赤トンネルの遥か先には摩耶山がそびえ、「傷」のように見える
ケーブルカーの軌道が山腹に走る。
かつては夜になると軌道沿いに照明が灯り、ちょうど摩耶山にかけ
られたネックレスのように見えた。今は深い緑に覆われてしまった
「軍艦ホテル」の威容と合わせて、美しい摩耶山のオブジェだった。
山に向かって真っ直ぐ延びるこの道は、天上寺の参詣道だった道で、
参詣道と西国街道などの幹線との交差部には山門が設置された。

高度経済成長期になると、この道の両側にはパン屋、八百屋、下駄屋、
本屋、豆腐屋、うどん屋、たこ焼き屋など小さな商店が軒を連ねた。
ガレージを改造したゲームコーナーには、ピンボールに興じる「その
街のこども」たちの声が響いた。
通りの西には「富士温泉」もあり、灘南部の下町らしい小さなにぎわ
いを見せていた。

平成7年1月17日、「トラウマ地帯や…」と勇治がつぶやくいたこの
街角も大きく揺れる。
倒壊した家屋が街路を塞いだ。実に地域内の半数が全壊という激震地
だった。
長い赤トンネルはシェルターとなって、何人かの命を救った。
このエリアも間もなく16年目の1.17を迎える。
赤トンネルの上の広大な東灘操車場は震災後その任を解かれ、皮肉
なことにかつての灘駅発祥の地にはJRの新駅ができることになった。
駅周辺には700戸余のマンション群が建つという。
この道から望めた、摩耶山の麗峰もやがて見えなくなるのだろう。

「西灘のトラウマ地帯」を越えた勇治と美華は水道筋へと向かう。
(つづく)


その街のこども劇場版』はシネ・リーブル神戸で上映中。
神戸の上映はいよいよ明日まで!

詳細は
シネ・リーブル神戸
『その街のこども』オフィシャルサイト


2010年12月7日(火曜日)

その街のこども、その街のはなし(1)

カテゴリー: - library @ 21時00分39秒

今年の1月17日にNHKで放送され、反響を呼んだドラマ『その街のこども』の劇場版が
現在シネ・リーブル神戸で上映されている。
この映画は灘クミンの皆さんには是非見ていただきたい。
というのも、内容もさることながら、灘区各所がスクリーンに登場するこれまでに類を見ない
灘ロケ作品なのだ。しかも出てくる街角がどこも地味で滋味あふれ、実に味わい深い。

新神戸で偶然出会った勇治(森山未來)と美夏(佐藤江梨子)が、震災15年目の朝まで
三宮〜御影間の街、つまり灘区でひとときを過ごすというストーリー。
灘文化堂ではこの映画に登場する灘の街を映画の内容とは全く関係のない読み解きをして
みたいと思う。

『その街のこども』阪神西灘ガード

『その街のこども劇場版』予告編より「阪神西灘ガード下」


三宮からJRの高架沿いを東へ歩いてきた二人は、なぜか阪神西灘駅に到着する。
阪急王子公園でもなく、JR六甲道でもなく、阪神西灘である。
渋すぎる。
灘クミンでも思わず「ここどこやねん」とツッコミたくなるにちがいない。
どこかで見たことがあるような、見たことがないような、不思議な浮遊感がある場所。
阪神電鉄西灘駅は、阪神国道電車との乗り換え駅として1927年(昭和2)に開設された。
つまり、街の中心でもなんでもなく、ただ乗り換えのために阪神本線と国道2号の交点に
偶然できたという「できちゃった駅」。
映画の中に漂う「どこでもない感じ」はこの駅の生い立ちによるものかもしれない。

画面にちらっと映る酒屋「坂田商店」では、その昔「やえもん」というオリジナルブレンド
の日本酒が売られていた。かつては酒屋がいろんな銘柄をブレンドして販売できたので、
無数のブレンド酒があったという。
坂田商店の南には「菅公」という銘柄で知られた、西郷・岩屋の蔵、1824年(文政7)創業
の「菅野酒造」があった。
その東南には灘酒では西の横綱と呼ばれた「若井酒造」の甍(いらか)の波が広がっていた。
ここで醸されていた「牡丹正宗」は西灘の幻の銘酒だ。
毎年大晦日になると、若井本家の蔵の外には酒がなみなみと入った樽が並べられ、無料で
酒が振る舞われた。その酒を飲んで海に落ちて溺死した人たちを供養するためにまつられた
といわれている地蔵の1つが、今でも高速道路のかたわらにひっそりと残っている。

酒の街だった西灘界隈も近代化とともに風景が変わっていく。
白砂青松の静かな村も、重厚長大の時代の波に飲み込まれ、西灘には葺合の浜にあった川崎
製鉄の社員住宅ができた。そして社員住宅はボウリングブームの到来とともにボウリング場
に変わった。全盛期は灘区内に6カ所あったボウリング場も次第に減り、震災で被災した
「西灘ボウル」も取り壊され、屋内スノーボード場「スノーヴァ神戸FREE区」と
して再スタート。しかしわずか8年で閉鎖し大規模マンションになった。
勇治と美夏が話をする公園のような場所が、このマンションの公開空地だ。

めまぐるしく変貌を遂げてきたこの場所で、エアポケットのように「西灘」が残っている
場所がある。阪神西灘駅前の、西郷の金盃酒造の宣伝酒場である「高田屋巽店」ののれんを
くぐると、当時の「西灘」に少しだけタイムスリップできる。
名物の関東煮をつつけば、酒蔵の匂いや、阪神国道電車の警笛、駅へ急ぐ工場労働者の靴音、
そしてボウリングのピンが倒れる音、耳をすませば砂浜に寄せる波音も聞こえてくるかも
しれない。

積層された歴史と浮遊感漂う「西灘のガード」を越えた二人は
「勇治のトラウマ地帯」へと歩いていく。(つづく)


『その街のこども劇場版』はシネ・リーブル神戸で上映中。
12/4〜12/10 20:20の回、予告なし本編スタート、レイトショー1,200円均一。
12月10日は元灘クミン、森山未來氏の舞台あいさつもあり。

詳細は
シネ・リーブル神戸
『その街のこども』オフィシャルサイト


震災経た若者の今 ドラマ「その街のこども」映画化(神戸新聞2010/11/24)


2008年11月5日(水曜日)

摩耶山で本を読んだ日

カテゴリー: - library @ 09時00分27秒

・・・摩耶山でゆったりと過ごす・・・

摩耶山リュックサックマーケットと同じような、山の過ごし方提案イベント
「山の図書館〜摩耶山で本を読む日」を11月1日と2日の両日、摩耶山上で
開催しました。
まあ、思った通りのユルいブースになりました。
なんせただ「山で本を読んでください」というイベントなのですから。
ゆるいのなんのw
山上の貸本屋「摩耶山文庫」では103冊の灘の本、山の本を用意。
村上春樹、稲垣足穂、竹中郁、久坂葉子、島尾敏雄、
そして中村よおさんの酒場本などの灘ゆかりの作家の灘本、
新旧とりそろえた六甲山のガイドブック群、
近松門左衛門の摩耶本などを1日限り無料で貸し出しました。

流石山上だけあって人気があったのは、古い六甲山のガイドブック
『六甲山ハイキング』。
著者の大西雄一氏の名文がたまんない。
これが摩耶山や六甲山に行きたい気持ちを増幅させてれる文章なんです。
「わ〜これ持ってたわ〜!」
「ようこんなん持ってるな〜兄ちゃん」
「懐かしい〜!」
「ぼろぼろになるまで持ち歩いたなあ」
「ワシが就職したときに出た本や」
など、ハイカーの皆さんから本にまつわるエピソードも聞くことができました。
この本は昭和38年に発行されたのですが、神戸市民必携の六甲山ガイドブックと
いっても過言ではありません。かなりの率でご家庭にあるのでは?

あと、意外と人気があったのが
『落ち葉で調べよう どんぐりのいろいろ』『どんぐりノート』『どんぐりのいろいろ』の
子ども向け絵本。
子どもたちに引っ張りだこで、三冊あった本は常に貸し出し状態。
ひろってきたどんぐりの種類を絵本で確かめたり、
ハンモックに寝転がってユラユラ読書したり、
お母さんの読み聞かせが始まったり。
パラパラと立ち読みして立ち去って行く大人たちが多い中、子どもの方が
このイベントの主旨を理解してくれているような気がしました。
そう、摩耶山って意外とせかせかしている人が多いのですよ。
本を勧めても「先を急ぐので」とか「何時にどこそこに到着しないといけないから
そんな暇は無い」とか…
リュックサックマーケットのときも感じましたが、ハイカーって結構せっかちなんすね。
ハイカーにとって掬星台ってゆったりする場所ではなく、通過点なのでしょう。
もったいないなあ。
そんな中、何人かの参加者の方から感想をいただきました。
「山の上でゆっくり本を読むのって気持ち良いですね」
ありがとうございます。

それと、やっぱりハンモックの実力に恐れ入りました。
いやこれで本読むの、むちゃくちゃ気持ちいいっす。
真っ青な空と色づきかけた木々、心地よい秋風、そして本。
ハンモックに寝転びたいから本を借りた人もいたくらいですから。
レンタルハンモックを掬星台名物にしてもいいかもしれませんね。
夏は星空が眺められますから。

ということで、今月11月15日(土)の摩耶山リュックサックマーケット
再び摩耶山文庫を開店することにしました。
もちろんハンモックも持って行きますので。
今回来れなかった方も是非お立ち寄りください。

秋の1日、摩耶山でゆったりと本を読む。
皆さんのご来店をお待ち申し上げます。

「摩耶山文庫@摩耶山リュックサックマーケット
日時:11月15日(土)11:00〜16:00
場所:摩耶山掬星台 リュックサックマーケット会場


2008年10月28日(火曜日)

摩耶山文庫開設のお知らせ

カテゴリー: - library @ 18時30分41秒

灘区もズルズルと秋めいてまいりました。
皆さんいかがお過ごしでしょうか。灘文化堂店主です。
今回は今週末連休に開催される灘文化堂がらみのイベントのご案内です。
最近山で本を読んでいますか?
え?山なんかで本読まないって?
だまされたと思って摩耶山で本を読んでみてくださいよ。
とてもすがすがしいですから。

本好き灘クミンならリュックサックに文庫本を入れて摩耶山に登り、
山上のベンチで寝転がって青空の下、本を読んだことが一度はあるはず。
市街地からすぐの天然の書斎、摩耶山で読書を楽しんでいただく企画が
今回開催する「摩耶山文庫〜摩耶山で本を読む日」です。
摩耶山中には素敵な読書スポットがたくさんあります。
山に点在するベンチやテーブルを山の書斎として使ってみようという試みです。
桜谷の川沿いのベンチ、明るい掬星台のベンチ、360度パノラマの天狗塚
湖面が美しい穂高湖畔のベンチ、雄大な景色がのぞめる夕陽ケ丘や天上寺金堂回廊…
どうぞ気に入った場所でのんびり本を広げてください。
また摩耶山文庫ブースでは、灘ゆかりの作家や灘が舞台になった小説、
めずらしい昔の六甲山ガイドブックなど灘区にまつわる本を貸し出しいたします。
文化堂店主は2日とも山上におりますので、ぶらりとお越しくださいませ。

水辺のレスト サンライズベンチ
天上寺金堂回廊 紅葉ベンチ
穂高湖畔ベンチ 夕陽ケ丘ベンチ

「摩耶山文庫〜摩耶山で本を読む日」
日時:11月1日(土)・11月2日(日)11:00〜16:00
受付:摩耶山掬星台 摩耶山文庫ブース(アートフェスティバル摩耶山:掬星台会場)
参加費:無料
主催:灘区役所
協力:灘文化堂(ナダタマ)

●レンタルハッンモック
読書用のハンモックをご用意いたしました。
お好きな場所でおくつろぎください。

●萩原珈琲のサービス
摩耶山文庫をご利用のお客様にはあたたかい萩原珈琲(灘区・城内通)
をサービスいたします。

●摩耶山読書スポットマップ
灘文化堂おすすめの山中の読書スポットを紹介するマップも用意いたしました。
お好きな場所へお出かけください。
(山上の移動はシャトルバスおよび電動アシスト付き自転車をご利用ください)

灘イベント情報でもお知らせしています
摩耶山文庫〜摩耶山で本を読む日(11/1)
摩耶山文庫〜摩耶山で本を読む日(11/2)

天狗塚


37 queries. 0.075 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress