2012年 7月
« 1月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2012年7月2日(月曜日)
甘い予感
2012年1月17日(火曜日)
その街のこども、その街のはなし(6)
2011年12月14日(水曜日)
ウルトラ警備隊、摩耶へ
2011年10月31日(月曜日)
冬が来る前に坂
2011年6月27日(月曜日)
灘区に舞った奇跡の蛍
灘文化堂 カテゴリ一覧
灘文化堂 月別過去ログ
灘文化堂 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし
オンライン状況
6 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 灘文化堂 を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 6

もっと...

2012年7月2日(月曜日)

甘い予感

カテゴリー: - library @ 08時55分03秒

水道筋の[月光レコード]が閉店する。
水道筋からは本屋、レコード店という「文化部門」が完全になくなることになる。
時代の流れとは言え、これでいいのか?水道筋。
というか、レコード店自体が灘区内からなくなった。
今残ってるのは六甲道の[ベスト]くらいだろうか。

初めて自分の小遣いでレコードを買ったのは、阪神大石の高架下にあった
BSショッピングセンター2階の[大石音響]だった。
小学生の頃はレコードを買うという行為がとてもオトナなような気がして、
レコードを手に取り、レジまで持っていくのに相当時間がかかったような気が
する。さらに女性アイドルのレコードを買うことなんざ、純朴な男のコにとって、
相当なハードルな訳ですよ。
なにかイケナイことをしているような気分になるわけですよ。

アン・ルイスが青谷のステラマリスインターナショナルスクールに在籍していた
ことは、海星で非常勤講師をしていた母から聞いて知っていた。
「灘区の学校に通っていたアイドル」
それだけで僕の心は海星のチャイムのようにディンドンと高鳴った。
今回ご紹介する、彼女の13枚目のシングル『甘い予感』は、後に『女はそれ
を我慢できない』『ラ・セゾン』などのロック歌謡へと向かう前のソフト路線最後の
楽曲で、作詞作曲・松任谷由実、編曲・松任谷正隆の佳曲。

 Wow Wow Wow
 ふとつけたの カーラジオ
 流れてくるのは ビーチボーイズ

それまでアカぬけない歌謡ポップスから一転してのニューミュージック。
ユーミンが思い描いたであろう湘南の空気と、アンが吸った神戸の空気が
不思議とリンクする。

 夏がゆく頃に 恋も終わるって
 だれがきめた 悲しいこと
 私 信じない

かつては夏になるとインターナショナルスクール(後カナディアンアカデミーに吸収)
の「お姉さん達」が長峰の堰堤に飛び込む姿が見られたそうだ。
そのすらりと伸びた白い肢体と青い目に、灘っ子のハートはわしづかみにされたという。
そんな灘の夏をふと思い出させてくれるフレーズだ。

35年前に戻る。
ドキドキしながらBSショッピングセンターのエスカレーターを駆け上がり大石音響へ。
摩耶山のカエデのような葉っぱを髪につけて、伏し目がちのアンのジャケットを見つ
けて手に取った。
買うのか?このレコード買っていいのか?オレ。
誰かに見つかったらどうしよう。
長い時間が経ったような気がする。
レジのおじさんにもにらまれたような気がする。
でも結局は買えずに、横にあった太川陽介の『ルイルイ』を買ってしまったのだった。
これが私のレコード購入初体験だった。
そして後に『六本木心中』を聞いた時「青谷のアン」は僕の中からいなくなった。


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress0/index.php/archives/2012/07/02/post-39/trackback/

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

31 queries. 0.030 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress