2011年 12月
« 10月   1月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2012年7月2日(月曜日)
甘い予感
2012年1月17日(火曜日)
その街のこども、その街のはなし(6)
2011年12月14日(水曜日)
ウルトラ警備隊、摩耶へ
2011年10月31日(月曜日)
冬が来る前に坂
2011年6月27日(月曜日)
灘区に舞った奇跡の蛍
灘文化堂 カテゴリ一覧
灘文化堂 月別過去ログ
灘文化堂 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2011年12月14日(水曜日)

ウルトラ警備隊、摩耶へ

カテゴリー: - library @ 20時00分28秒

先日、神戸新聞のサブカル企画、ウルトラセブン聖地巡礼企画関連で
灘区内のウルトラセブンロケ地を巡る取材に同行させていただいた。
灘クミンにはおなじみの第14、15話「ウルトラ警備隊西へ(前・後編)」
全編神戸、芦屋ロケの作品だが、ペダン星人とモロボシダンが話し合う
シーン、ウルトラセブンに変身するシーン、キングジョーを倒すシーン
等など多くの名シーンは摩耶埠頭で撮影された。
映像を見ながら、山の稜線、建物のシルエット等から場所を特定していく。
今回の取材は、神戸市みなと総局の「ミナトの漢(おとこ)」の皆さんに
立ち会っていただけた。
最初はうさんくさそうな顔をしていた彼らも「ウルトラセブン」「アンヌ」
と聞いて目がキラリと輝いた。
もう、いつまでたっても男の子なんだから。

「このモロボシダンの後ろに見えるのは100トンビットちゃうか?」
「50トンビットに打ち変えたいうことか」
など、ミナト用語が飛び交う。なんかかっこいい。

やがてキングジョーを倒す爆弾ライトンR30が発射されたシーンに
登場する倉庫がA号上屋と特定された。15話でペダン星のスーパー
ロボット、キングジョーを倒すのはウルトラセブンではなくツチダ博士
とドローシーアンダーソンが開発した爆弾だった。
「おー、ここか!」
40年の時を越え、あの感動の場所にいることをしみじみと噛み締める。
「えーっと、ポインターがこの辺にとまって、アンヌがこの辺にいて…」
目の前にあるのはまぎれもなくウルトラセブンの1シーンだった。

A号上屋の横には港湾労働者向けの食堂がある。
「一般の人でも利用できるんですか?」とミナトの漢に尋ねると
「使えるよ。ここは労休(港湾労働者休憩所)の中でもうまいで」とのこと。
キングジョーとウルトラセブンが戦った港を見ながら食事ができるレストラン。
これは行かねばなるまい!

食堂の名前は「ピア ハウス 摩耶1」という、お洒落なんだか無骨なんだか
よくわからないネーミングで、正式には「港湾労働者休憩所」というらしい。
「CAFETERIA」という表記とのギャップがいい感じ。
派手さはないが、港都神戸らしい施設で素敵。
この手の港湾施設は神戸港にはいくつかあり、灘区には他に同じ摩耶埠頭内に
「ピアハウスマヤ」がある。なぜかこちらはカタカナの「マヤ」だ。

長テーブルとパイプ椅子の大食堂然とした店内は、昼時のピークを過ぎたのか、
意外と静かだった。壁に貼られた「港湾新聞」などミナトアイテムがハード
ボイルド感を盛り上げてくれる。
食券を買うシステムなのだが、サンプルがないので内容がわからない。
Aセットというのがあったのでそれにした。食券を出すと好きなおかずを
2品取れと言われた。
システムは社食のようでもあるが、今はやりの「社食レシピでダイエット」の
対極を行く、高カロリーおかずがずらりと並ぶ。各種揚げ物と、少し濃いめの
味付けの煮魚や焼き魚、出し巻き玉子など、いかにもミナトの漢(おとこ)が
食べそうなラインアップが頼もしい。
鯖の塩焼きとコロッケを選ぶ。味噌汁とご飯、香の物がセットされて500円。
まわりを見るとカレーを食べている人が多い。
「しまった。ミナトはやっぱりカレーか?」
また今度食べに来ることにしよう。

ウルトラセブンに登場した、A号上屋が見える場所に席を陣取った。
「いただきまーす」

小さなカツはヒレカツだった。
ヒレカツをパクリと食べて、窓の外を見る。
「キングジョーはこの角度だよな。モグモグ」

コロッケはクリームコロッケだった。
冬はクリームコロッケだよね〜!と味わいながら窓の外を見る。
「モロボシダンがこの岸壁走ったんだよな。モグモグ」

焼き鯖の塩分をつけあわせのキャベツで中和させながら窓の外を見る。
「ソガ隊員がマドロスのかっこしていたのはこっちだよな。モグモグ」

味噌汁は海の香りがした。やはり摩耶埠頭は海草の香りが相応しい。
「アンヌもここにいたんだよな。会いたかったなあ。モグモグ」

窓の外に40年前の情景を思い浮かべながら食べる飯は格別だった。
昼下がりのアンニュイな食堂を出ると、摩耶山がくっきりと見えた。
なぜこの埠頭を摩耶埠頭と名付けたのかわかるような気がした。
震災後すっかり風景が変わってしまった摩耶埠頭だが、
ウルトラ警備隊が見上げた山や空は、きっとあの頃のままだ。

ごちそうさまでした!


26 queries. 0.038 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress