2011年 6月
« 1月   10月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2012年7月2日(月曜日)
甘い予感
2012年1月17日(火曜日)
その街のこども、その街のはなし(6)
2011年12月14日(水曜日)
ウルトラ警備隊、摩耶へ
2011年10月31日(月曜日)
冬が来る前に坂
2011年6月27日(月曜日)
灘区に舞った奇跡の蛍
灘文化堂 カテゴリ一覧
灘文化堂 月別過去ログ
灘文化堂 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2011年6月6日(月曜日)

6月5日 中郷町

カテゴリー: - library @ 13時00分15秒

昭和20年6月5日。神戸、そして灘区が猛火に包まれた日。
8月5日の空襲と合わせて灘区の被害は、死者808人、全焼・
全壊家屋18068戸、罹災者74102人とされているが、届け出
のあったものだけに限られているので、実数はさらにこれ
を上回る凄惨なものだった。
当時、中郷町3丁目に住んでいた野坂昭如はこの時の空襲
体験をもとに戦争文学の名作『火垂の墓』を書いたのは、
灘クミンならよくご存知のことと思う。
この時、同じ中郷町にもう一人の少年がいた。
野坂の家(養父張満谷家)から目と鼻の先の中郷町2丁目
に住んでいた少年が、後の桂枝雀となる前田達少年だった。
神戸空襲のとき、野坂は15歳でが前田少年は5歳。
その時の記憶を野坂は小説にしたが、枝雀師匠は落語の枕
にした。「貧乏神」という気の弱い神様の話の枕が『上方
落語 桂枝雀爆笑コレクション〈4〉萬事気嫌よく』(ちく
ま文庫)に収録されている。

  エー、昭和20年に大空襲がございます。
  神戸は6月でございました。
  大阪は、エー6月ではなかったのかと思いますが、えらい
  空襲でございました。
  ご承知の方はご承知でしょうが、親父がブリキ職でござい
  まして、まあ、職人でございますから、仕事場にでござい
  ますね。神棚がしつらえてございまして…

前田家は灘区中郷町2丁目でブリキ店を営んでいた。
仕事場には神棚があり、朝に夕べに祈りをささげていたという。
近所の徳井神社の氏子だったのかもしれない。
6月5日、中郷町にも空襲警報が鳴り響く。
いつもは警戒警報だったのが、この日は違った。

  「今日も大丈夫やろう」言うてましたら、その日に
   限って、「空襲警報ォ!」
   ダルゥドゥズバババババババババァー…
   「えらいこっちゃー!お母ちゃん、空襲やー」
   言うたらね、そのね、朝晩拝み上げていた神棚の
   神さんね、一番にドタッ。
   落ちてこられたんでございますねえ。
   嘘でもねえ、朝晩拝み上げている神さんでござい
   ますから、もーちょっと頑張ってもらいたかたん
   ですが、ねえ…

神様が先に落ちてきて、その後に実の姉が落ちてきて、
「姉はようがんばったのに、神様は…」というオチ。
灘区を焦土と化した空襲だから、もっと緊迫感があった
に違いないが、枝雀師匠は「頼んない神さんでございま
してね。」とおどけてみせる。
悲惨な状況を笑いへと転化するという、彼の落語理論だった
「緊張と緩和」の実践。
そして戦時下の「神への妄信」を、軽やかに揶揄する批評
精神。

同じ神戸大空襲を描きながら、方や悲劇的な物語を、方や
喜劇的な噺を。
灘区中郷町という小さな街の小さな奇跡だ。

桂枝雀の生家があった中郷町2丁目から野坂昭如が暮らしていた中郷町3丁目を望む



TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress0/index.php/archives/2011/06/06/65/trackback/

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

31 queries. 0.208 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress