2011年 1月
« 12月   6月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2012年7月2日(月曜日)
甘い予感
2012年1月17日(火曜日)
その街のこども、その街のはなし(6)
2011年12月14日(水曜日)
ウルトラ警備隊、摩耶へ
2011年10月31日(月曜日)
冬が来る前に坂
2011年6月27日(月曜日)
灘区に舞った奇跡の蛍
灘文化堂 カテゴリ一覧
灘文化堂 月別過去ログ
灘文化堂 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2011年1月24日(月曜日)

その街のこども、その街のはなし(4)

カテゴリー: - library @ 16時00分45秒

水道筋を抜け、御影の山手にある美夏(佐藤江梨子)の「おばあちゃん家」を目指す二人が登る
坂道は、天神筋もしくは天神坂と呼ばれている。
坂の上に五毛天神(河内國魂神社)があることから名付けられた。
灘区は南北をまっすぐに結ぶ道が意外と少ない。
水道筋から摩耶山麓に向かって、一直線にナイフで街を切り裂いたかのような道の両側には、
中の手から山の手までの「街の断面」が露出する。
この断面を味わいながら歩くのも天神筋の楽しみ方の一つだ。

阪急電車の天神湯踏切周辺は「むかで屋コンツェルン」の施設群が占める。
勇治(森山未來)と美夏が豚まんを買うセブンイレブンは、かつては「むかでや酒店」という
酒屋だった。現在は焼鳥の「百足屋」、クリーニングの「ムカデヤ」「むかでや不動産」などに、
その不思議な屋号が受け継がれている。
コンビニを出た二人が豚まんを頬張るあたりには、震災前まで市場の入口があった。
元々昭和22年に奄美廉売市場として発足した西灘市場。
このあたりの路地の奥には南島のコミュニティが息づいていた。
水道筋という巨大集積地に隣接しながらも、山の手の固定客が多く客筋のいい市場として
知られたが、阪神淡路大震災後にマンションに建て替えられた。
「ベーカリーハウスほてい堂」の南に路地に市場の通路の痕跡がかろうじて確認できる。
市場の西入口は、摩耶商店街の小さなアーケードが残り、震災前の風情を残している貴重な空間だ。

天神筋にはもう一つ忘れてはならない道の「断面」がある。
勇治に荷物を持たされ美夏がよろめいた先、福住通と天城通の町境にある東向き一方通行の道は、
市電の終点上筒井から阪神大石、篠原手崎(灘公設市場前)に向けて市バスが走る、灘の東西を結ぶ
中の手の幹線道路だった。
少しベテランの灘クミンは2系統が走る「上のバス道」に対してこの道を「下のバス道」と呼んだ。
山手幹線を下のバス道と呼ぶ人もいるようだが、歴史的には「市電道」と呼ぶのが正しい。

二人は暗い坂道を山手方向へ歩き始める。
いつもは静かな山の手の坂道だが、1年で2日間だけ人があふれる日がある。
毎年5月2日、3日に開かれる、坂の上にある五毛天神の「春祭」では、道の両側に屋台がずらりと並ぶ。
夕闇迫るころ、屋台の間を五毛、上野、畑原、篠原のだんじりが提灯を揺らせ、喘ぎながら坂を登って
いく勇壮な道に変わる。

だんじりと同じようにぐいぐいと坂道を登って振り向くと、海が見える。
美夏の「おばあちゃん家」はもうすぐだ。(つづく)

ほぼ灘ロケ作品『その街のこども劇場版』は1月15日からいよいよ
全国で上映。日本各地の灘クミンの皆さまは是非!

劇場情報ははこちら
http://sonomachi.com/theater/index.html

神戸での上映は1月25日まで
神戸映画資料館 http://kobe-eiga.net/
1/24(月)・25(火) 19:00

『その街のこども』オフィシャルサイト
http://www.sonomachi.com/



TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress0/index.php/archives/2011/01/24/4/trackback/

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

31 queries. 0.032 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress