2008年 11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2012年7月2日(月曜日)
甘い予感
2012年1月17日(火曜日)
その街のこども、その街のはなし(6)
2011年12月14日(水曜日)
ウルトラ警備隊、摩耶へ
2011年10月31日(月曜日)
冬が来る前に坂
2011年6月27日(月曜日)
灘区に舞った奇跡の蛍
灘文化堂 カテゴリ一覧
灘文化堂 月別過去ログ
灘文化堂 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2008年11月29日(土曜日)

真夜中の福住ギター

カテゴリー: - library @ 20時00分38秒


『真夜中のギター』という昭和のヒット曲を覚えていらっしゃるだろうか。
この曲がリリースされたのは昭和44年、灘区ができて40年目の節目の年だった。
どんなことが起こっていたか当時の灘ニュースをひもといてみよう。

[市電石屋川線が廃止]
現在の山手幹線は当時「市電筋」と呼ばれていたが、
この年を境にヤマカンという呼称に変わっていった。

[阪国電車 東神戸〜西灘間が廃止]
大阪・野田と東神戸(現在のBBプラザ南)を結んでいたちんちん電車が一部廃止になり西灘止まりに。
これにより市電の乗り入れがなくなり、ルミナリエのルーツとも称される国道2号の花電車も消えた。

[鶴甲団地の造成完成]
神戸有数のマンモス団地が完成。
灘にも団地妻が急増。

[歩道橋ラッシュ]
高羽歩道橋、友田歩道橋など小学校の近くに歩道橋が設置された。交通戦争といった言葉も使われ
るようになった。初恋の女の子が交通事故で死んでしまうという、衝撃の灘っ子トラウマ合唱組曲
「チコタン」が芸術祭優秀賞を受賞したのもこの年。

万博前夜の昭和44年、灘区も大きく都市基盤が変わっていった年だったのだ…って、そんなことが
言いたいのではなく、なんでこの曲を灘文化堂で紹介するかというと『真夜中のギター』を唄って
いた千賀かほるが元灘クミンだった「らしい」のだ。
しかも福住小出身だったという。
彼女は神戸出身で故郷が沖永良部島らしい。
だとすれば南島出身者の多い神戸・灘に彼女が住んでいてもおかしくない。
しかも福住小学校区には「奄美廉売市場(後の西灘市場)」がある。
もし千賀かほるが灘クミンであったなら『真夜中のギター』は沖灘区民が唄っていたと
いうことになる。
沖縄・南島ブームの今なら『真夜中の三線』としてリリースされたかもしれないのだ。

今でも南島系スナックが残る福住〜中原界隈。
耳をすませばこんな歌が聞こえてくるかもしれない。

 ♪街のどこかに さみしがりやが一人
  今にも泣きそうに ギターを弾いている♪

ん?
え?
あれ?
ホントに真夜中にギターの音がしてくるではないか!
これはきっと千賀かほるさんの音魂に違いない。

摩耶商店街付近

ナダタマ読者の皆さんの中に
「千賀かほるさんと同級生だった」
「千賀かほるさんの隣に住んでいた」
「千賀かほるさんとギターを弾いた」という方がいらっしゃったら
是非とも情報をお寄せください。
灘文化堂店主からのお願いです。


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress0/index.php/archives/2008/11/29/post-23/trackback/

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

31 queries. 0.024 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress