2006年 11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最近の投稿
2012年7月2日(月曜日)
甘い予感
2012年1月17日(火曜日)
その街のこども、その街のはなし(6)
2011年12月14日(水曜日)
ウルトラ警備隊、摩耶へ
2011年10月31日(月曜日)
冬が来る前に坂
2011年6月27日(月曜日)
灘区に舞った奇跡の蛍
灘文化堂 カテゴリ一覧
灘文化堂 月別過去ログ
灘文化堂 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2006年11月3日(金曜日)

阪急西灘ナンノ幻影

カテゴリー: - library @ 16時00分59秒

「GOLDEN☆BEST/南野陽子 ナンノ・シングルス3+マイ・フェイバリット」

「松蔭にむっちゃかわいいコおるで」
受験を控えた僕らは、ざわついていた。
灘区が誇る全国区アイテムである白い松蔭制服に身を包み、
阪急西灘から名前が変わったばかりの王子公園駅大阪方面ホームで
緑濃い摩耶山をバックに佇む彼女こそが、後のナンノ嬢だった。
中村の100円たこ焼きを頬張りつつ、一燈園の串カツをかじりつつ、
千疋屋のクリームコロッケで上顎を火傷しつつ、デイリークイーンで
未来を憂いながら、王子公園駅周辺を日々うろついていた僕らが、
彼女のオーラを見過ごすわけがなかった。
その後の活躍は言うまでもない。

僕らの目に狂いはなかったのだ。

そんな元学びクミン、ナンノのゴールデンべスト。
デビュー曲の「恥ずかしすぎて 」や「さよならのめまい」「楽園のDoor」
あたりの哀愁を帯びたチューンは秋の摩耶山を彷佛とさせてくれる。
「秋からも、そばにいて」は、いちょうが色づく国体道路で、
「はいからさんが通る」は、王子動物園東の通称、松蔭大通りで、
「天使のアーチェリー」は、王子スポーツセンターアーチェリー場前で
松蔭生の通学時間を狙って口ずさんでみたい。
通報必至だ。たぶん。



TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress0/index.php/archives/2006/11/03/post-6/trackback/

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

31 queries. 0.026 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress