2008年 7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
灘ノオト 最近の投稿
2008年11月16日(日曜日)
商店街よ、踊り出せ
2008年11月6日(木曜日)
カウントダウン
2008年10月2日(木曜日)
山麓の汽笛
2008年9月18日(木曜日)
9月になったから
2008年8月22日(金曜日)
リユニオン
灘ノオト 月別過去ログ
灘ノオト カテゴリ一覧
灘ノオト 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし
オンライン状況
8 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが 灘ノオト を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 8

もっと...

2008年7月2日(水曜日)

中の手音楽人録

カテゴリー: - MJ @ 23時50分00秒

昼間の蒸し暑さが冷めた頃を見計らい、夕涼みがてら散歩に出る。
灘中の手の家並みの間を縦に横にぶらぶら歩きながら、あらためて気づく。
このあたり、実は著名な音楽人がかつて結構住んでいたんだな。

最も名高いのは篠原北町に居を構えていた朝比奈隆氏だろう。
ベートーベンやワーグナー、ブルックナーなど、ドイツ魂あふれる重厚な表現に情熱を注いだ、
大阪フィルハーモニー交響楽団の創設者にして常任指揮者。
戦後まもない頃から、関西に音楽文化の礎を築いた巨匠。
亡くなった2001年当時は93歳、世界最高齢の現役指揮者であった。
──ということぐらいは、クラシック音楽に関しては門外漢もいいところの僕でも知っている。

天城通には、かつてチャーリー・コーセイ氏が暮らしていた。
「ルパン三世のエンディングテーマ」といえば、いまや40がらみとなった元少年たちは
声を揃えて歌い出すだろう。渋く憂いを含んだ声色で「あしーもとにーからみーつくー…」と。
その隠れ名曲のオリジネイター。神戸に生まれ育ったブルースマンである。
一度だけお話をうかがったことがある。
「あの曲?若い頃のやっつけ仕事やな。でも、今でもあの歌を聴きたいって来てくれる客がいる。
この歳になるとね、感謝してるよ」
それから少しだけ灘話をした。たしか、まだ天城通に住んでおられた頃だ。
「水道筋のパンダ飯店、あそこ最高やね。旨いわ。台湾ネイティブの味や」

もう一人、畑原通に住んでおられた「神戸のター坊」こと松江和耶氏。
中学時代から、三宮のクラブなどでギターを抱えて歌っていた「流しの演歌師」。
神戸を拠点に『義兄弟』などのヒットを放ち、加納町に歌謡スナックも開いていたという。
2000年に59歳で亡くなられている。
僕は、彼を新聞記事でしか知らない。つまり、演奏は聴いたことがない。
が、ちょうどお亡くなりになられた頃だったか、たまたまご自宅の近くを歩いていて、表札を目にした。
「神戸のター坊 松江和耶 事 ●●●●」とあった(●●●●は本名)。
愛称と芸名が併記されたその表札は、いまも残っている。
芸名に「耶」の字が入っているのは、摩耶山を仰ぎ見ていたからだろうか…などと考えてみる。

クラシック界の巨匠、渋味滲むブルースマン、港町の演歌師。
まったくつながりのない畑の音楽人が、街で、山でつながっていた。
これもまた、灘中の手ならではの豊かさであろうか。

●今日の灘ノオト:ルパン三世主題歌2 / チャーリー・コーセイ

  ルパン三世のさまざまな挿入曲をR&Bやボサなどにリ・アレンジしたCDが出ていた。
  エンディングテーマは「主題歌2」。灘でのライヴレポはリンク先のnaddist氏の記で。


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress/index.php/archives/2008/07/02/post-134/trackback/

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

32 queries. 0.026 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress