2008年 4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
灘ノオト 最近の投稿
2008年11月16日(日曜日)
商店街よ、踊り出せ
2008年11月6日(木曜日)
カウントダウン
2008年10月2日(木曜日)
山麓の汽笛
2008年9月18日(木曜日)
9月になったから
2008年8月22日(金曜日)
リユニオン
灘ノオト 月別過去ログ
灘ノオト カテゴリ一覧
灘ノオト 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし
オンライン状況
24 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 灘ノオト を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 24

もっと...

2008年4月30日(水曜日)

ブルース灘内革命

カテゴリー: - MJ @ 12時45分00秒

近々、「灘文化堂」に入荷予定の1冊の本。
『ロバート・ジョンソン ブルース歌詞集』
本もCDも売れない時代、ましてやブルースと名の付く音楽など、
コマーシャリズムの極北に追いやられたこのご時勢に、
こういう本が出たこと自体うれしいが、
それが灘の出版社から、ということになれば
アフロアメリカン系ルーツミュージックの灘内革命的普及を目指す
「灘ノオト」としては、食いつかぬワケにはいかない。
昨秋の水道筋ミュージックストリートに協賛してくださって以来、
お話を聞きたいとずっと思っていた「万象堂」をようやく訪ねることができた。
 
灘北通で40年あまりの印刷会社を母体とし、
音楽・美術書、絵本などを手掛ける新しい出版社だが、
「自分がほんとに好きな本だけしか出しません」
という青年社長のココロイキが頼もしい。
その「ほんとに好きな」もののひとつが、ブルースなのである。
しかも、相当にディープで、よりプリミティブな戦前スタイルの。

「ロバート・ジョンソンの訳詞集なんてよく出したねって言われますよ(笑)。
理由はいろいろありますけど(※注)、ひと言でいうなら『好きだから』に尽きますよね。
サンハウス、それからロバート・Jr・ロックウッドあたりも大好きです。
テキサス系だと、やっぱりライトニン・ホプキンス。最高ですね」
──ですよねえ。僕は、シカゴものやモダンブルースを中心に聴いてきましたけど、
   ロバジョンやロックウッド、ライトニンには、やっぱりシビれますもん。

「学生のころ、女の子とドライブ中にサニーボーイ・ウィリアムソンを流して、
止めてくれって言われたり(笑)。トム・ウェイツでもダメだったですねえ」
──あらら、トム・ウェイツもNGでしたか。うーん、カッコいいすけど、
   80年代(?)のドライブデートには、たしかに微妙ですかねえ。

「僕はギター弾くんですけど、やっぱり好きなのは戦前の弾き語りスタイル。
ロバート・ペットウェイにトミー・マクレナン、あと、ランブリン・トーマスとか。
寝る時とかに聴きますよ。といっても寝つきがいいから、すぐ眠っちゃうんですけど(笑)」
──はあ、戦前の。えと、ロバート……ペット…何ですか?

「あ、ゴスペルがお好きなんですか。僕はゴスペルだと、スピリット・オブ・メンフィス・カルテット。
初めて聴いたときは衝撃でしたね。あの掛け合いのすさまじさといったら。
何年か前にコンプリート盤が出ましたよね。ドキュメントとかヤズーとかいったレーベルはご存知でしょう」
──あの…えーと、あの……。

いや、もうサイコーである。
続々出てくる戦前ブルースマンの名前は「誰それ?」のオンパレード。
分からなすぎて頭がクラクラするのが逆にうれしい。
ほんまに好きな人の、ほんまに好きな話というのは、聞いてるだけで楽しくなってくるのだ。
お歳をうかがえば、僕とさほど変わらない社長いわく、
「入口はビートルズですよ」
あ、そうなんですか。だったら一緒ですね。
いわれてみれば、1970年ごろのジョン・レノンみたいな丸眼鏡を掛けておられる。
「万人共通」といっていい入口から、アメリカ深南部、ミシシッピ・デルタにたどり着き、
その美しき泥沼に深く深く足を取られた男が、ここ灘にいる。
ブルースの灘内革命的普及は、静かに、ふつふつと進行しているのかもしれない。

(注)……そのあたりの興味深い理由については、リンク先の「編集後記」で書いておられますが、
後日、「灘文化堂」でも詳報するつもりです。

●今日の灘ノオト:Revolution 1/ the Beatles

  ビートルズ後期におけるジョン・レノンのシンプルなブルース回帰志向が表れたトラック。とはいっても、
  寝転がって歌を録ったり、セッションの断片を前衛的な「NO.9」に流用したり、「革命」も試みているが。


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress/index.php/archives/2008/04/30/post-124/trackback/

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

32 queries. 0.026 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress