2008年 1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
灘ノオト 最近の投稿
2008年11月16日(日曜日)
商店街よ、踊り出せ
2008年11月6日(木曜日)
カウントダウン
2008年10月2日(木曜日)
山麓の汽笛
2008年9月18日(木曜日)
9月になったから
2008年8月22日(金曜日)
リユニオン
灘ノオト 月別過去ログ
灘ノオト カテゴリ一覧
灘ノオト 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2008年1月30日(水曜日)

真冬の夜のソウル

カテゴリー: - MJ @ 10時00分00秒

小雪舞う底冷えの宵、水道筋の一角にソウルミュージックの灯をともした。
25日金曜日、[な也]で行ったthe twins with MJのライヴ。
おかげさまで盛況のうちに終えることができた。
遅ればせながら、ご来場いただいた方々に御礼申し上げます。
タイトル通り、ソウルフードの盛り合わせのようなライヴショー、楽しんでいただけたでしょうか。
 
爆発的なパワーをたぎらせる小竹直の真っ直ぐな歌も
溢れ出して止まらぬ小竹親の自在なスキャット(とMC)も
緩急を表情豊かに行き来するマンボ松本のオルガンプレイも
シンプルに、丁寧に、ビートを紡ぎ出す北田太一のドラムも
すべてが心の深いところに突き刺さった。熱く染み渡った。
小竹兄弟とやる時は、バランス上、僕はファルセットを多用することになるけれど、
それもまた楽しい。気持ちがいい。
the twinsとの共演はいつも爽快だ。
ブルーススタンダードの「Stormy Monday」に、♪Eagle Flies on Fridayというくだりがあるが、
まさに双頭の鷲が荒々しく、雄々しく、な也の空間を舞い飛ぶような、そんなイメージ。
「ツインズの魅力は言葉にできない」と先日書いたけれど、
それは、言葉なんかなくても彼らの音楽は誰の胸にも響く、という確信でもある。
彼らは次回、3月14日にやはりな也でやることになっている。
まだ見たことがないという人には、ぜひお勧めしたい。
 
「MJ presents Singer’s Delight」と銘打って
2005年5月から続けてきたライヴ企画も10回目を終え、ひと区切りとなった。
この企画を提案し、僕が本格的に街に足場を据えるきっかけを作ってくれた
な也という店については、音店夜話で近々書きたいと思う。
ほんまに皆さんありがとう。

●今日の灘ノオト:(What A) Wonderful World / SOLO

  the twinsとのライヴで定番のサム・クック・スタンダードを、この素晴らしき90’sのグループで。
  先達を敬愛し、影響を受けつつも、自分たちの音を。僕がSinger’s Delightで目指してきたこと。  


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress/index.php/archives/2008/01/30/post-111/trackback/

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

32 queries. 0.025 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress