2008年 1月
« 12月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
灘ノオト 最近の投稿
2008年11月16日(日曜日)
商店街よ、踊り出せ
2008年11月6日(木曜日)
カウントダウン
2008年10月2日(木曜日)
山麓の汽笛
2008年9月18日(木曜日)
9月になったから
2008年8月22日(金曜日)
リユニオン
灘ノオト 月別過去ログ
灘ノオト カテゴリ一覧
灘ノオト 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし
オンライン状況
39 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 灘ノオト を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 39

もっと...

2008年1月9日(水曜日)

Soul Food Party

カテゴリー: - MJ @ 19時40分00秒

正月休みをいただき1回お休みさせてもらいました、灘ノオト。
本年も、感動、感銘、感傷、妄想、幻想、戯言に愚痴その他を交えながら、
ラーラーラララと歌うように灘の音話を書き綴っていきたいと思いますが、
2008年初投稿はいきなり告知にて失礼します。
 
水道筋のうどん[な也]、
月に2回だけの夜の顔[Closing Time Club NA-YA]もすっかり定着したその店で、
僕がやらせてもらっているライヴ企画「MJ presents Singer’s Delight」が
今月25日(金)に10回目を迎える。
演目は「the twins with MJ」。
季節モノといった感じで、水道筋以外ではときどきやっているセットなのだが、
これを地元で、「Singer’s Delight」でやるのが宿願だった。
で、今回はここにマンボ松本(key)、北田太一(ds)という気心知れたメンツを加え、
スペシャルバージョンでお送りしようと思います。10回目だし、豪華にね。
the twinsはおそらく、水道筋登場頻度の最も高い京都のミュージシャンだと思う。
な也やハンドレッドタイムス、水道筋ミュージックストリートへの出演のほか、
小竹直、小竹親それぞれのユニットで、多くの灘クミンを唸らせ、笑わせ、ジーンとさせ、とにかく熱くさせてきた。
彼らの何がそんなにいいのかを説明しようと数時間パソコンに向かっているけれど、
いろいろと書き連ねるほどにウソくさく、陳腐になって、「そんなことじゃ伝わらん!」という気になってきたので、
もう書くことを放棄した。すいません。
音楽を言葉で語ることが空しい、と感ずるのはこんなときだ。
彼らと一緒にやると、とにかく楽しいばかりだし、自然と熱くなるし、「なんか一丁やったろう」という気分になる。
余計なことはひとつも考えず、歌うとはなんと素晴らしく、気持ちのいいことかと心底痛感する。
そう、感じりゃあいいのだ。
サム・クックも下記のアルバムで「Feel It, Don’t Fight that Feeling」と歌っているし、
『燃えよドラゴン』のブルース・リーも「Don’t Think! Feeeel」と不敵な面構えで言っていた。

な也の岡ちゃんが、今回のライヴに「Soul Food」というサブタイトルを付けてくれた。
旨いソウルミュージックで腹一杯に、という意味だそうだ。
ほんとうに、この夜限定のソウルフードがメニューに加わったりするらしい。
「アメリカ南部のビッグマザーの作るおふくろの味を水道筋の食材で再現」と、フライヤーには書いてある。
ソウルミュージックに興味がない人でも十二分に楽しんでいただける
ソウルミュージックショーにしたいと思います。いや、必ずやそうなると思います。
19時開場、20時スタート。チケットは予約・前売り1800円、当日2300円。
ご来場お待ちしております。

●今日の灘ノオト:Having a Party / Sam Cooke

  the twinsとやるときはサム・クック・ナンバーが自然と多くなる。3人とも大好きですからね。
  このエゲつないライヴ盤を初めて聴いた時のような原初の興奮が胸に湧き上がってくるのだ。


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress/index.php/archives/2008/01/09/soul-food-party/trackback/

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

32 queries. 0.025 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress