2007年 10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
灘ノオト 最近の投稿
2008年11月16日(日曜日)
商店街よ、踊り出せ
2008年11月6日(木曜日)
カウントダウン
2008年10月2日(木曜日)
山麓の汽笛
2008年9月18日(木曜日)
9月になったから
2008年8月22日(金曜日)
リユニオン
灘ノオト 月別過去ログ
灘ノオト カテゴリ一覧
灘ノオト 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2007年10月24日(水曜日)

フォークパーティー

カテゴリー: - MJ @ 10時00分00秒

リュックサックマーケットにナダタマ隊が出店するというので、
水道筋ミュージックストリートのフライヤーも撒けるだろうと摩耶山へ。
土曜の昼。リュックの代わりにギターを背負って。
まだ買っていなかった摩耶ケーブル&ロープウェーの年間パスポートを購入。
3000円で乗り放題。2回往復すれば元が取れる格安チケット・トゥ・ライド。
まだ乗ったことがないというあなた、おススメですよ、いやほんま。
緑の急勾配の向こうに見下ろす神戸の眺めは、灘区の宝だと思う。
 
少し肌寒い風に、黄色いナダタマ風船がふわふわ揺れる掬星台。
雑誌掲載効果らしく、いつもより人も店も多いけれど、まったりしたムードは相変わらず。
コーヒーをすすり、ギターをポロンポロンやりながら、
ナダタマ発起人で、高校時代クラシックギター部の部長だったcalmさんとギター談義。
「最近全然触ってないんやけど……」と言いつつ、calmさん、やっぱり達者である。
ラジカセから流れてきたパット・メセニーに「大好きなんですわ、彼。でもこれは弾けないなあ」。
言いながら嬉々として弾きまくる元ギター少年の姿は微笑ましく、とても良い絵だ。
わらわらと子供も寄ってくる。とりあえずザンザカザンザカ鳴らしまくるのもいいのだが、
せっかくだから僕が左手と歌を担当。吾妻光良&スウィンギン・バッパーズ「ゴミの日来るまで」をやる。
少年よ、10年もすれば、この失恋の苦い味をキミも知るのだろうな。
   
秋晴れの山は音心を誘う。
ハーモニカを吹いてる人もいたし、手のひらサイズのパーカッションを鳴らしている若者もいた。
なかでも目を引いたのは、金属のボウルの縁を木の棒でゆっくりとこすり、不思議に心地よい音を出す楽器。
チベット密教に伝わる「シンギングボウル」というらしい。
霊峰・摩耶の風とあいまって、柔らかでスピリチュアルな響きが辺りに広がる。
そんなこんなで、山上はちょっとした「フォークパーティー」。
僕が在籍した大学の軽音サークルでは、サークル内発表会のことをそう呼んでいた。
由来は分からないが、70年代な香りのする言葉。
リュックサックマーケットを流れる空気に、どこかそんな時代のノスタルジーを感じてみたり。
ほんの数時間ながら、心和む摩耶山滞在であった。
あ、SMSのチラシ、10枚ほどしか撒けなかった……。

●今日の灘ノオト:Like a Star / Corinne Bailey Rae

  アコギを抱えてフォーキーな味わいを醸し出す、オーガニック系ソウルシンガーも根強くいるのです。
  UK出身の彼女は、その系譜に連なる最新の歌姫。掬星台から眺める幾千の星を想って聴きたい歌。


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress/index.php/archives/2007/10/24/post-94/trackback/

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

32 queries. 0.027 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress