2007年 9月
« 8月   10月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
灘ノオト 最近の投稿
2008年11月16日(日曜日)
商店街よ、踊り出せ
2008年11月6日(木曜日)
カウントダウン
2008年10月2日(木曜日)
山麓の汽笛
2008年9月18日(木曜日)
9月になったから
2008年8月22日(金曜日)
リユニオン
灘ノオト 月別過去ログ
灘ノオト カテゴリ一覧
灘ノオト 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし
オンライン状況
12 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 灘ノオト を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 12

もっと...

2007年9月26日(水曜日)

On the Border

カテゴリー: - MJ @ 12時00分00秒

夜の市場に灯る「やきとり」の提灯。トタン張りの壁。その前に停めた自転車。
ニコちゃんマークの引き戸を開けると、ビニールののれん越しに赤く妖しい灯が漏れる。
「スタンド・チンタ・リカーホール」。正確には「ボーダースペシャル」と続く。
もとは、いまの「モンク」の場所にあった焼鳥スタンドだった。
畑原市場に移転したときに、国境の街のちょっと怪しげな酒場のイメージを造った。
灘に音店数あれど、いや灘に限らずとも、ここほど濃密に「音楽的」な空気を漂わす店はないと思う。
ディープな音楽談義が飛び交っているとか、レアな音源に思わず「おおぅ」とのけぞるとか、
そういう一方向に収斂する音楽性ではない。多方向へ拡散し、すべてに「音楽」をまとわせてしまう空気感。
だからこそ水道筋ミュージックストリートにも欠かせない自慢のステージになる。
 
こんなことがあった。
一人でぶらっと店に寄り、カウンターで鳥のヒップか何かをアテに焼酎を飲んでいたときだ。
奥の方にいたアメリカ人と思しき客が勘定をしに出てきた。
彼は帰り支度にリュックを背負っていたが、入口付近の壁にギターがあるのに目を留めたらしい。
「コノギター、ヒキマスカ」と言って手に取ると、いきなりジャッカジャッカジャッカ……
シャッフルブルースの定番リフを弾き始めた。「おー、えーぞえーぞ、やれやれー」思って見ていたら、
俺の隣でやはり一人飲んでいたおっちゃんが胸ポケットをまさぐり始めた。
おもむろに取り出したるはブルースハープ。え、なんでそんなん持ってるの。
おっちゃん、キーを確認するとギターに絡み始める。ホワァ〜ン……
あらら。目の前にこうお膳立てが整うと、歌い手として乗っからないわけにはいかない。
焼酎を手に居住まいを正すと、俺も加わった。「Everyday,Everyday I have the blues……」
何の予告も言葉もなしに、たまたま行き交った人間同士で始まった、まさしくセッションである。
1曲終わると、アメリカ人は陽気な笑みを浮かべて去っていった。
おっちゃんはハープを胸にしまい、何ごともなかったように酒に戻った。
だから俺も焼酎をおかわりし、キャベツをかじって静かに興奮を冷ました。
 
ここでは、空気の中に音楽が溶け込んでいる。
だれかが何かのきっかけで火を点けると、空気中の「音」が一気に膨張して店に充満する。
一触即音。音楽とアートと風俗が絡み合ったサイケの時代はこんなふうだったのかなと思う。
すべては、カウンターに立つシンちゃんのセンスだ。
カントリーブルース好きでギターを弾いたりもするが、店ではディープなブルースばかりではなく、
ソウルもモダンジャズもニューオーリンズものも、ボサノヴァもラグタイムもフレンチ・ポップスみたいなのも、
独特のセンスでかけてくれる。もとは絵描きだったし、いまは自転車乗りでもある。
国境の酒場に持ち込まれる文化は、雑多で怪しく、混沌として、何よりも豊かなのだ。

その店に専属バンドが生まれた。「スタンド・チンタ・クラブバンド」。
スタッフとしてもおなじみの一平くん(サックス)や明人くん(ギター)がメンバーとなる5ピースバンド。
9月30日にそのデビューライヴがある。午後9時スタート、ノーチャージ。
それが終わると、店は改装に入る。カウンターを広げ、フードを充実させ、店名も少し変えるのだそうだ。
ちょっと寂しい気もするけど、ひとつ所に留まっていないのがこの店らしくもある。
どんな内装になるのかな。訊いてみたら「食堂車みたいなイメージですね」と。
再オープンは10月9日。
バンドを乗せて国境を往く音楽列車を、俺はいまから頭に描く。

●今日の灘ノオト:Sgt.Pepper’s Lonely Heatrs Club Band / the Beatles

  チンタの音イメージとはちょっと違うのだけど、雑多でサイケでクラブバンドで……
  というキーワードからこの曲を。『ラバーソウル』あたりの萌芽が結実した超有名盤。


2007年9月19日(水曜日)

モヒカン、街を行く

カテゴリー: - MJ @ 10時45分00秒

先日の音魂GP前夜。
店でリハの後、マンボ松本がそのまま泊まることになったので水道筋徘徊に連れ出す。
能登だ福井だ鹿児島だ和歌山だ岡山だと、このところツアーづき、
各地で旨い酒とメシの歓待を受けているであろう旧友に、
「水道筋も負けてへんで」と、たっぷり堪能してもらうツアー。
見事なモヒカン刈りの男が「灘の旅人」となって、ライヴ本番までのまる一日、街を闊歩した。

リハ後の空腹を抱えてまず向かったのは、穴子居酒屋[韋駄天]。
トロトロの蒸し穴子、小鍋から磯の香漂うイカわた焼き、刺身のような鮮度のサバきずし……
とりわけイカわた焼きの濃厚な味わいがマンボの心を打ち、「ウォウ、ウォウ」と何度も声を上げていた。
締めは名物穴すき鍋で、と思っていたのだが、グイグイ飲んであれこれ食って、そこまで辿り着けず。
10月3日発売になる大西ユカリと新世界のシングル「南部の女」(マンボ作曲)のフライヤーを
「トイレがいちばん目立つから」と、大将が快く貼ってくれる。
 
そろそろ日付が変わろうとする深夜の市場を歩いて[モンク]。
大西ユカリ的歌世界にも通ずる雰囲気のスタンドで、マンボは「三岳」などを。
「水道筋夜の紳士録」の何人かにも遭遇、ゆるりと夜の会話を楽しむ。

翌朝は「神戸阪神間ナンバー1」の呼び声高いモーニングを食べに[ドニエ]。
コーヒーをすすりながら、「えらいロシアンなムードやな」「歌声喫茶みたいや」と、店を見回すマンボ。
やつの中では、ロシア=民謡=歌声喫茶、という連鎖があるらしい。
ほんまの歌声喫茶はもうちょっと東にあるんや」ちょっと自慢含みで説明する。
この日はリュックサックマーケットが開かれていたので、摩耶山へ向かう計画もあったのだが、
あまりの湿度に動くのがツラくなり断念。休憩を挟んで引き続き水道筋巡り。
途中、通りがかったウルトラの家でキメポーズ。服が赤いし、モヒカンだし、構図はばっちり。
 
昼ごはんは、豊富なラインナップの中から[永久]へ。サワラのバター焼きとチキン(だったか?失念)カツ。
メインが2品付く定食は、学生時代むやみな大食いでフラスコ体型だったマンボには懐かしかろう。
 
食後のデザートは[あかちゃ家]。
マンボはあんみつとわらび餅のセット。僕はつぶつぶいちごのかき氷。
モヒカンと無精髭の2人組が甘味処の座敷に陣取る光景は異様に違いないが、温かく迎え入れてもらう。
隣にいた小さな女の子も臆することなく、こちらのかき氷を指差して「あれ食べたい」と。
「また今度、お母ちゃんに食べさせてもらいや」と声を掛ける心優しきモヒカン男。
 
さらに、[FLYING FROG KOBE ABC]でステージ衣装になるものはないかと物色。
 
練り物だ漬物だと、市場の買い物に付き合ってもらい、
 
古道具筋で服やカバンやレコードを手に取り、
 
その夜のライブ成功祈願に新名所(か?)水道筋汗かきエビスへ参拝。
 
当日リハを終え、ライヴ前のメシは、清水くんも交えておなじみ[な也]へ。
 
西へ東へ、水道筋を隈なく。
学生時代の一時期、ほぼ同棲状態にあったマンボとの日々が思い出される濃密なツアー。
やつもブログに書いてくれていた。
「商店街のつながりの中で『街なる』ライブに参加させてもらうのは、ほんとに好きなひとときであります」
水道筋ミュージックストリートも、こんなふうに街とミュージシャンをつなぎたいと思っているわけです。

●今日の灘ノオト:Harry Hippie / Bobby Womack

  「shanana…」と口ずさみながら、日がな一日街を歩き回っている酔いどれハリーの物語。
  学生時代にマンボとよくやった名曲。音魂GPの最後に清水くんも交えて久々に歌ってみた。


2007年9月17日(月曜日)

板宿×水道筋対戦記

カテゴリー: - MJ @ 14時25分02秒

板宿からやって来た若者の歌は熱くストレートで、勢いに溢れていた。
水道筋の僕らはホームの利(と、多少の年の功)で、ゆったりとリラックスムードで。
それぞれの持ち味がお客さんに伝わったなら、大成功だったと思う。
15日、灘中央筋のカフェ・ハンドレッドタイムスで開かれた「音魂GP(オトダマ・グランプリ)」。
第1回のテーマは、板宿VS水道筋だった。
板宿側は、ジェイムスというバンドを率い、「板宿フォーク」の常連でもある清水厚志くん。
水道筋側が僭越ながらワタクシ。長年の音友であるマンボ松本のサポートを得て。
早い話が、2組が1ステージずつを務める、いわゆる「対バン」ライヴなのだけれど、
店主ちっち氏によるテーマ設定や演出がふるっていた。
「試合開始」を告げたのはゴングとリングアナウンス、ハードな入場曲を模したジングル。
そのアホくささで場の緊張をほぐしつつ、企画意図を端的に伝える。
 
1ステージ目を務めたシミちゃんはファイティング・スピリット満々だった。
「負けへんで、負けへんで」と連呼しながら、
歌詞も歌いっぷりもまっすぐなイキのいい演奏を聴かせてくれた。
彼の背中越しに、お客さんの表情が少しずつほぐれていくのが見えた。
終了後の深夜、三宮のバーに現れた彼は、
「ほんまに面白かったです」「温かいお客さんでうれしかった」と
極度の興奮状態で目を血走らせながら(笑)連発していたらしい。
水道筋での経験が、若者の心に何か刻むことができたのならうれしい。
 
この組み合わせではどうしてもおっさんの役回りとなる僕にとっても、新たな糧となった。
日本語とギター。
ふだんは専業歌手として、ソウル/R&Bのカバーを歌っているのだが、
アウェーの戦いに単身乗り込んできた清水くんに敬意を表し、
できるだけ彼に近いスタイルでやろうと、その2つを自らに課した。
「課した」というと無理をしたみたいだが、そうではない。
シンプルに弾き語るというのは想像以上に楽しく、日本語が伝わる「速さ」や「深さ」を体感した。
もちろんマンボが絶妙にサポートしてくれたおかげなんだけど。深謝。

客席には、葺合の人も、長田の人も、宝塚の人も、大阪の人もいた。
みんな板宿と水道筋の競演・共演に、最後は声を合わせてくれた。
「何を見せるか」が最重要なのは言うまでもないけれど、
「どう見せるか」もとても大切な要素なのだなあ、と改めて。
次はどんな対戦カードになるのか。客として観に行くのも楽しみだ。

●今日の灘ノオト:For All We Know / Roberta Flack & Donny Hathaway

  僕の心の師ダニーの歌とロバータのピアノによるジャズスタンダードの名演。
  自分の「永遠の課題曲」を、独自の日本訳詞で歌ったのも新たな一歩でした。


2007年9月12日(水曜日)

飲む灘愛〜SMS助走3

カテゴリー: - MJ @ 12時00分00秒

畑原市場の「酒庫 汽笛亭」はときどき街へ出張する。
灘南通のジャズ寺、敬覚寺のライヴ時にやる「寺バー」はお客さんもミュージシャンも心待ちにしているし、
この夏は、淡路島で昼間ビーチサイド・バーを開き、
夜には灘へ戻って店を開けるというアクロバティックな営業を展開した。
お盆のころには、あの灼熱地獄のなか、水道筋6の大阪王将前でジュースバーをやっていた。
オーナーの塩出くんによると、そもそも当初は店舗を構えず出張専門のバーをやる構想もあったというから、
「さすらいデリ・バー」魂は筋金入りなのである。そう思えば、旅愁の匂いもする店名もむべなるかな、だ。
 
その出張バーが、水道筋ミュージックストリート(SMS)にも登場することになった。
場所は水道筋1丁目の「Café P/S」。東へ100mほどのかつてない近距離出張だ。
SMSの東端となるこの会場は、商店街に向かって開かれたテラスのようなステージが売り。
出演者も、店内にいる人も、商店街を通る人も、
すべてが一体となって音に浸り、灘愛と音愛を体感できる場である。

そんななかで、ぜひ味わってほしいのが汽笛亭名物「町カクテル」。
誕生の経緯はリンク先を参照していただきたいが、
「梅田」から「岡本」「御影」「六甲」を経由して「西灘(現・王子公園)」へ至るnaddist阪急コース以外にも、
「青谷」だの、「六甲山牧場」だの、灘の地名を冠したオリジナルカクテルが次々生まれている。
もっとも、「え?畑原ないの?そら、ぜひ作ってもらわな。おいしいの頼むわ。ハ・タ・ハ・ラ」という
酔客の強引なリクエストに応じて作られ、その場限りとなった幻のレシピも少なくないようだが。
町シリーズに限らず、「カクテルにこだわっていきたい」と、塩出くんは常々話している。
カクテル教室を開いているほどだから、腕にも覚えはある。
SMSオリジナルカクテル「魂」でも作ってくれないかな。当日限りのスペシャルドリンクで。
どうでしょうか。

●今日の灘ノオト:That’s When Love Hurts / Terry Huff and Special Delivery

  万人の心をトロけさせるファルセットで名高いスウィートソウル伝説の名盤から。
  その名も「スペシャル・デリバリー」。泣く子も黙る「愛と魂の出張軍団」なのだ。
 


2007年9月9日(日曜日)

俺の広告〜SMS助走2

カテゴリー: - MJ @ 23時50分00秒

水道筋ミュージックストリート協賛の申し込み・問い合わせフォームができました。
HPメニュー欄の「お問合せ」をクリックして、どしどし書き込んでください。
協賛応募以外の問い合わせも、すべてこちらで受け付けます。

──と、人に呼びかける以上は僕も協賛するつもりだ。夢の広告主である。
「MJの広告?『電話1本、出前迅速。ライヴ請け負います』とかさ。わっはっは」
という声もあったのだが、それはさすがにアレなので、
MJ presents Singer’s Delight推奨の酒「歌喜」の宣伝をしようと思う。
な也で売っている、なぜか僕の顔がラベルに入った冷酒だ。
キャッチも浮かんだ。
「しみる歌、しみる酒。人生の悦び──MJの酒、歌喜」
うん、こりゃキマった。石川さゆりか藤あや子あたりの出演/歌で、CMもできそうだ。
あ、いや、別にファンだとかいうわけじゃなく、日本酒の似合う美人歌手がそれしか思いつかないもので……。
いっそのこと、女性ソウルシンガーを設定したらどうか。
うん、いいな。だったら僕のディーヴァ、グラディス・ナイトだ。
歌い手として非の打ちどころがないし、若いころは可愛らしかったし。
曲は、あの名曲「Neither One of Us」でいこうか。いいねー、雰囲気出るねー。
撮影は晩夏の夕暮れ、摩耶山で。ポツポツと灯がともり始めた街を見下ろして。
グラディスには浴衣を着てもらおうか。えーっと、黒い肌が映える色は……などと、
人生初の広告に、とめどなく妄想が広がるのだった。
そういえば、きょう水道筋を歩いてたら北播磨の物産展をやっていた。
ぶらっと冷やかして何も買わなかったのだが、あとで聞いたら、
「歌喜」を造っている神結(かみむすび)酒造の方が来られていたそうだ。
えー、そうなのか。お会いしたかった。会って意気込みを伝えたかった。
「水道筋ミュージックストリートでもバンバン売りますんで」と。
突然鼻息荒く迫られても、向こうの人も困るやろうけど。

●今日の灘ノオト:Neither One of Us / Gladys Knight & the Pips

  別れの予感に戸惑う男と女の歌。曲の素晴らしさ、グラディスの豊かな表現力……
  どれをとっても素晴らしい至高のバラード。が、なんでこんな高値が付いとるんや?


2007年9月5日(水曜日)

友を待つ〜SMS助走1

カテゴリー: - MJ @ 13時00分00秒

9月になった。うかうかしてる間に、もう2カ月後に迫ってきた。
水道筋ミュージックストリート(SMS)である。今年は11月10日(土)だ。
えっ、もうそんな時期か。こりゃいかん、準備も告知も急がねば……えーと、でも何からやれば……
< だからさー1年なんてあっという間なんだよ。ミック・ジャガーも歌ってたろ、「Time waits for no one」って。
ありゃ正確には「時と潮は人を待たず」って、「tide」が入るんだよなー、おまえ、知ってっか?>
< でもさー、ミックの場合は歳月に抗って若さを保ってるやん>
< いやー、でもヤツも老骨に鞭打って大変だろ。先月世界ツアー終わったみたいだけど、もう見納めって話だし>
< でもなー、毎回「最後最後」って煽るのは大物の常套手段やからなー。ロリンズだって何回も引退・復帰したろ>
などと、無意味な言い訳と葛藤を自己内で繰り広げた挙句、こんなことをしてる場合やない!と
先日、な也の岡ちゃん、ハンドレッドタイムスのちっち氏、そしてnaddist氏と打ち合わせをした。
 
だが、さすがである。
うかうかしてたのは僕だけで、出演交渉も、タイムテーブルも、ステージの確保も、機材の調達も、
だいたい大枠ができ、あとは最終の詰めを残すだけになっていたのである。
さらには、HPのリニューアル(ちっち氏作成)も。
 

ポスターの原画(チンタのシンちゃん作成)も。
 

共通チケット(300円)となる「マル水」マークの缶バッジデザイン(naddist氏作成)も。
 
会場は、昨年の4店+中央筋ステージに加え、先日久々の復活営業が鬼の盛況ぶりだったという「通い船」、
水道筋若手店主たちの「EBIS会」が運営する「EBISステージ」の計7カ所に増える。
ただ、今回は演奏と演奏の間のインターバルを長く取るので、出演者数・コマ数は前年並み。
その分、ミュージシャンにもお客さんにも商店街や市場をゆっくり歩いて回ってほしい、という狙いである。
大根や漬物や豆腐や魚の入った買い物袋を提げて踊ってもらえたら素晴らしいじゃないですか。

あと、是非ともやらなければならないのが協賛店集めだ。
イベントを自分たちだけでやるぞ、という話ではなく、街の人たちに興味をもってもらい応援していただけたら、
「友」として支えていただけたら、これほどうれしいことはない。
3000円もしくは5000円の協賛金を納めていただくと、SMSのHPや当日パンフレットに広告を掲載いたします。お店や団体だけでなく、個人でも構いません。水道筋や灘以外から協力していただける方がいれば、それも有難いです。ここはいっちょ一肌脱いでやろうという方がおられましたら、
な也(078・861・5674)か、カフェ・ハンドレッドタイムス(078・803・2211)へご連絡を。
とりあえず、ナダタマメールinfo@nadatama.comでも受け付けますが、
SMS事務局の問い合わせ・申し込みアドレスがまもなくできますので、近くお知らせできると思います。          

●今日の灘ノオト:Waiting on a Friend / the Rolling Stones

  生涯一ロックンロールバンドに、悩めるモダンジャズの巨人ソニー・ロリンズが客演という
  異色の組み合わせ。「俺は女を待ってるんじゃない。友達を待ってんだ」とちょい気だるく。


37 queries. 0.058 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress