2007年 3月
« 2月   4月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
灘ノオト 最近の投稿
2008年11月16日(日曜日)
商店街よ、踊り出せ
2008年11月6日(木曜日)
カウントダウン
2008年10月2日(木曜日)
山麓の汽笛
2008年9月18日(木曜日)
9月になったから
2008年8月22日(金曜日)
リユニオン
灘ノオト 月別過去ログ
灘ノオト カテゴリ一覧
灘ノオト 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2007年3月7日(水曜日)

エスケイプ

カテゴリー: - MJ @ 08時00分00秒

仕事でネジを巻かれ、なのに必要な電話は待てどかかって来ず。メールはスパムの嵐。
確定申告の期限はじりじりと迫り、気分転換に聴きたいダイナ・ワシントンのCDは行方不明。
そのうえ野良猫どもが4匹も5匹も家の周囲を我が物顔でガサガサミャウミャウ駆け回るので、
ついに
「イーーーーーーッ!」
となって家を飛び出した。エスケイプや。コーヒー飲みにいくぞ。
上野通の渋い路地を通り抜け、青谷方面へ。
目指すは「Acoustic Harmony」。
ギター、マンドリン、バンジョー、ウクレレ、フィドル(バイオリン)など
あらゆるアコースティック弦楽器を扱うショップであり、ゆるりと寛げる喫茶店。

自家製シフォンケーキが出てきそうな山の手カフェ風の外観も、一歩入れば楽器好き親父のパラダイス。
売り場や壁面、いたる所にぎっしり並ぶヴィンテージものやカスタムメイドの楽器は、
手慰みに安物のギターをかき鳴らすだけの僕には縁遠い。
店の空気を心地よく震わすカントリーミュージックは、
10代からほぼブラックミュージック一辺倒の僕にはうまく語れない。
(大学時代、実はブルーグラス系サークルだったのだけれど)
それでも、過去に2度ほどうかがったアコハモさんの空気感は印象的で、自然と足が向いた。
マスターの北野さんにコーヒーを淹れてもらい、カウンターで気分を鎮める。
奥の、以前座席があったはずの場所が北野さんの工房スペースと化していた。
作りかけのフィドルのボディ。何種類かのネック。雑然とした中に漂う職人の息吹。
 
店から数軒の場所に「Hot Licks」という本格的な楽器工房を持っていて、腕利きの職人さんたちを抱えている。
北野さんは、そのプロダクトマネージャーという立場らしい。
今月30日(金)には、工房の新作発表会「Made in NADA Sound 灘の木一本」が水道筋のな也である。
アコギの名手・赤木一孝さんや北野さんが試奏するライヴ形式の展示会。3回目を迎える。
過去2回は、無言で身を乗り出し、食い入るように見つめるマニアな親父衆が異様な熱気を醸し出したらしい。
目はらんらん。耳ダンボ。垂涎寸前。でも無言…思い描くほど愉快なつどいだ。
今回は赤木さんのソロCD発売を記念した、ミニライヴもあるそうだ。
「一度行きたいと思ってるんです。月末やったら仕事もあらかた決着してるかも…」
といって、店を出るころには少し気分も落ち着いていた。

●今日の灘ノオト:Funny How Time Slips Away / Al Green & Lyle Lovett

  カントリー知らずの僕でも知ってるウィリー・ネルソンの名曲。R&B勢とカントリー勢の
  豪華共演盤から。ほんとうは互いに影響し合ってるんですよね。とくに南部の地では。


27 queries. 0.020 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress