2007年 1月
« 12月   2月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
灘ノオト 最近の投稿
2008年11月16日(日曜日)
商店街よ、踊り出せ
2008年11月6日(木曜日)
カウントダウン
2008年10月2日(木曜日)
山麓の汽笛
2008年9月18日(木曜日)
9月になったから
2008年8月22日(金曜日)
リユニオン
灘ノオト 月別過去ログ
灘ノオト カテゴリ一覧
灘ノオト 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2007年1月21日(日曜日)

オキナワ・ラプソディ

カテゴリー: - MJ @ 23時55分17秒

唄と酒と笑いの夜だった。
島の空気をひととき灘に運んできた「ユニット久茂地1.17」。
「水道筋あしび」のタイトルどおり、みんなが長嶺暁氏、普天間夏子さんと
一緒に歌い、手を打ち、鳴り物を鳴らした。
配られた歌詞カードを手に、声を揃えるさまは民謡酒場というより歌声喫茶状態。
おもろまち恵憲氏をはじめ地元の唄自慢・三線自慢の登場もあった。遠く名古屋からの客演もあった。
ちびっ子の歌う震災の歌「しあわせ運べるように」には、心洗われる気がした。
そう、ただ単に沖縄好きというだけでなく、震災がもうひとつのキーワードなのだった。
30人以上でぎっしりの会場は、まさに「避難所ライヴ」的親密さ。入りきれない人が外でストーブを囲んだ。
  
「満月の夕」「つる」など震災の歌。
「月ぬ美しゃ」「安里屋ユンタ」といった大スタンダード民謡。
「イラヨイ月夜浜」「涙そうそう」のような新しい沖縄のうた。
「通い船」はこのイベントをプロデュースした沖縄おでんの店のテーマ曲だ。
沖縄と灘がたくさんの唄でつながった。
もう少し酔いたかった人たちは終了後、チンタ〜汽笛亭の畑原市場めぐりへ。
冷めやらぬ沖縄+灘談義は夜更けまで続いた。お客さん、演者のみなさん、お疲れさまでした。

それから会場となったCafe P/S。
一夜明けたきょうを最後にしばらくお休みする。春にはリニューアルしてオープンしたい、という。
水道筋ミュージックストリートを一緒にやった寺川大地くんはいったん卒業。ご苦労さまでした。

●今日の灘ノオト:月ぬ美しゃ / 首里フジコ

  昨晩の曲目、長嶺氏のコンセプトは「月」だった。八重山民謡のこの唄も。
  ウチナー・ボサノヴァシンガーのしっとりとした演奏が僕は最近お気に入り。

 LUA E SOL
Music / 発売: 2004/03/06 / 定価: ¥2300
Daisy Edgeレーベル
  ※Amazonでの取り扱いはないようなので、
   オフィシャルサイトにリンクしています。


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress/index.php/archives/2007/01/21/post-40/trackback/

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

32 queries. 0.024 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress