2006年 11月
« 10月   12月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
灘ノオト 最近の投稿
2008年11月16日(日曜日)
商店街よ、踊り出せ
2008年11月6日(木曜日)
カウントダウン
2008年10月2日(木曜日)
山麓の汽笛
2008年9月18日(木曜日)
9月になったから
2008年8月22日(金曜日)
リユニオン
灘ノオト 月別過去ログ
灘ノオト カテゴリ一覧
灘ノオト 最近のコメント
最新の灘イベント情報
予定なし

2006年11月12日(日曜日)

風と音と花と〜SMS後記

カテゴリー: - MJ @ 19時55分26秒

水道筋に風が吹いた。
灘中央筋に音が満ちた。
畑原市場に妖しい花が咲いた。
水道筋ミュージックストリート。夢のような一日。
ほんまに幻だったんじゃないか。今朝、ふだんと何も変わらぬ商店街を歩き、一瞬そんな思いにとらわれた。

昨日─―
明け方猛烈な勢いで降った雨は小やみになり、ときおり雲間から日が覗いた。
ミュージシャンたちはそれぞれの場所で歌い、音を紡ぎ、お客を笑わせ、あらん限りの魂をさらけ出した。

な也のthe twins+MJ ハンドレッドタイムスのSatin For
チンタのNakomi&Her Slaves Cafe P/SのFrom Now On
灘中央筋特設ステージのMJ’s 総出演で大合唱のフィナーレ

ワタクシMJは商店街仕様のセットで、ソウル/R&Bの名曲から越路吹雪まで演奏させてもらった。
な也の岡ちゃんは、その巨体に漲るパワーで精神的にも実質的にもイベントの支柱であり続けた。
ハンドレッドタイムスのちっち氏は、寝不足で倒れそうになりながらライヴをサポートし続けた。
チンタのシンちゃんは、大入りで身動きが取れない店のカウンターで酒を注ぎ、鶏を焼き続けた。
Cafe P/Sの大地くんは、ふと足を止める商店街のお客さんに微笑みかけ、気を配り続けた。
naddist氏は何かに憑かれたように、ストイックにFMのマイクに向かい続けた。
あかちゃ家さんとアコハモさんは寒風の中、毛布まで羽織って外に立ち、チケットやCDを売り続けた。
ナダタマスタッフは何百もの風船を膨らませ、子供たちを魅了した。黄色い風船がいくつも灘の空に舞った。
JACは揃いの純白ユニホームで街を巡回し、「水道筋の歌」を響かせた。
あかちゃ家トリオ。後方は一心不乱にしゃべり続けるnaddist氏フィナーレの客席は人いきれで溢れ、ステージにはおっさんが溢れた。
川上盾さんはクセのあるツワモノたちを見事に仕切った。
その場にいる全員の歌声と手を打つ音がな也を包んだ。
終了後ミュージシャンたちは浴びるほど酒を飲み、
いかに楽しんだかを口々に話してくれた。
「水道筋ってムチャクチャええとこやな」「またやってや。来るで」
そう言ってくれた言葉は決してお世辞ではなかった、と思う。
なぜならば
the twinsは灘温泉で朝風呂を満喫し、弟の小竹親は880円のサングラスを買っていた。
カサ・スリムは商店街をぶらぶらりと歩き、古着や古道具を一心に品定めしていた。
土居秀行は市場の活気に目を見張り、「垂水から灘へ移りたいなあ」とつぶやいた。
From Now Onの谷Inkou氏は「通り掛かりのおばちゃんがええ感じでノってくれて」と笑った。
そう。水道筋の実力をミュージシャンたちに見せることができた。
それでいい。
音楽とストリートは決して切り離せないのだ。

ほんまに皆さん、ありがとうございました。

●今日の灘ノオト:I’ll Come Running Back to You / Sam Cooke

  熱気と興奮の一日が過ぎ、ほっこりとユルい気分で寛ぐ。
  サム大先生の柔らく豊かなテナーヴォイスに身を委ねて。


TrackBacks

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.nadatama.com/modules/wordpress/index.php/archives/2006/11/12/sms/trackback/

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメント

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。

32 queries. 0.035 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress