ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
最新の灘イベント情報
予定なし
オンライン状況
19 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが 灘ズバッ! を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 19

もっと...
メイン
   灘ズバッ!
     なつかしのあの店(12)スワスティカ卍カレー
投稿するにはまず登録を

スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
ingorosite
投稿日時: 2013-7-20 11:12
常連クミン
登録日: 2009-5-5
居住地:
投稿: 52
なつかしのあの店(12)スワスティカ卍カレー
 今回は今までで最も古い時代の話です。
私が保育園に通っていた頃ですから昭和38年ごろ、天城通8丁目、青谷川の橋に臨む山麓線と市道のY字路の角(市バス102系統青谷川バス停東側)にカレー工場がありました。
 朝、登校する園児が工場横の道を通るとインド人のおじさんが工場から出てきて「おはようございます」と声をかけてくれました。
工場周辺にはカレーのいい香りが漂っていました。生産したカレー粉のほとんどは業務用に出荷していたようですが、頼むと小売りもしていたようです。
 カレー工場は昭和40年代の初めには廃業し、「王子梱包*その後灘梱包と改称」という梱包会社に代わりましたが、トタン壁ペンキの下に卍のマークがみえていました。
 後に卍のサンスクリット読みがスワスティカだと分かりました。もしかすると卍が社章でスワスティカカレーが社名だったかもしれません。50代の方記憶に残っていませんか?
 
dokennya
投稿日時: 2013-7-27 14:27
常連クミン
登録日: 2008-8-21
居住地: 阪急から上の方
投稿: 46
Re: なつかしのあの店(12)スワスティカ卍カレー
王子梱包の建物は記憶にあります。
昭和42年生まれなので、カレー工場は知らないです。
灘区はインドの方が多く住んでいる印象があります。
現在もたまに見かけますが、なにか理由があるのでしょうか?
ingorosite
投稿日時: 2013-8-1 23:18
常連クミン
登録日: 2009-5-5
居住地:
投稿: 52
Re: なつかしのあの店(12)スワスティカ卍カレー
 陳舜臣の小説にインド商人は日本の業者から中級以下の真珠を大量に買付ける大口バイヤーとして登場します。
 灘区には昔、田崎真珠の工場があったのでインド商人が集まってきたのかもしれません。想像ですが。
スレッド表示 | 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ

投稿するにはまず登録を